« CO2マスター導入 | トップページ | CO2マスター追記 »

2008年12月25日 (木)

CO2マスターその後

CO2マスター導入して一安心したのも束の間、問題が発生。

ループさせているホースの中で、CO2の気泡が互いにくっつき合う現象が現れ始めた。
せっかく細かい気泡で添加しても、フィルターに吸い込まれる頃には気泡の粒が大きくなってしまっているではないか!(´Д⊂
とりあえず簡単な図にしてみたけど、こんな感じッス。↓
Photo

原因は地球の引力。つーか気泡の浮力。
私みたいにフィルターまでの距離を稼ごうとして下手にループさせると、こんなことになりますよ皆さん。
解決法として思いつくのは、まずループを作らないこと。それと水流が強ければ細かい泡のまま一気に流されるのではないかと。しかしウチのフィルターの水流はそんなに弱くないと思うんですがね…
「CO2マスター」で検索してここへ来た方は他山の石として参考にしていただきたい。

CO2の添加量は発酵式なので常に一定ではないが、現在1滴/2~3秒ほど。
水草が付ける気泡は、ストーンを使ってストレーナーから吸わせた場合と同レベル。
とりあえずループをやめて直線に戻したいところだが、年内は無理かな…

|

« CO2マスター導入 | トップページ | CO2マスター追記 »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43530632

この記事へのトラックバック一覧です: CO2マスターその後:

« CO2マスター導入 | トップページ | CO2マスター追記 »