« 山菜採り(5)タラ&コゴミ | トップページ | 山菜採り(6)ウド »

2009年4月12日 (日)

タラの芽のゴマ和え

タラの芽といえば天ぷらにて食すのが最上であることは言うまでもないが、いい加減天ぷらも飽きたので今回はおひたし(ゴマ和え)にしてみた。P4091035
太い根本には火が通るよう切り込みを入れ、軽く塩を入れて茹でること2分ぐらい。
醤油、ポン酢、めんつゆの素など、つけだれをあれこれ試してみたが、一番合うのが酢味噌。
ウド同様、ウコギ科の植物には一様にして酢味噌が合うのかもしれない。

天ぷらに比べて「ご飯が進む度」は落ちるが、それでも十分おかずになった。
ただし新芽に密生する産毛の舌触りには少々違和感を覚えた。加熱調理してもこの産毛はそのままで、衣の有無や調理温度の違う天ぷらでは軽減されるようだが、ただ茹でただけでは如実に産毛を感じる。人によって好き嫌いが別れる食感ではないだろうか。

もちろん天ぷらより飽きないので、たくさん食べられるのは言うまでもないし、タラの芽が持つ独特の風味が、芽の部分より根本のほうに多く含まれるということもよくわかった。
次は他の料理法を試してみようと思う。

|

« 山菜採り(5)タラ&コゴミ | トップページ | 山菜採り(6)ウド »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/44641885

この記事へのトラックバック一覧です: タラの芽のゴマ和え:

« 山菜採り(5)タラ&コゴミ | トップページ | 山菜採り(6)ウド »