« デジカメ水中撮影 | トップページ | コリドラス導入 »

2008年12月 6日 (土)

水槽をリセット

ついに水槽のリセットを敢行。

Pc060382

やはりだいぶ目詰まりしている。
自然界では目詰まりしている状態が当たり前。水槽内の水草にとってこの環境が良くないのかどうか定かではないが、藍藻が発生し始めているのも気になるし、ここはひとつ底床に溜まった余分な有機物を一気に除去する目的でリセットすることにした。
なんたって底床をちょっといじっただけで堆積物が舞い上がってしまう状態で、さすがに精神衛生上も良くない。
底床はあまりきれいにする必要はないというが、次回からは噂のプロホースなるものを使ってみようかと考えてしまう。

水草を引っこ抜いてみると、アマゾンソードは予想以上に根張りが進行していた。
導入して間もないのだが、こんな底床でも凄い生命力を見せつけた。さすがは入門向けの草だ。
クリプトコリネ(ブラウン)もいつの間にか複雑に株別れしていて、これが本当に1ポット分だったのかと驚かされる。

Echテネルスは選別をして一部を残し、残りのほとんどを捨ててしまった。
導入初期はランナーを延ばして増殖する様子が面白かったが、背丈が前景草というよりも中景草レベルに達してしまうし、水槽のガラスに沿って周回するように蔓延していくのが、いまひとつ趣に欠ける。要するに飽きたってことか?(笑)

つい最近導入したラージパールグラスも、以前試した南米産ミズハコベや国産ミズハコベと同様の症状(新芽の矮小化)が起こり始めたので、環境が合わないと判断して捨ててしまった。おそらく残しておいても溶けるのは時間の問題だろう。
ショップでハズレ株を掴まされたバリスネリア・ナナは、根付かずに死亡していた…(涙)

昼過ぎから始めて17時に完了。
覚悟はしていたが、予想以上に時間を費やしてしまった。
特に水草の選別やトリミング、レイアウトを考えながらの植え替えには、どうしても時間を取られてしまう。

Pc060386

完成形はかなりバッサリという感じ。(beforeはこちら
稚エビが隠れる場所がないので、エビの増殖には不向きだろう。

岩は三連で並べ、暫定的ではあるが片流れのレイアウトにした。
クリプトは岩の周りに点在させ、自然感を演出。
右端のヘアーグラスが自然に増殖し、右半分を覆ってくれることを期待している。
左の色違いの岩も、ミクロソリウムが活着する頃にはコケて色が揃うだろう。

今回は底床肥料は施さなかった。
というのも、以前肥料を埋めた場所と埋めなかった場所で、同じ草を植えて比較してみたところ、ほとんど差が見られなかったためだ。

今後はバリスネリア・ナナを10株ぐらい買って、左端の後景に植えるつもり。

|

« デジカメ水中撮影 | トップページ | コリドラス導入 »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43339410

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽をリセット:

« デジカメ水中撮影 | トップページ | コリドラス導入 »