« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

ゴロタ浜で夜磯

大潮なので、西湘のゴロタ浜でいわゆる「夜磯」をしてきた。
相棒の亀将軍と22時頃出撃。比較的近所なので、お気楽・お手軽なガサである。

ターゲットはクボガイ、クマノコガイ、マツバガイなどの「磯もの」と総称される貝。
これらは普段市場に出回ることもないが、味のほうはなかなかのものである。
個人的には、サザエよりも柔らかいし苦みもなく、飽きのこない味だと思っている。
我が家では子供のおやつとしても好評だし、大人は酒のつまみにするとたまらんらしい。

干潮の23時48分を挟み、約2時間ほどのガサ。
今回はデジカメを忘れたので、現地の写真はナシ…(´・ω・`)

Pb300335
本日の収穫。ほどほどにしておいた。
亀将軍は本気モードで倍以上の戦果…さすがだ。(笑)

Pb300340
クボガイ。潮が引くと石の裏に避難するらしく、石をめくると裏側にたくさんくっついている。
本気で採ればそれこそ大量に採れる。もしかして久保さんが命名した貝?(笑)
シッタカより格下扱いだが、食味にほとんど差はないと思う。

Pb300339
クマノコガイ。クボガイより浅い場所にいる。地元ではナミノコと呼ばれている。これも同じような食味。
採取中は、「くまのこみていたかくれんぼ~♪」が強制的に脳内リピート再生される迷惑な貝。

Pb300341
シッタカ(バテイラ)。クボガイより深い場所にいるので、潮が引いてもあまり採れない。
これは波打ち際で水中に手を突っ込んで採ったもの。
市場価値は意外に高く、乱獲しては飲み屋に売って小遣い稼ぎする輩がいるらしい。
ガサの邪道を行く人もいるということだ。

Pb300338
マツバガイ。波がかかるかかからないかぐらいの場所に多いので、引き潮でなくても普通に採れる貝。
かつて磯でこれをエサにカワハギを釣っていた時期もあった。
亀将軍は炊き込みご飯にすると言ってムキになって採っていたが、調べてみると確かに炊き込みご飯で美味らしい。

Pb300337
おそらくベッコウガサ。これもマツバガイと同様の場所にいる。

クボガイとクマノコガイは若干砂を含んでいて、まるごと食べるには少々気になった。
波打ち際にいるので砂を含みやすいのかもしれない。
もしかすると、シッタカとの差=市場価値の差は、砂の有無にあるのだろうか?

次回は砂抜きをしてみようと思ったが、巻き貝の砂抜きは二枚貝に比べて難しいかもしれない。 

(追記:砂抜きの結果はこちら

| | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

石探し

日増しに冬の到来を実感するこの頃。

ガサもターゲットが少なくなり、自然にふれる機会も減る。

この季節、新築する以前は伊豆の磯に足繁く通ってメジナを追いかけていたが、今では愛用のタックルもロッドケースの中でひっそりと眠ったまま。
そんなシーズンの代償行為として、去年から本格的に始めたアクアリウムなのだが、今では帰宅して夕食を済ませたあと、食後のコーヒーを飲みながら水槽を眺めるのが日課となってしまった。

もちろんただ眺めるだけではない。

「今度はどこをどうしてやろうか…」

そんなことばかり考えている。

きっと盆栽やっている人も同じだろうと思う。
そう、水草水槽は盆栽も同然なのだ。

もともとは石組みレイアウトを構想していた。
このレイアウトは、親石と子石の設置が基本。
市場では「深山石」や「青龍石」なるものが結構な値段で売っていて、これがまた文句なく美しい。惚れ惚れするほどの色と形。
しかし、石一つに何千円も投資するのはいかがなものか。

んなもん自分で探したるわい!

というわけで春先から石を探している。

Pb210288

上の写真、右に石が2つ見えると思うが、これが子石に相当するもの。この子石は春先に地元の沢で見つけた安山岩で、ここまでは問題なかった。
今は「かまいたちの夜」風に塗った(笑)ピンク色の場所に親石を配置するのが目標だが、いざ探し始めてみると、これがなかなか納得のいく親石が見つからないのだ。
あまりに見つからないもんだから、左側に流木を積み重ねてお茶を濁しているものの、やはりカッコイイ石が欲しい。

このあたりの石はほとんどが火成岩なので、水質に悪影響を及ぼすことはない。
あとは色や形。出来れば同じ安山岩で揃えたいところだが、未だ及第点の石に出会えない。
石探しの旅はいつまで続くのだろうか…

【石探し四箇条】

①石灰質が含まれている可能性があるので、堆積岩に手を出すな!火成岩が無難!

②事前に地元周辺の地質をググれ!ついでに地球の偉大さを知れ!

③河原や海は丸い石ばかりでNG。上流域でも角が取れている軟弱者が多い!漢(おとこ)の石が欲しくば源流域へ行け!

④気になる石はあらゆる角度から眺めろ!駄石も回転で秀石に化けることがある!

慣れると堆積岩と火成岩を見分けられるようになる。石を見て「これは石英閃緑岩だな…これは昔、海底火山の火山灰が(ry」などと語れるようになったら一人前だ。なお、死して屍拾う者なし。

な~んつって。

| | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

近所で夜ガサ

水槽のミナミヌマエビを補充する目的で、息子と二人、夜ガサをしてきた。

Pb250324

最近水槽のミナミヌマエビも、淘汰されてしまった感がある。
以前のように爆発的に増えないのだ。
近親交配が進むのも気になるし、ここらでひとつ補充しておかなければ…。

最初は晩飯前のほんの軽いガサのつもりだった。
ミナミヌマエビをひと網分だけ捕ったら撤収するはずだったのに…やはり夜の川は面白い。つい寄り道…いや寄りガサしながら探ってしまった。

Pb250328

シマドジョウの稚魚が入ったので、一応キープ。
水槽に入れて底床の掃除屋さんになってもらおう。

途中、テナガエビの小ぶりな個体を発見…
と思ったら微妙に頭の形が違う。掬ってみたらスジエビだった。

Pb250322_2

写真のスジエビは夜に捕獲したものなので、体色が薄くなっており、本来の「スジ」が明瞭ではない。

スジエビはポピュラーなエビなのだが、何故かこの辺ではあまりお目にかかれない。
水槽で飼うと美しいエビだが、実は結構凶暴らしい。
よっていろいろ混泳しているウチの水槽では却下。
海に下ってゾエアの過程を経る、いわゆる両側回遊のエビなので、水槽内での繁殖は難しい。

とりあえずスジエビ好きな亀将軍に報告しておくか…。
目の色変えて捕りにくるかも(笑)

Pb250326

気がつけば19時半。スジエビはさっさと捨てて、目当てのミナミヌマエビを掬って帰らなきゃ…

Pb250331

去年はひと網でわんさか入ったが、今回ミナミヌマエビは意外と少なかった。
もちろんこの場所に限っての話であるが。
ところでこのエビ、どこにでもたくさんいるのに、ショップで売られているんだよね…
例えば私が水草買うのによく利用するココとか→http://item.rakuten.co.jp/chanet/c/0000005598/
いやまったくもって信じられない。買うのは都会の人なのだろうか?

余談だが、本流の石組み周りに行くと、水槽のコケ取りで有名なヤマトヌマエビがこれまた大量に捕れる。
ショップだと1匹100円ぐらいするので、発見した当初はそりゃ~喜んで捕ったもんだが、水槽に入れてみると少し気性が荒く、魚のエサは横取りするわウィローモスは新芽が食われちゃうわで、腹立つことばかりだった(^^;)もちろん我慢に耐えかねて放出したけど。
その点ミナミヌマエビはコケ取り能力こそ劣るが、控え目で温和だし自力で増えるし、ほんと可愛げのあるエビだと思う。

今回は15匹ばかりキープして、水槽に投入した。

| | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

魚を追加

カージナルテトラ20匹では窒素供給が不足しているように思えたので、ショップでグローライトテトラ20匹とプリステラ5匹を調達してきた。

Photo
グローライトテトラ

Photo_2
プリステラ

現在肥料として使用している「ハイポネックス開花促進用」は、ご存じの方も多いだろうが燐とカリウムだけで窒素が入っていない。
窒素は生体の排泄物から供給されるので、ある程度の数の生体がいないとバランスが崩れるのである。
…と偉そうに言っても目に見えるわけじゃないので、そんな気がするだけである(笑)

水合わせも問題なく済ませて、試しにエサを与えてみると平気で食べる。
こういう魚はブリードの段階で水槽慣れしているのか、ナイーブという言葉が無縁に思える。このへんが日淡と違って面白くないところでもある。

グローライトテトラは「追加するならコレ」とばかりに以前から注目していた魚。
やや淡いオレンジ色の帯が美しい。
色合いも地味なほうで、実際水槽に入れてみると、これくらいが自然でちょうどいい。逆にカージナルテトラのケバさが目障りなほどである。
しかし10匹で300円とは、なんともお手軽な値段である。
ひょっとしてエサ金並じゃないだろうか?…いやエサ金も最近買ってないから、今の相場は知らないが…。

プリステラは店頭で初めて知り、オマケ気分で買った。
こちらは1匹100円。ずいぶん差があるが、熱帯魚も1匹100円以内なら安いほうなのだろう。
ところがショップの水槽に貼られていたのは、いかにもバイトの女の子が書いたギャル文字です!って感じで、どう読んでも「プソステラ」
こちとらよく知らないもんだから、危うく「すいませ~ん、ぷそすてら下さ~い」って言うところだったじゃないか!…あぶねーあぶねー(^^;)

いくらなんでも「ぷそすてら」なんてダサい響きはおかしいだろ…と怪しんで、その場でケータイからネット検索。
やはり「プリステラ」が正しいことと飼育の難易度が初心者向けであることを確認してからショップのおねーさんに注文した。
それにしても「プソステラ」ってあ~た、2ちゃんねらーじゃないんだから…(^^;)カタカナぐらいまともに書けないのかよ。

今回追加した魚は両方ともブリードされたものなので、ワイルド(天然物)の乱獲につながらないという点では、安心して購入・飼育できるのがいい。

Photo_3

心配なのは白点病である。
かつてコケ取りにオトシンを投入した直後、カージナルテトラに白点が付き始めた。
鷹の爪を入れれば水草に影響なく治癒すると知ったので、早速やってみたが、早期発見にもかかわらずまったく効果がなかった。
所詮は民間療法。個人個人の水槽によって合う合わないもあるのだろう。
結局はメチレンブルーで薬浴させたが、対処が後手に回ったのもあって40匹いた魚が半減して現在に至った。

さて…今度はいつ出るのか、あの忌まわしい白点病…。

| | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

日淡アクアリウム

ガサガサで捕まえた生き物をどうします?

もちろんリリース、飼う、食うの三択だと思います。

しかし飼育が困難なものを除いて、やはり飼ってみたいという願望が湧くのが自然だと思います。

そう。ガサとアクアリウムは表裏一体なのです。

特に淡水の生物はお手軽だし、ガサが趣味の人は60㎝水槽の一つや二つ必ず所有しているんじゃないでしょうか。
そしてそれは今に始まったことではなく、皆さん少年の頃から通ってきた道だと思います。

私も幼少の頃から生物図鑑を手放さなかったタイプで、当時身につけた知識は現在のガサ行動の礎となっております。

子供の頃と違うのは、財力と機動力。

あそこでアレが捕れるとなれば、車を駆って出かけ、飼育するとなれば多少高価な道具でも揃ってしまう大人…。

やっぱ大人って、いいですね…(笑)

飼育がお手軽な日本産淡水魚ですが、これも飼っていて面白いものや飽きるのが早いもの、クセがあるものなどいろいろです。

一番困るのが、縄張り意識が強く、他の魚を追い回してばかりの魚。

具体的には、オイカワ、アブラハヤ、ウグイ、ヨシノボリなど、比較的中流域の魚に多い気がします。
またモツゴ(クチボソ)なんかも、水槽の中で自分の居場所を決める習性が強く、近くを通る魚を執拗に追い払います。
この類の魚は見ていて不快になるものです。

そんな奴に追い回されるような魚は弱い魚です。こういう魚は鰭をかじられたりしているうちに弱っていき、痩せ細って最後には死に至るケースもあります。
だからといって問題児(威張っている魚)を放出すると、今度は次に大きい魚が威張り始めるので、結局終わりがありません。

オイカワなどはとても綺麗で鑑賞向きのように見えますが、実は飼ってみると結構ガッカリなのです。
こればかりは自然の摂理ですから仕方ないでしょうね。

さて小魚ばかり飼っていると、肉食魚に憧れる時期が必ず訪れます。

ブラックバスも迫力があって、初めは喜んで飼っていましたが、ザリガニやカエルを捕ってきたり金魚を買ってきたりと、何かとエサの確保が面倒でした。
それに肉食魚は排泄物も大きいですし、エサの食べカスも吐き出したりします。
そして生物濾過が十分でないと、大量に虫が湧きます。

そんなクセのある肉食魚ですが、ナマズはオススメです。

秋口に護岸されていない用水路でガサガサしてみて下さい。きっとナマズの稚魚が入りますよ。
最初はごく小さなザリガニなどを与えますが、馴れてくると魚の切り身でも食べるようになり、エサの確保がとても楽になります。魚屋さんへ行けばいいのですから。
ブラックバスのように動くものに食いつくのではなく、ヒゲでエサの臭いを感知します。
かなり遠い場所にエサを投入しても、水流で臭いが届くとヒゲをピクピクさせてそわそわし始めます。
そして住み家であるパイプから出てきて、見事にエサを探し当てる様は、見ていて本当に可愛いものです。

ついでですが、ナマズの顔って、正面から見ると「笑顔」なんです(笑)
これがまたなんとも愛らしいのです。

現在は水草に凝ってしまい、窒素供給と水草の引き立て役として小型カラシンを飼っています。
きっかけは、すでに熱帯魚を飼育できる環境を持っていながら、今までいっさい手出ししなかった。ならば一度はやってみようかと思ったことです。
私は熱帯魚好きではありません。出来れば日本産淡水魚で楽しみたいのですが、日本産淡水魚にない魅力があるのも事実です。

その最たるものが「群泳」です。

要するに海でいうところの「鯵の動き」で、右向け右、左向け左を一斉におこなう、あの動作です。

これは非常に美しく、日本産淡水魚ならメダカあたりがやりそうに思えますが、残念ながら熱帯魚(小型カラシン)の比ではありません。

熱帯魚の欠点は、ガサで捕獲できないこと。(当たり前ですが)

ショップで買ってきた魚を見ながらいつも思うのは、「アマゾンでガサやりてぇ~!」(笑)

自分で捕った熱帯魚は、飼うのも最高に楽しいだろうなぁ……

| | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

亀将軍降臨!(笑)

近所の小河川にカニカゴを仕掛けている野人氏からメールが来た。

Ca3f2ml1

Capiy0yi

Cawbd98z

携帯電話のカメラなので画像が不鮮明だが……カメの大漁である(笑)

しかも一カゴに9匹も入っていたらしい。
これはもう、亀将軍の称号を与えるしかないだろう…。

内訳は、スッポン1 イシガメ3 クサガメ5。
これでミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)が入れば役満だったのに…。
ちなみに亀将軍といえども、スッポンは捌けない

氏は罠系のガサが大好きで、カメも大好き。
これらは「外道」ではなく、氏は狙って捕っているのである…好きだよなぁ~(^^;)

三番目の画像でよくわかるが、エサ袋の代わりに虫かごを使用している。
1週間ほど投入しておくので、やはり付属のエサ袋ではエサが持たないのだ。
より目が細かく丈夫な虫かごを使用することによって、エサ持ちを向上させているというわけである。
カメが9匹も入るのは、このエサ持ち対策が功を奏している証拠であろう。あと亀将軍の執念。

カニカゴでカメを狙う場合、カゴを完全に水没させてはいけない。
カメが呼吸できなくなって死んでしまうので、1/3ほど水上に出るように設置する必要がある。

今回捕獲したカメのうち、イシガメ2匹を飼育用にキープしたとのこと。
馴れれば人の手から餌を食べるし、とっても可愛いと思う。
しかし水の汚れが激しく、即ち「臭い」。カメ用に本格的な濾過装置を立ち上げる気までは起こらないので、私は手を出さないが、将軍は平気みたい。

肝心のズガニのほうは、3匹/週のペースで捕れているらしい。
伊豆に比べれば歴然とした差だが、入るのはメスが多いらしいし、これはこれでアリかなと思う。

| | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

水草を追加

先週アマゾンソードを衝動買いした辻堂の某モールフィル…

他にも気になる水草があったにもかかわらず、何故か買わずに帰ってしまった。

でも後日チャームを覗いてたら、やっぱ欲しくなっちゃったわ…(*´д`*)

というわけでバイクでわざわざ藤沢まで…
ついでに実家にも寄ってきたけど、天気も良かったし海沿いにプチツーリング気分で行ってきた。

Pb150233
左からヘアーグラス×2 ラージパールグラス バリスネリア・ナナ

帰宅して鉛巻きをほどくと、バリスネリアは根元が腐っていた…_| ̄|○

入荷して時間が経っていたのかなぁ…
こりゃちょっと残念。
とりあえず後景に植えてはみたけど、根っこ生えてくるかどうか微妙。
ま~この草の生命力に期待するしかない。

ヘアーグラスはテネルスの隙間を埋めるために購入。
初めてなのでどう育つかはわからない。なんでもランナーを出して増えるらしいが。
とりあえず岩の周りに植える。

Pb150236

ラージパールグラスは今にも溶けそうなほど繊細。
ウチの環境に馴染んでくれればいいが…前に南米産ミズハコベで失敗しているからね。
植えてみると早速いくつもの気泡をつけ始めた。早っ!

強光量が必要らしいが、ウチは32W×4灯なので、条件はクリアしているはず。
あとは馴染むか溶けるかの問題である。

Pb150242

植えた場所もテキトー。

とりあえず順調に育つのを確認したら、植え直してレイアウトを整える予定。

Pb150241

| | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

いぶきたまらん

いぶき絶好調(^^)

Pb110221

CO2拡散は「いぶきエアストーン」25φ丸#180を2つ用意してローテーション使用している。
http://item.rakuten.co.jp/ibuki/10000009/ (非アフィリエイトです)

メーカーの回し者ではないが、これがすこぶるイイ!
ごく弱い圧力でも、非常に微細な泡が出る。
微細だから水流に乗って漂う時間が長い。
つまり水中に溶け込む効率が上がるということ。

Pb110225

タバコのフィルターで拡散していた時期もあったが、調整が難しく寿命が短い。しかも高めの圧力を必要とする。
ストーンはコケてきたら漂白剤で落とせばまた復活するし、とても楽。

やっぱCO2はいいわ(^^)

この細かい泡を見ているだけでも癒される…(*´д`*)

水草も気泡をたくさんつけて気持ちよさそう…

| | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

そろそろちゃんとしましょう(^^;)

夏以来ほったらかしの水槽を掃除した。

Pb090194

今年はウナギやら何やらに熱中するあまり、なんと7月以来換水していなかったのだ。

まぁ友人の水槽を引き合いに出せば、何年も換水せずとも生体元気という状態なのだから、問題ないっちゃ~問題ない。(いや問題あるだろ多分)
立ち上げたのが今年の1月で、濾過バクテリアも定着しているはずだし、一応90㎝水槽なので生物濾過のキャパシティーもあるはず。

でも…ごめんよ(^^;)オレが悪かった。上の文は単なる気休め&自己暗示。

スポンジでコケを落とし、濾過装置一式を洗い、ひょろひょろになってしまったラージリーフハイグロフィラとウォーターパコバを引っこ抜き、昨日衝動買いしたアマゾンソードを植えて完了。

Pb090211_2

Pb090200 Pb090204

アマゾンソードは定番中の定番だが、やたらと美しく状態のいい株をペットショップで見つけてしまった。
レイアウト的には、はっきり言って自慢できるものではない。
ただ最近では、あまりわざとらしく綺麗にするのもナニかな?と思うようになってきた。
一応ネイチャーアクアリウムなので、ある程度自然のなりゆきに任せて雑然と放置するのもいいかなと。

Pb090209

ウチの水槽はいわゆる水草水槽で、はっきりいって生体はどうでもいい(笑)。
いや、どうでもいいというのは言い過ぎで実際は窒素供給の立役者なわけだが、日淡(日本産淡水魚)もこの近辺のものはほとんど飼育して飽きたし、熱帯魚にも今ひとつ興味が湧かない。
ガサのオフシーズンに水草眺めて過ごす夜は、何というかこう、とにかく癒しのひとときである。

初代の60㎝水槽の頃からいろいろな水草を植えてみたが、成長の早いものはトリミングが面倒だし、難易度の高いものは水質に合わず、最近では活着系の水草がいちばん楽しいように思えてきた。
肥料も液肥でOKだし、石や流木にじんわりと馴染んでいく過程を見るのは何とも楽しい。

【現在のステータス】

水槽:90×33×44
濾過:外部フィルター(Tetra EX75ユーロ 洗車スポンジ濾材)
照明:32W×4灯(照射8時間 タイマー制御)
ヒーター:300W(サーモスタット併用)
底床:川砂(和歌山産花崗斑岩2~4㎜ 厚さ50~70㎜)
CO2添加:発酵式
肥料:ハイポネックス開花用 Tetraイニシャルスティック メネデール水草用

生体:カージナルテトラ×20 ミナミヌマエビ×? オトシンクルス×2
水草:ミクロソリウム ミクロソリウム・ナローリーフ アマゾンソード・ブロードリーフ クリプトコリネ・ウェンティーブラウン(トロピカ株) エキノドルス・テネルス ウィローモス

| | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »