« 山菜採り(8)ワラビ | トップページ | SF-533XX入手 »

2009年5月15日 (金)

SF-533XX登場!

先日何気なくネットを楽しんでいたら、見つけちゃった(^^;)ヤバいなこりゃw

新型のLEDライトSF-533XX

いつの間にか出てたのね…てゆーか出たばっかでした。

GENTOSのフラッシュライトと言えば、今やホムセンで入手できるハイパワーLEDライトの代名詞。
しかしホムセンライトと侮るなかれ。その性能と使い勝手、そして価格は、かの名門SUREFIREをも完全に凌駕するのだ。

現在愛用のライト「SF-503X」は、光量もスタミナ(ランタイム)も文句なし。
しかし欠点もある。それは重量スポット指向の強い光軸
前者はランタイムに比例するものだから諦めている。しかし後者は…夜磯や川辺を照らしながらの夜ガサで、出来ればもう少し広い範囲を照らして欲しいと思っていたところだった。
昆虫採集なら問題ないが、ざっと照らしてまわる夜ガサでは、スポット光は見渡しが利かないので使いづらいのだ。
新発売の533XXは、そんな不満を解消するフォーカスコントロール付き。
つまり照射範囲を調節できるわけで、これこそ待望していた機能なのだ。
ほ、欲しいぞコノヤロ~!

◆SF-533XXのスペック(カッコ内は503X)

明るさ:180ルーメン(160ルーメン)  
実用点灯時間:Highモード約25時間(15時間) Lowモード約100時間(60時間) 点滅モード約55時間(45時間)
使用光源:高輝度チップタイプ白色LED
機能:フォーカスコントロール/点滅機能/インスタントオフスイッチ/防滴仕様
配光システム:フォーカスコントロールレンズ(コリメーターレンズ)
使用電池:単2形アルカリ電池×3本
本体サイズ:約Φ43×222mm
本体質量:約405g(410g)
付属品:ストラップ/オリジナルポーチ

ちょっとまって?カタログデータとはいえ、なんでこんなに飛躍的に向上しているの??
数値通りの性能は期待してないけど、多少でも改善されていれば嬉しいな。
注目の照射角は、503Xがたったの8度に対し、533XXは15度~40度の可変。
数値上ではなかなかいい線いってます(多分)。

さてさて、これは何としてでも手に入れたいが、まずは近郊のホムセンを巡回してみようかな。
置いてなければネット通販するか~

(関連記事はこちら

|

« 山菜採り(8)ワラビ | トップページ | SF-533XX入手 »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/45016591

この記事へのトラックバック一覧です: SF-533XX登場!:

« 山菜採り(8)ワラビ | トップページ | SF-533XX入手 »