« スネールクライシス | トップページ | 地上波の劣化とCSのススメ »

2009年2月 5日 (木)

注射器にホレた!

グロッソスティグマの成長速度には思わず舌を巻く。
帰宅すると必ず一節は伸びている状況が続く。

十分な光量と底床肥料が必要とのことなので、初めてのグロッソスティグマに戦々恐々である。まあそれほど肩肘張らずともよいのかもしれないが、とりあえず光量には自信があるものの、底床肥料の問題をクリアして、なんとか上手く育ててみたいものだ。

いろいろ調べてみたが、カリウムはもちろん、意外と窒素不足に陥りやすいらしい。
つまり生体由来の窒素では供給が間に合わないということだ。
そこで一旦、イニシャルスティックの埋め込みや、窒素が含まれていないハイポネックス開花用による追肥をやめて、「微粉ハイポネックス」を試してみることにした。

P2040851

窒素6.5/リン6/カリウム19。
特筆すべきはカリウム割合の多さだろう。
以前ハイポネックス開花用の原液を、ピペットを使って底床に注入してみたが、濃度による水草への影響(浸透圧の問題など)は特に問題なかったので、今回は濃いめの50倍溶液にしてみた。これを投入して、吉と出れば水草がすくすく。凶と出れば藍藻やアオミドロ発生。どうなるかわからないが、まずはやってみなければ。

さて底床への注入だが、ピペットではなく注射器のようなもの…てゆーか注射器そのものがあればどんなに便利だろうと常々思っていた。
調べてみると、注射器そのものは医療器具なので一般向けに販売していないが、100円ショップのコスメ用品売り場に注射器もどきが売っているという情報を得て、早速買いに行ってみた。

P2040845

それが上の写真。針ではなく金属管仕様の注射器で、香水の小分け作業などに使うらしい。
商品名は注射器ではなく「スポイト」として販売されている。なるほど…確かに。
目盛りは20ccまであり、針(管)も底床の厚さに対して十分な長さだ。

実際に使ってみると、スムーズに刺さって、しかも抜き差しによる底床の乱れもほとんどない。もう最高の一言である。
こんな優れものが100円で手に入る。しかも容量といい針の長さといい、偶然とはいえアクア用品としてうってつけではないか。
前景草が繁茂するほど活躍するのは間違いない。ホレたぜ乾杯。

|

« スネールクライシス | トップページ | 地上波の劣化とCSのススメ »

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/43964628

この記事へのトラックバック一覧です: 注射器にホレた!:

« スネールクライシス | トップページ | 地上波の劣化とCSのススメ »