トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

雨後の釣行

今日は日曜日。
昼間時間があったので、バイクでいつもの川へ濁り具合を見に行った。

やはりというか当然濁っていたが、濁流というほどではない。この川は流程が短いため、濁りが入っても比較的短時間で元に戻ってしまうが、今夜までは持ちそうだ。ウナギは濁りが入ったほうが釣れるというのは、ウナギ師にとって常識。ほくそ笑みながら、その足でドバミミズを採りに行く。

今日はおそらく早いうちから釣れるだろう。
以前藤沢の増水した川で、日中ザリガニの剝き身を餌に良型ウナギを釣っていたおじさんを目撃して以来、そんな確信を持つようになった。おじさん、ありがとう。いかん、私もおじさんだったのを忘れてた。少し早めに河口のポイントに到着し、テトラの上に釣り座を構えた。最近実績のある場所である。実績があるといっても、他のポイントは餌取りが多くて面倒だからやらないだけだ。こんな横着を棚に上げて「実績」だの「経験」だの偉そうに語るのが釣り人というものだ(笑)。

河口ポイントで竿を出すときは、いつもテナガエビを現地調達して餌にしている。しかし今日は濁っていて、テナガエビを目視で捕獲できない。そのためのドバなのだ。テナガエビを釣りながらやっている人もいるようだが、わたしゃ~気が短いからそんなの無理。いつも3本竿なのにさらにもう1本なんて、どう考えても忙しい。

18時過ぎ、第一投。
水量が多いのでオモリが川底を転がる。
ようやく落ち着いたと思ったら、いきなり当たった。そして重い引き。上げてみれば良型69㎝!いいよいいよぉ~!たまらん!
Img_0790_3

とりあえずサクッと結果が出てほっとする。
普段この川は釣れても1匹が限度だから(それ自分の限度じゃねーのか?)、これで終~了~かもしれない。今までそうだった。じゃあ残りの時間は何なんだ!?まぁいつだってボウズ覚悟で来てるから、あまり気負ってはいけないのだ。のんびり行こう~!

そうは言いつつもやる気満々で気負いまくるのが釣り人の性分というもの。「ボウズ覚悟で来ている」・・・これは明らかに嘘だ。「いや~全然ダメだったよぉ~ハハハ」・・・これも本当はメチャクチャ悔しいはずだ。

アレレ?でも今日は・・・なんか違うみたい。またアタリ、またまたアタリが続く。やはり濁りのせいなのか?それともドバの威力なのか?

Img_0791_5

蒸し暑い中、時合いを逃すものかと必死に作業をこなす。
根掛かり、餌の交換、外道のウグイやニゴイ・・・そして9時前に納竿。
終わってみれば4本というウナギ釣り始めて以来の結果となった。あ~楽しかった(*´д`*)しっかり濁っていればこんなものなのか。
全部で蒲焼き6~7人前ぐらいだろうか。もうしばらく蒲焼きは食いたくないのが正直なところだが、面白いからまたここへ来てしまう。

1本は異様に変色していて、戻りウナギっぽくなってしまった。このあと生け簀で泥を吐かすのが恒例の手順なのだが、エラにフッキングしたらしく弱っちゃったんで仕方なく冷蔵庫行き。ゴメン。どっちみち食っちゃうんだけどさ。肝吸いは諦めよう。ドバ食いたくないから。

| | トラックバック (0)

プロローグ

さて何から書いて良いものか困惑気味だが、この一週間土砂降り続きで釣りにも行けないので、手始めに前置きとして書いておこうか・・・

今年からウナギ釣りに没頭し始めた。

中学2年生以来途切れてしまった釣りという趣味。それが再燃したのは記憶が正しければ26歳の時。会社の先輩がバス釣りのTVゲームにのめり込んでいたのがきっかけで、「今度は本当にブラックバスを釣りに行こう」という話になり、それじゃあということで昔少々かじっていたバスフィッシングをもう一度やってみることになった。

かじっていたと言っても、当時はまだ小~中学生の子供である。昔はまだまだバスがいる場所が限られていて、当時藤沢に住んでいた私は子供故に機動力がなく、親に連れて行ってもらった芦ノ湖で2回ルアーを投げただけで、結局バスは釣れないまま、何となく自然消滅した趣味だった。

会社の先輩と数人で行った場所は丹沢湖。ここでついに初めてのバスを釣り上げることになるのだが、あの感動は今でも忘れない。以降、バス釣りに没頭することに・・・

しかしバスのシーズンは秋には終わってしまう。そこで何か別の釣りモノをと考えていたところでキスの投げ釣りへ。さらに野趣を求めてメジナ狙いで磯に通う日々が続いた。他にもカレイ釣りやベイジギングでのシーバスや太刀魚もやったが、新居購入を機に釣行費用の確保が困難になり、一気に先細り(涙)。辿り着いたのがウナギ釣りだった。

 80cm1kg_6

 80㎝・1㎏オーバーのウナギ(2008年7月20日)



ウナギ釣りの良いところは、

①高級食材でありながら非常に身近なところに生息している。

②仕掛けが大変シンプル。

③餌代がまったくかからない。はっきり言ってタダ。

④流行などに追われず、思い思いのタックルで好きなように釣る。

⑤釣り人の人口が少ない。つまり人気がない。

といったところだろうか。要するにかなりアバウト(笑)

もちろん細かい要素もあるけど、それについては今後触れていくとして、35年ローンの重荷を背負ってしまった今、これほどランニングコストのかからない釣りはないだろう。私のような稼ぎの悪い輩には、財布に優しく、釣れれば見返りの大きいありがたいカテゴリー。釣り番組で紹介されることもない、つまり商業ベースに乗らないマイナーな釣り。それがウナギ釣りなのだ。カッコイイ~!(カッコイイのか!?)

まぁビンボーなオッサンの釣りなんだけどね・・・w

| | トラックバック (0)

トップページ | 2008年9月 »