« スネールクライシス(終?) | トップページ | CO2マスター自作 »

2009年3月11日 (水)

オージービーフいらん!

今日はちょっとくだけた文体で書いちゃいますね。

アメリカ産牛肉の輸入再開で吉野家に牛丼が復活したのは記憶に新しいところ。
しかしスーパーは依然としてオージービーフしか置いてないところが多い。
どうしてアメリカ産売らねーかな?うまいのに。

この両者、まるで別物。
試しにすき家の牛丼と吉野家の牛丼を食べ比べればわかるけど、すき家は肉がパサパサしていて硬い。一方吉野家は柔らかくておいしい。
牛丼という性格上、濃い味付けでよく煮込んであるから麻痺しがちだけど、試しにオージービーフを買ってきてしゃぶしゃぶで食ったりするともう大変www見た目はいいんだけど硬くて食えたもんじゃないよホント!

最近アメリカ産牛肉を復活させたスーパーを見つけて、「お~久しぶりじゃん!」とばかりに飛び付いて買ったのがステーキ肉。しかもサーロインじゃなくて安いロース。
食ってみるとこれが美味いんだな。やっぱり大きな違いは肉の柔らかさで、むしろ「準国産牛」と言っていいほどの味と食感。感動して次の週はしゃぶしゃぶ肉を買ってしまったけど、こちらも期待を裏切らなかった。
そういえばスーパーで「国産牛」として産地偽装に使われるのはアメリカ産みたいだけど、なるほどこれは騙されるかもしれないね。
それにしてもオージービーフ主流になる前まで、オレたちゃこんな美味い肉(というかまともな肉)食ってたのかと驚いた。それからというもの、肉が食いたくなったらそのスーパーに行くことにしている。

ところで、アメリカ産牛肉がいまだに市場に完全復活しない理由は、やはり「食の安全」とやらかね?
最近世の中に過保護と共産主義まがいの左翼思想が蔓延しているけど、ちょいと慎重すぎるんじゃないか?
それとも、「当店はお客様の安全を第一に…」とでもアピールしているつもりなのかな?
そりゃBSEがアメリカで発症していればヤバイけど、ほとんどゼロに近いんだよね?
てゆーか日常的にあんなに肉食っている奴らなら、バッタバッタ死んでもおかしくないだろうよwww中国産食品のほうがよっぽど危ないってwww

オーストラリアの首相って、日本の調査捕鯨に猛烈に反対しているでしょ。
どうして白人って奴は他所の国の文化に自分の価値観を強要するんだろうね。
アボリジニを虐殺したり、タスマニアタイガーを絶滅させた奴らが何言ってんだか…
そして同国が擁する海上テロリスト「シー・シェパード」の異常で変態的な活動…
もうね、こんな馬鹿な国から牛肉なんて輸入しないほうがいいよ。クソまずいし。

最後に…最近吉野家の売り上げが落ちているらしいけど、あれじゃ無理もないかな。
素人考えだけど、家族客を度外視した旧態依然の店舗形態に問題があると思う。
「明日もホームランだ!」ってCMしてた頃(笑)と変わらぬ店舗。牛丼=ファストフードの考えから脱却できてないんだもの。
すき家を見りゃわかるけど、メニューは豊富で新製品開発に積極的だし、テーブル席は十分あるし、もはや小規模なファミレスと化している。
不景気だし、「家族揃って外食は牛丼」っていうのも今や普通。いや景気とか関係ないか。それほどポピュラーな外食になっちゃったしね。
そんな状況なのに、相変わらず吉野家のターゲットは働くオッサン。駅前繁華街ならともかく、郊外の駐車場付き店舗までそんなんじゃダメでしょ。明らかに家族客と女性客を逃してるわ…
味も肉質も吉野家が一番なんだから、なんとかしてほしい。
私は家族のために泣く泣くまずいすき家で食うけど…。

|

« スネールクライシス(終?) | トップページ | CO2マスター自作 »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/44309381

この記事へのトラックバック一覧です: オージービーフいらん!:

« スネールクライシス(終?) | トップページ | CO2マスター自作 »