« 電池式虫除けってどうよ? | トップページ | 久しぶりの虫捕り »

2009年7月30日 (木)

ニョロニョロが釣りたい!

今日もウナギを釣りに川へ来てしまった。
釣れなくても通わなければ釣れない。これ当たり前。
「もしかして今日あたりは…」
そんな期待だけが唯一の原動力だ。
だが開始から1時間も経過すれば、修行僧のように耐えることばかり。それが今年のウナギ事情。

いつものポイント。いつもの釣り座。
開始前に水面を覗いて透明度を確認…とその時ガサガサ隊員H氏から入電。

「もしもし?アナゴ釣りに行きませんか?」

貧果にあえぐウナギ釣りを見切り、二つ返事で快諾してしまった。
予定変更!よ~し、とにかくオレにニョロニョロした奴釣らせろ!

やがてH氏と合流し、とある漁港で釣り開始。
なんでもここは実績がある場所だという。マジっすか!?期待しちゃっていいですか!?

P7301531_2
ウナギタックルをそのまま使用。堤防釣りなんて本当に久しぶりだ。

ほどなくしてH氏、フィッシュオン…(←千夜釣行のナレーションでお願いします)
P7301532
この曲がりは尋常ではござらぬぞ!?

P7301535
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

P7301534
でけェーーーーー!ってちょっと待って。これクロアナゴですよね?ね?

いきなり良型のクロアナゴ。
クロアナゴといえば大味で嫌われているアイツじゃないですか!
H氏、これを迷わずキープ。えっ?食べるんスか?

すぐさま私にも来た!
とにかく重くてよく引く。こりゃウツボ掛けちまった…と思ったらおい!なんだコイツは!!!

P7301536
さらに大きなクロアナゴ。これがアナゴ!?またまたご冗談をwww

とりあえずこの1尾はスカリにキープ。そのあとは入れ食い爆釣モード突入。
クロアナゴとはいえ、こんなに笑って釣りをしたのは久しぶりだ。まぁよくもこんな狭い港内に数いるもんだ。
スカリの魚をどうするか。携帯でクロアナゴの食味について検索しようとするが、なかなか隙を与えてくれないほど忙しい。
それでもようやく調べることができた。有名サイト「ぼうずこんにゃく」では肯定的だが他ではほとんどが否定的。
悩むところだが、やはり否定すべきだと心が傾き始める。うん、やはりリリースしよう。捌くのもめんどいし…
ところがH氏食味は自分たちで判断しようじゃないか」と非常に強く推奨(笑)
「そこまで言うなら…」
ちょっとイヤな予感がしたが、結局これに押し切られる形で持ち帰りと相成った。



帰宅後、恐る恐る調理を始める。
有名サイトのイチオシは「蒲焼き」。
なので無難に蒲焼きにしてみましょう。

P7301538
88cm 1.3kg。調べてみたらこんなの小物。最大で10kgにもなるらしい。

P7301537
見慣れない大きな目。コイツの索餌は絶対視覚に頼る割合が多いはず…と勝手に推測。

P7301539
串打ちーの

P7301540
焼きすぎーの(笑)

【食味感想】
身…アナゴらしく身のほぐれがよいが、味は可もなく不可もなく特徴もない。評判通り本当に大味だった…(笑)
脂…ウナギは身に脂があるが、コイツは普通に皮下脂肪。脂肪分に特別旨味はない。
皮…硬いがまずくはない。
骨…噂通り小骨が多い。ご飯にのせて食うには不向き。

【総評】
ご飯のおかずとしては明らかに役不足。魚自体の旨味が足らない。
唐揚げなどの「つまみ系」や「酒肴系」ならそれなりによさそう。

しかし今回の釣行、なんだかんだ言って結構楽しかった。
クロアナゴと遊びながら、あわよくばマアナゴを引き当てるような釣りも面白いだろう。
本命であれ外道であれ、魚が釣れるのは純粋に楽しいし、仕事のあとの夜釣りはかくありたいものだ。
ガイドしてくれたH氏に感謝して、今日もまた、千夜釣行…

(軽くパクってみました)

|

« 電池式虫除けってどうよ? | トップページ | 久しぶりの虫捕り »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/45788743

この記事へのトラックバック一覧です: ニョロニョロが釣りたい!:

« 電池式虫除けってどうよ? | トップページ | 久しぶりの虫捕り »