« ゴロタ浜で夜磯 | トップページ | デジカメ水中撮影 »

2008年12月 1日 (月)

石探し・意外な結末

水槽の親石を探して幾年月(ウソ)…ついに理想の石を見つけた。

まずは現在の水槽写真

Pc010357

左に鎮座するのがその石。

Pc010352

地元産の安山岩である。
んで、どこで見つけたかというと…




会社の裏。(^^;)

休憩時間にふと目をやると…「おっ!これは!」という石発見。
ただ少々据わりが悪く、形も今一歩だった。

惜しい。実に惜しい。

そこでひらめいた。

「削っちゃえばいいじゃん」

ハンマーとタガネを拝借し、終業後にカチンカチンやってみると、意外と思い通りに削れるではないか!なぜこれに気付かなかったのか…_| ̄|○

要はハンマーとタガネを持って山へ行き、惜しい形の石の気に入らない部分を削って、理想の石にしてしまえばよかったわけだ。つまり、「やらせ」の石を作る!…(笑)




親石を据えるにあたり、まず流木に活着させていたミクロソリウムをひっぺがし、石に釣り糸で巻き付ける。
石が大きいのでやや面倒な作業になった。
次に前景草のEchテネルスのランナーを切りながら引っこ抜く。
すると底床からかなりの泥が舞い上がった。

立ち上げから11ヶ月が経過して、底床もいいかげん目詰まりしているし、藍藻類もわずかだが出始めている。
こりゃ一度リセットしたほうがいいかもしれない。
しかしこの前アマゾンソード植えて、生育も順調だし…多分根張りも順調に違いないし…

あ~完全に順序を間違えてしまった~

今はどのタイミングでリセットするか考え中である。
リセットの必要性については賛否両論かもしれないが、最近テネルスがランナーを出さないのが気になっていた。
ランナーは出さなくても新芽はちゃんと出しているので、株自体は大丈夫だと思うが、やはり底床の水通しの悪さが影響しているのかもしれない。
一番心が痛むのは、アマゾンソードの植えかえによるダメージだ。
せっかく状態の良い株を見つけたのに…ダメならネット通販でデカい株買おうかな。

話が底床にそれてしまったが、あと2~3ヶ月でこの親石もコケて、周囲と違和感のない色に変わるだろう。
それまでミクロソリウムが活着する様子を楽しみながら待つとしよう。

|

« ゴロタ浜で夜磯 | トップページ | デジカメ水中撮影 »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43290252

この記事へのトラックバック一覧です: 石探し・意外な結末:

« ゴロタ浜で夜磯 | トップページ | デジカメ水中撮影 »