« グロッソスティグマの水上栽培 | トップページ | 山菜採り(1)タラの芽 »

2009年3月26日 (木)

いよいよ山菜の季節

P3260958
庭に植えてあるコゴミが、新芽を出し始めていた。
ここのところ三寒四温ならぬ三寒二温ぐらいのサイクルだけど、もう春だ…。

コゴミは明るい緑の葉がとても美しいので、観賞用として新築時に山から移植したのだが、実は観賞だけが目的じゃない。
コゴミが芽吹いてくれば、それは山菜採り始動の合図。つまり時計代わりにしているのだ。
そんなコゴミ時計を見たらタラの芽が気になったので、仕事が終わってからちょいと家の前の林縁まで様子を見に行った。
そーいや会社に出入りしている弁当屋のおっちゃんが「多分今年は早いよー」なんて言ってたっけ。

P3260951
おっ…あるね。

P3260954
あるにはあるけど…小さい。

P3260956

視察してみれば、うん。確かに萌えてますな。
これらはすべて若い株。タラはまず若い株から萌芽し始める。
さすがに通常の大きさの株はまだ芽吹いていなかった。毎年暖冬の影響があろうがなかろうが、ソメイヨシノの満開時期がタラの芽の最盛期。あと1週間ぐらいかな…。

P3260955
タラの芽と並ぶターゲット、ハリギリも若い株のみ萌芽。

タラの芽、あるにはあったがこんな小さなものを少しばかり摘んできても面白くないので、今日は華麗にスルーしてきた。
今日はいわゆる「里山」を視察したに過ぎない。
そもそもソメイヨシノ満開は平地での話。平地にあるタラの芽は人目に触れやすいので、競争率も高くてすぐに採られちゃうし株も弱っているものが多い。
私の本番は、少し標高のある場所での採取。当然やや遅れてシーズンインする。
まぁ慌てるこた~ない。もうちょっと待ちましょ。(とか言いながら結構そわそわしているw)

|

« グロッソスティグマの水上栽培 | トップページ | 山菜採り(1)タラの芽 »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/44476327

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ山菜の季節:

« グロッソスティグマの水上栽培 | トップページ | 山菜採り(1)タラの芽 »