« アケビ採り不発 | トップページ | いぶきたまらん »

2008年11月11日 (火)

そろそろちゃんとしましょう(^^;)

夏以来ほったらかしの水槽を掃除した。

Pb090194

今年はウナギやら何やらに熱中するあまり、なんと7月以来換水していなかったのだ。

まぁ友人の水槽を引き合いに出せば、何年も換水せずとも生体元気という状態なのだから、問題ないっちゃ~問題ない。(いや問題あるだろ多分)
立ち上げたのが今年の1月で、濾過バクテリアも定着しているはずだし、一応90㎝水槽なので生物濾過のキャパシティーもあるはず。

でも…ごめんよ(^^;)オレが悪かった。上の文は単なる気休め&自己暗示。

スポンジでコケを落とし、濾過装置一式を洗い、ひょろひょろになってしまったラージリーフハイグロフィラとウォーターパコバを引っこ抜き、昨日衝動買いしたアマゾンソードを植えて完了。

Pb090211_2

Pb090200 Pb090204

アマゾンソードは定番中の定番だが、やたらと美しく状態のいい株をペットショップで見つけてしまった。
レイアウト的には、はっきり言って自慢できるものではない。
ただ最近では、あまりわざとらしく綺麗にするのもナニかな?と思うようになってきた。
一応ネイチャーアクアリウムなので、ある程度自然のなりゆきに任せて雑然と放置するのもいいかなと。

Pb090209

ウチの水槽はいわゆる水草水槽で、はっきりいって生体はどうでもいい(笑)。
いや、どうでもいいというのは言い過ぎで実際は窒素供給の立役者なわけだが、日淡(日本産淡水魚)もこの近辺のものはほとんど飼育して飽きたし、熱帯魚にも今ひとつ興味が湧かない。
ガサのオフシーズンに水草眺めて過ごす夜は、何というかこう、とにかく癒しのひとときである。

初代の60㎝水槽の頃からいろいろな水草を植えてみたが、成長の早いものはトリミングが面倒だし、難易度の高いものは水質に合わず、最近では活着系の水草がいちばん楽しいように思えてきた。
肥料も液肥でOKだし、石や流木にじんわりと馴染んでいく過程を見るのは何とも楽しい。

【現在のステータス】

水槽:90×33×44
濾過:外部フィルター(Tetra EX75ユーロ 洗車スポンジ濾材)
照明:32W×4灯(照射8時間 タイマー制御)
ヒーター:300W(サーモスタット併用)
底床:川砂(和歌山産花崗斑岩2~4㎜ 厚さ50~70㎜)
CO2添加:発酵式
肥料:ハイポネックス開花用 Tetraイニシャルスティック メネデール水草用

生体:カージナルテトラ×20 ミナミヌマエビ×? オトシンクルス×2
水草:ミクロソリウム ミクロソリウム・ナローリーフ アマゾンソード・ブロードリーフ クリプトコリネ・ウェンティーブラウン(トロピカ株) エキノドルス・テネルス ウィローモス

|

« アケビ採り不発 | トップページ | いぶきたまらん »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43066547

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろちゃんとしましょう(^^;):

« アケビ採り不発 | トップページ | いぶきたまらん »