« 吉兆。しかし痛恨のバラシ | トップページ | ミョウガ採り »

2009年8月 9日 (日)

ミヤマクワガタが好き!

もうずっとやっていないクワガタ捕りをしてきた。いや~ホント久しぶり。

オオクワガタは無理。ヒラタクワガタなら探せばなんとかという環境だが、平地のクワガタ捕りは過酷。とにかく暑い。
それよりも林道ツーリングを兼ねて涼しい山へ上がり、ミヤマクワガタを探すのが好き。
ロケーションもいいし、何と言ってもミヤマクワガタの容姿はカッコイイ。
子供の頃は捕まえることのできないクワガタだったので、そんな憧れがいまだに尾を引いているのだ。

Image167
ペア発見。しかしこれは小さいね…

林道沿いはたいてい捕られていてダメ。
いや決してダメなわけではないが、なんか殺伐とした雰囲気で手垢が付きすぎている感じ。
こういう場所はつまらない。自分だけのポイントを開拓し、実績を上げる過程が楽しいのだ。
今でこそ250ccオフロードバイクで行動しているが、4~5年前は原付スクーターを駆ってこうした行為にどっぷりハマっていた。
クワガタを捕ることよりも、クヌギ林をどれだけ見つけて、脳内データベースに収集するのがとにかく楽しかった。
今回行ったのは春に山菜採りで見つけた標高400m地点のクヌギ林。車では進入不可で、原付スクーターでも難しい場所。
樹液が出ている場所はもちろんチェック。あとはとにかく無数にある木を蹴って、落ちてくる虫を捕獲する。

Image170
これもちょっと小さい…

ミヤマクワガタは昼行性が強い。
普通クワガタ捕りと言えば夜か早朝だが、このクワガタは確率的にどちらもOK。
だから今日は正午過ぎに家を出た。なんともお気楽マイペースなクワガタ捕りだ。
今回はなぜか♂が少なく、木を蹴っても落ちてくるのは♀が多かったが、逆にこれだけ♀がいるのを見ると安心する。もっともっと増えて欲しい。

Image169
♂66mmの良型ゲット。う~むカッコイイ。もちろんこれはキープ。

①乱獲しない
捕獲対象は♂1~2匹。繁殖させるわけでもないので、♀は絶対に捕らない。
②飼育個体は2匹程度まで
たくさんいても意味がない。余談だが♂は交尾をさせないと長生きする。
③入れ替え制
捕獲した個体が飼育中の個体より大きければ入れ替えをする。放出する個体は元の場所へ逃がす。
④人にあげない
たくさん捕って近所の子供に配る人がいるが、子供はクワガタの飼い方を知らないに等しく、得てして残酷な過密飼育である。ましてやミヤマクワガタは高温に弱い。

こんな信条で毎年やってきたが、ウナギ釣りを始めて以来サボってばかりだ。
よく考えりゃ昼間に十分行けるのだが、どうも熱中できるものが一つあれば満足してしまう性分らしい(笑)

今日は新しいポイント攻略ということもあってなかなか面白かった。
夏の山の雰囲気もいいものだ。もう一回行ってみようかな…(^^)

|

« 吉兆。しかし痛恨のバラシ | トップページ | ミョウガ採り »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/45878107

この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマクワガタが好き!:

« 吉兆。しかし痛恨のバラシ | トップページ | ミョウガ採り »