« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

山菜採り(1)タラの芽

今年もついにシーズンイン!
26日の時点でちょっと早いかもしれないと判断したが、タラの芽も株によって萌芽がまちまちだし、採れる株から採ってみようと思い、まずは近所の里山から足を踏み入れてみた。山裾に居を構えて本当に良かったと思う瞬間である(^^)
Image144_3
ちょっと遅めだが、用事も一段落した16時半頃から山に入ってみると、ほぼ毎年シンクロする桜の満開時期を待たずに、写真のような株が結構あった。
株によってはさらに伸びてしまったものもあるし、まったく開いていないものもあった。
個人的な経験から言わせてもらうと、同じような場所にある株でも微妙な日照時間の違いで、萌芽のタイミングに差が出るようだ。
まだまだ肌寒いので、人間の感覚ではつい早いと思いがちになるが、実際はこんなもんだ。そういえばウグイスなどの野鳥の鳴き声が聞こえず、なんとなく春の山に入った気分になれなかったが、とりあえず今日は山ガサしておいてよかった。

タラの木は、基本的には日当たりの良い場所に自然と生えてくる。
残念なことに日本の山は、亜高山帯より下はほとんどが杉林で占められている。これは明治の頃、建材確保のため国策によって杉の植栽が盛んに行われた名残。現在は安い輸入建材が主流なので、山を歩いてみた限りでは、ヒノキの植栽事業は行われていても杉に関してはほとんど行われていないようだ。
枝打ちなどの手入れもせずに放置されている杉林の林床は、シダ類やアオキなどの陰生植物に淘汰されてしまい、ヤブレガサやモミジガサ(シドケ)などの陰性の山菜を除き、ほとんどの山菜は育つことが出来ない。
しかし、まれに枝打ちや伐採を行う場所もある。枝打ちした杉林の林床は日差しが良くなり、そこにタラが生える。伐採跡地には必ず他の木を植えるが、苗から育つまでの間は時間があるので、そこにタラやウドなどの山菜が生える。また樹高が高くなる前に伐採する習慣のある送電線の下なども、山菜が生える隙が生じる場所である。
山菜も松茸と同じく、ある程度人の手が入らないと、豊かに維持できないようだ。
昔はいざ知らず、今はこのような場所を探し歩いて採るしかないのが現状。しかし裏を返せば、宝探しのような楽しさもある。自分だけしか知らないサンクチュアリを見つけたときの喜びは、山菜採りの醍醐味でもある。おっと途中から話に枝葉が茂ってしまったので、ここらで「枝打ち」しなければ…(笑)

P3290963
本日のご立派級

しかしまあ採っていて言うのも何だけど、タラの芽ってーのは摘むときが一番心苦しい瞬間だと思う。
せっかく生えた美しい新芽を、しかも一本の木に一つ(基本的に)しか出ない新芽を、ボキッと折る瞬間は何とも言えない罪悪感がある。「ゴメンな!」とか、「お願いだから無事に二番芽生えてちょうだい!」とか、つい瞬間的に願ってしまう(笑)
実際は意外とタフな木なんだけどね…その理由はそのうち書くとしよう。
P3290962
一時間ちょっと里山に分け入ってこの収穫。結構伸びているものあった。

P3290965
予想外の収穫に夕食は急遽天ぷらになってしまった。今年も春が来たと実感。

| | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

いよいよ山菜の季節

P3260958
庭に植えてあるコゴミが、新芽を出し始めていた。
ここのところ三寒四温ならぬ三寒二温ぐらいのサイクルだけど、もう春だ…。

コゴミは明るい緑の葉がとても美しいので、観賞用として新築時に山から移植したのだが、実は観賞だけが目的じゃない。
コゴミが芽吹いてくれば、それは山菜採り始動の合図。つまり時計代わりにしているのだ。
そんなコゴミ時計を見たらタラの芽が気になったので、仕事が終わってからちょいと家の前の林縁まで様子を見に行った。
そーいや会社に出入りしている弁当屋のおっちゃんが「多分今年は早いよー」なんて言ってたっけ。

P3260951
おっ…あるね。

P3260954
あるにはあるけど…小さい。

P3260956

視察してみれば、うん。確かに萌えてますな。
これらはすべて若い株。タラはまず若い株から萌芽し始める。
さすがに通常の大きさの株はまだ芽吹いていなかった。毎年暖冬の影響があろうがなかろうが、ソメイヨシノの満開時期がタラの芽の最盛期。あと1週間ぐらいかな…。

P3260955
タラの芽と並ぶターゲット、ハリギリも若い株のみ萌芽。

タラの芽、あるにはあったがこんな小さなものを少しばかり摘んできても面白くないので、今日は華麗にスルーしてきた。
今日はいわゆる「里山」を視察したに過ぎない。
そもそもソメイヨシノ満開は平地での話。平地にあるタラの芽は人目に触れやすいので、競争率も高くてすぐに採られちゃうし株も弱っているものが多い。
私の本番は、少し標高のある場所での採取。当然やや遅れてシーズンインする。
まぁ慌てるこた~ない。もうちょっと待ちましょ。(とか言いながら結構そわそわしているw)

| | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

グロッソスティグマの水上栽培

2月1日に水上栽培を始めたグロッソも、だいぶ茂ってきた。

P3240947

写真左が園芸用土で育てたもの。右が水槽の底床と同じ砂+液肥で育てたもの。
同時スタートで南側の窓際に置いて今日に至ったが、その差は歴然。やっぱ土にはかなわないや…。
両者とも水位が常にひたひたになるよう心掛けているが、ここ最近は暖かいので増殖速度も早くなってきた。
そろそろ鉢植えにして半水耕栽培に移行したいのだが、なかなか適当な鉢&受け皿が見つからない。
それにしても濃い緑が鮮やかなこと。水上栽培もなかなかオツなもんです。

| | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

CO2マスター自作

ドライブがてら御殿場のカインズホームに立ち寄り、ついにT字型ジョイントを入手。
これで素材の準備が整ったので、いよいよ自作してみることにした。

Photo_3 
これが自作CO2マスターの概略図。構造は単純なのだが、赤い部分を何でどうやって作るのかが一番の課題。
赤い部分がキノコ型になっているのは、CO2放出の穴を内径中央に固定するため。
実際は、おそらく赤い部分がなくてもある程度機能してしまうと思う。しかしどうせなら、あの必要以上に高価な商品と同等の性能を実現したいものだ。


そんなわけで作ってみよう~
P3150900
株式会社トヨックス「屋外散水用ニップル」250円。(品番TN-14 最大外径14ミリ・内径約10ミリ 材質:PP)
写真では灯油ポンプのように華奢に見えるが実物は結構しっかりしていて、メーカーで2年間保証しているほど。他に外径16ミリの商品もある。
ちなみに本物のCO2マスターの最大外径は16ミリで、内径は10ミリ。水流を考慮して内径優先で合わせた。

P3150901
CO2放出ノズルの素材
CO2の放出ノズルは、普通のジョイントを使って作ることにした。GEXの「つなぎ」(何と単純なネーミングw)10個入りで105円。10個もいらないんだけどね…
中央部の外径は10ミリで、T字ジョイントの内径と一致して好都合なので採用。

P3150902
逆流防止弁はニッソーのAQ-110(外径14ミリ)を採用。308円。
ホースに対して外径14ミリぐらいがちょうどいいかもしれない。それ以上は結構キツい。
逆流防止弁の規格なんて軒並みこんなものだと思うが、各メーカーの詳しいところまでは知らない。

P3150904
放出ノズルの製作
ライターで溶かして半分を除去(勝手にボタッと落ちる)し、固まらないうちに針を刺してピンホールを確保する。
この素材は少しの炎で簡単に液化するので、加工は難しくない。

P3150905
針を抜き、バリを取ってキノコ型放出ノズルの完成
写真では見えないが頭頂部にピンホールが開いている。爪が汚く伸びててゴメン(^^;)

P3150906
放出ノズルと逆流防止弁の連結
まずシリコンチューブだけでつないでみたが、T字ジョイントへ挿入する際に剛性不足で曲がってしまう。
そこで今は使っていないスドーの「パイプぴたっと」の4ミリのプラパイプを介することにした。あとで気付いたが、もう一つ「つなぎ」を使って連結すれば、より安定したかも。
この部分は、短く作ってしまうとNG。丁度良すぎても、あとで調整が利かなくなる。2~3ミリ長くしておくのがよい。

P3150908
ノズルを挿入し、両者をテトラ純正ホースで連結させる
まず逆流防止弁側をホースにねじ込み、次にノズルユニットを挿入しながらT字ジョイント側をねじ込んでいく。
そのままでは固いので、事前にホースを熱湯に浸けて柔らかくしておくとよい。
少し力を入れる作業なので、くれぐれも逆流防止弁の管を折らないように。

P3160914
とりあえず完成。見た目のまとまり感はなかなかのもの。

P3150911
ノズル先端の位置調整
最後にパイプ内を覗いて、写真のようにノズル先端部がほんの少し顔を出す程度に調整する。
ホースのねじ込み具合を加減することで調整できる。

P3150912
明かりに透かしてみると、逆流防止弁から延びた放出ノズルユニットが見える。
「スケルトンCO2マスター」といった印象で、半透明ゆえに美しさも兼ね備える。(自画自賛)
中空をコーキング出来れば仕上がりも万全だが、技術的に難しい上に、一度コーキングしてしまうと不具合が発生したときに再調整できなくなるという欠点もある。
中空部分に浸水すれば汚れ(微生物の付着)が付くと思うが、機能上特に問題はないだろう。

P3180923
本物(右)を外して並べてみた
ジョイントを短く切ればシルエットを近付けられそうだ。

P3180942
「ニセモノ(笑)」を装着

P3180937
写真では少々見づらいが、ジョイントが半透明なので添加の瞬間が見える。

P3180936
その直下の様子。1滴/秒を少し上回る添加でこの気泡。期待通りの結果。

P3180918
ところで、取り外したCO2マスター(本物)を覗いてみると、中に不気味な塊が…
こんなものが詰まっていてはフィルター本来の性能は発揮できないが、知らずに3ヶ月も放置してしまった。

P3180919
取り出してみた。なんじゃこりゃ!
おそらくアルコールを餌にしているバクテリアの塊と思われる。
CO2マスターを導入してからというもの、発酵式でもメンテナンスフリーで万々歳だと思っていたが、今後は定期的なメンテナンスが必要だ。

半透明素材を使用しているので、今後は中の汚れ具合が確認しやすいかもしれない。(コケるのでライトで透かして見る必要あり)
現在管理している水槽は1本だけなので、余ったCO2マスターの使い道がないのはちょっと歯がゆい(笑)
かと言ってもう一本管理する気もさらさらないのだが、今回はとにかく自作品でも十分イケることを検証してみたかった。ただそれだけ。

P3180944
詰まりが取れて水流が強くなってしまった。仕方なく自作リリーパイプも作り直し。
今度はブルーの漏斗で作ってみたが、予想に反して浮いた存在になってしまった(笑)
リリー(ユリ)というよりユウガオだなこりゃ…

| | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

オージービーフいらん!

今日はちょっとくだけた文体で書いちゃいますね。

アメリカ産牛肉の輸入再開で吉野家に牛丼が復活したのは記憶に新しいところ。
しかしスーパーは依然としてオージービーフしか置いてないところが多い。
どうしてアメリカ産売らねーかな?うまいのに。

この両者、まるで別物。
試しにすき家の牛丼と吉野家の牛丼を食べ比べればわかるけど、すき家は肉がパサパサしていて硬い。一方吉野家は柔らかくておいしい。
牛丼という性格上、濃い味付けでよく煮込んであるから麻痺しがちだけど、試しにオージービーフを買ってきてしゃぶしゃぶで食ったりするともう大変www見た目はいいんだけど硬くて食えたもんじゃないよホント!

最近アメリカ産牛肉を復活させたスーパーを見つけて、「お~久しぶりじゃん!」とばかりに飛び付いて買ったのがステーキ肉。しかもサーロインじゃなくて安いロース。
食ってみるとこれが美味いんだな。やっぱり大きな違いは肉の柔らかさで、むしろ「準国産牛」と言っていいほどの味と食感。感動して次の週はしゃぶしゃぶ肉を買ってしまったけど、こちらも期待を裏切らなかった。
そういえばスーパーで「国産牛」として産地偽装に使われるのはアメリカ産みたいだけど、なるほどこれは騙されるかもしれないね。
それにしてもオージービーフ主流になる前まで、オレたちゃこんな美味い肉(というかまともな肉)食ってたのかと驚いた。それからというもの、肉が食いたくなったらそのスーパーに行くことにしている。

ところで、アメリカ産牛肉がいまだに市場に完全復活しない理由は、やはり「食の安全」とやらかね?
最近世の中に過保護と共産主義まがいの左翼思想が蔓延しているけど、ちょいと慎重すぎるんじゃないか?
それとも、「当店はお客様の安全を第一に…」とでもアピールしているつもりなのかな?
そりゃBSEがアメリカで発症していればヤバイけど、ほとんどゼロに近いんだよね?
てゆーか日常的にあんなに肉食っている奴らなら、バッタバッタ死んでもおかしくないだろうよwww中国産食品のほうがよっぽど危ないってwww

オーストラリアの首相って、日本の調査捕鯨に猛烈に反対しているでしょ。
どうして白人って奴は他所の国の文化に自分の価値観を強要するんだろうね。
アボリジニを虐殺したり、タスマニアタイガーを絶滅させた奴らが何言ってんだか…
そして同国が擁する海上テロリスト「シー・シェパード」の異常で変態的な活動…
もうね、こんな馬鹿な国から牛肉なんて輸入しないほうがいいよ。クソまずいし。

最後に…最近吉野家の売り上げが落ちているらしいけど、あれじゃ無理もないかな。
素人考えだけど、家族客を度外視した旧態依然の店舗形態に問題があると思う。
「明日もホームランだ!」ってCMしてた頃(笑)と変わらぬ店舗。牛丼=ファストフードの考えから脱却できてないんだもの。
すき家を見りゃわかるけど、メニューは豊富で新製品開発に積極的だし、テーブル席は十分あるし、もはや小規模なファミレスと化している。
不景気だし、「家族揃って外食は牛丼」っていうのも今や普通。いや景気とか関係ないか。それほどポピュラーな外食になっちゃったしね。
そんな状況なのに、相変わらず吉野家のターゲットは働くオッサン。駅前繁華街ならともかく、郊外の駐車場付き店舗までそんなんじゃダメでしょ。明らかに家族客と女性客を逃してるわ…
味も肉質も吉野家が一番なんだから、なんとかしてほしい。
私は家族のために泣く泣くまずいすき家で食うけど…。

| | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

スネールクライシス(終?)

ラムズホーンの捕獲を地道に続けること1ヶ月、ついに勝利!と思われる)
野郎ども、照明が点灯しているうちは水草の根本とかにじっとしていることが多いみたいだ。
そして照明が落ちてから少し経つと、岩やガラス面に出てきやがる。どうも夜行性らしい。
それを知ってからは消灯後に捕獲し、さらにCO2を多めに添加してphを下げたせいかもしれない。ひょっとしたらオトシンも卵を食べてくれたかも。

それともまだどこかに潜んでいるというのだろうか。ここ5日間ほど漁獲はまったくないが…。
ついでにカワコザラガイも消えてしまった。何だったんだアイツは(笑)
サカマキガイは多数いるが、コイツは特に悪さもしないので共存の方向で放置。
一時期はアベニーでも入れてやろうかと考えたが、貝以外にも悪さするらしいのでさすがにやめた。

新芽を食われてしまったブリクサショートリーフは、すっかり調子を落として溶け始めている。
今となっては貝に食われたのが悪かったのか、それとも水質が合わなかったのか、肥料の与えすぎで浸透圧負けしてしまったのか、定かではない。
もうちょっと様子を見て、完全にダメなら諦めて、いずれまた再チャレンジしてみようと思う。

何にしても、もうウンザリ。今度水草を買ったらよく調べてから投入するようにしようっと。

【追記】
同日夕方に換水をしたところ、ガラス面にカワコザラガイ3匹ほど確認しました。
消えるとかそんな甘いもんじゃないよね…(・ω・;)

| | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

スネールクライシス(3)

帰宅して、水槽を凝視。さらにフラッシュライトで細部まで監視する毎日。
スネール除去は気の持ちようで不思議と楽しくも感じる。
見つけたときのしてやったり感。たくさん捕れたときのスッキリ感。今やアワビ漁気分で楽しくやっている。…などと言ってもやっぱ面倒臭い。しかし面倒臭さを上回る憎悪というか、要するにコンチクショーめ!が原動力となっているわけだ(^^;)

P3030889
武器。てゆーか漁具。

P3030887
アワビおこし。てゆーか結束バンド。

「そうじやさん」の電源はエネループ+単2アダプター。これで電池も気にせず存分にアワビ漁が出来る。
吸っても離れない奴には、必殺アワビおこし(先端に結束バンドを巻き付けただけのもの)。底床の砂粒にくっついている場合は砂粒ごと吸い上げずに済むから便利。
なにしろ2匹いれば産卵してしまうので、勝利条件はロンサム・ジョージにするか全滅以外にないのだ。そんなことが出来るのか!?(笑)
ちなみに本日の漁獲高はたったの2匹。いよいよ大詰めかと思わせる数字だが、まだ見えない場所に隠れているはずなので、どうだかね。底床にも潜って隠れるらしいし。
調べても捕獲して全滅させた話を聞かないから、やはり無理かもしれない。どこを見ても「リセットしかない」と書いある。
しかし何事も経験だし、行けるところまで行ってみようか。

P3030877
アワビおこし~なんて言っていたら、本当にアワビが出現しやがった。

新たな問題の発生である。カワコザラガイという貝らしいが、新規に水草も入れてないのに、いったいどこから来たのか不思議。空を飛んできたとでもいうのかオマエは?
調べてみると、コイツも結構しつこい奴らしい。とりあえず潰しておいたが、こんなんじゃ終わらんだろうね。
最近グロッソを意識して底床に液肥を注入しているので、少し富栄養化したのが原因かもしれない。
ま、水草食わなきゃいいよ別に。(戦意喪失の表明)

P3030891 
この角度からが一番好き(クリックで拡大)

| | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »