« ほったらかしアクア | トップページ | 用水路のシジミ »

2009年4月24日 (金)

箱根の林道を走る

GoogleEarthであれこれ見ていると、どうも箱根が気になって仕方ない。
調査に出かけるなら、夏草が茂ってからでは遅い。何故かと言えば植物相がワケワカランになってしまうから。
今にも泣き出しそうな空模様だが、どうにも衝動が抑えられず、わざわざ有休取って行ってみた。

P4241084
大涌谷の噴煙。 天気悪っ!

とりあえず目指すのは林道だけど、箱根はよく整備されたリゾート地というイメージで、しかも国立公園。植物相が変化するきっかけとなる伐採行為など行われていないようにも思える。
事前に衛星写真で確認しておいたけど、実際に行ってみると、林道に入るまで迷路のような別荘地に方向感覚を狂わされてしまった。

P4241081_2
別荘地を抜け、やっとこさ辿り着いた林道(支線)。

衛星写真で目星を付けておいた林道は、残念ながら全面舗装路だった。しかし新たに支線を建設中の場所があって、ここは全面ダート。タラの木はこういう新しい林道が大好きで、道端にかなりの株が見受けられたがパーフェクトに採取済み。
まあ今日は採取ではなく調査目的なので、かまわずそのまま奥へ進むが、やがて行き止まりとなり、しかも工事人がいて作業中。つまりまだまだ先が伸びる予定なのだろう。

引き返して一旦国道まで降り、仙石原を経て長尾峠周辺を探ることにする。

P4241087
長尾峠からの眺め。本当に天気悪っ! 私が最も軽蔑する施設でもあるゴルフ場多数が一望できる。

長尾峠には初めて来たが、なかなかの眺望。
ゴルフ場さえなければ、もっと素晴らしいだろう。
芝の維持管理に農薬を垂れ流すゴルフ場。
森林を破壊して作られた広大な面積は、たった4人のプレイヤーのため。
そこで行われるのは、何回目で穴に入れたかを競う、何ともケツの穴の小さい遊び。
そもそも国立公園にゴルフ場を作るのはおかしい。
アウトドアマンを自負する者、ゴルフをやってはいけません。
逆に言えば、ゴルフをやっていながらアウトドアを熱く語る人は、ただのエセorにわか。偽善者でしかありません。

P4241088
P4241089
長尾峠周辺・御殿場側の林道。そして頼れる相棒・SEROW250。

長尾峠から乙女峠周辺には、結構な数の林道が走っていて、しかもそこそこ長いものばかり。
ここでもタラの木を一つの指標にしたが、確かにあるにはある。そしてすべてが採取済み。
群生しているような、いわゆる「つぶしの利くポイント」もなく、長いわりにこれといって取り柄のない林道だった。
この程度の林道はよくある。自然といえば自然な感じ。来年ここまで採りに来るかといえば、答えはノーだ。
しかしま~、人のことは言えないけど、みんな抜け目がないよ…(^^;)

P4241091
シシウド…シシウド…シシウド……煮ても焼いても食えないウド。何故オマエは必要以上に生えるのか。

そんなわけでパラダイスも発見できず、ダートも走り疲れたので今日の箱根はここまでにした。

箱根はとにかく広い!
外輪山の内外と火口原に中央火口丘…もうどこから手を付けりゃいいのか困っちゃう(^^;)
しかも今日のはほんの一部に過ぎない。箱根攻略はこれから時間をかけてクリアすべき課題だ。

P4241095
帰り道、ワラビの出る尾根に寄ってみた。
ここは標高550mで、まだちょっと早いかもしれないと思ったが、先発組がそこかしこに顔を出していた。
P4241094
ワラビの撮影はフォーカスが合いづらくて困る。
P4241097
短いけど太い!
P4241098
1時間ちょいの収穫。 美味そう!早く食いてー!…しかしアク抜き作業があるので、食えるのは翌日なのだ。

このポイント、どうやら今年は一番乗りっぽい。
今日こそ調査に徹して獲物ナシで帰るつもりだったが、やっぱりタダでは済まんね(笑)
半分は会社のガサ仲間にあげることにした。

 

|

« ほったらかしアクア | トップページ | 用水路のシジミ »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/44778563

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根の林道を走る:

« ほったらかしアクア | トップページ | 用水路のシジミ »