« グロッソスティグマ増殖中 | トップページ | 注射器にホレた! »

2009年2月 3日 (火)

スネールクライシス

やっべ~(;´Д`)

ラムズホーンの第2世代がわんさか生まれてきた!
気が付けば水槽のあちこちにチビラムズがいっぱいだ…
サカマキガイは少しぐらい多くても目立たないが、こんなでんでん虫モドキが一斉に水槽を跋扈する様は、さすがに不気味だろう。誰だよ「歓迎~」なんて呑気なこと言ってた奴は!(オレか)

とりあえず「そうじやさん」を使って稚貝を吸い込んで回収したが、いかんせんまだ小さくて発見しにくい。もうちょっと大きくなってからのほうが効率よく回収出来そうだ。
ついでに5in1で水質検査したが、pH6.8を呈してGH・KHとも問題ない。水質云々ではなく、単に繁殖力が旺盛なだけなのかも。

この貝、撲滅するのは惜しいし、出来れば一定の個体数のままで維持したいのだが、どうだろう。
ミナミヌマエビは近親交配が進むと、目に見えて繁殖力が衰えたり寿命が短くなったりする(私は一年を目処に新しいグループを投入するべきだと思う)が、貝類はどうか。
一年以上前に、サカマキガイが目障りになるほど増えたので間引いた事があったが、あれ以来爆殖はしない。
やはり貝類も、一旦は隆盛を極めるがその後は近親交配でミナミヌマエビ同様、増殖に歯止めがかかるのかもしれない。
親貝を優先的に除去すれば、どんどん近親交配が進むわけだから、完全に除去せずに上手く付き合っていくなら、この繰り返しで対処出来そうだ。
と希望的観測してみる…(^^)

まぁ気長にやってみるしかないね。思惑通りになったら、「さすがオレ!」と傲り高ぶってやるつもり(笑)

|

« グロッソスティグマ増殖中 | トップページ | 注射器にホレた! »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43950756

この記事へのトラックバック一覧です: スネールクライシス:

« グロッソスティグマ増殖中 | トップページ | 注射器にホレた! »