« 出直しカサゴ釣り | トップページ | 一番楽しい時期 »

2009年9月19日 (土)

連日のカサゴ釣り

また来ちゃった…(笑)
今度は亀将軍と二人連れ。
しかも台風の影響で海は強風&荒れ気味。
このタフコンディションの中、軽いオモリで釣るなんてワケワカラン釣りになるのは目に見えているが、とにかくやってみることにした。

開始時間は21時半頃と遅かったが、そんなの気にしな~い。
時合いのない魚は気楽なもんである。
今回の改良(?)点は、ハリスをフロロ2.5号から同1.7号に落としたこと。
1.7号はメジナ釣りにおいて最も使い勝手がよく、この号数は強度としなやかさの妥協点だと思う。
まあカサゴ釣りではハリスは15cm程度なので、どれほど影響が出るかはあやしいものだが、根ズレにもそこそこ耐えるし、30cm級のメジナなら軽く抜き上げられる強度がある。もちろんカサゴなど問題ではない。
それよりも、まず根掛かりした際はPEではなくハリスで切れて欲しい。
2.5号だとPEが負けてしまい、仕掛けすべてをロストして補修に時間がかかる。
ハリスで切れれば針のみのロスト。運がよければ新しい針を結ぶだけで再開できるのだ。

釣り開始。
同行の将軍様はテトラの穴釣りに徹し、私はちょい投げての探り釣りスタイル。
予想通り強風でラインスラッグがひどかったが、昨日の場所の反対側にあるテトラの上からキャストし、しばらく待つとアタリも何もわからんうちに一尾目が釣れた。

P9191679
22cm

ほどなくして2尾目。

P9191680
20cm

探り釣りといっても仕掛けを移動することはほとんどナシ。
波と風が勝手に仕掛けを移動させてくれるし、下手に動かせばたちまち根掛かる。
ラインにテンションをかけるかかけないかの曖昧な張り具合でアタリを待つスタイル。

P9191681
あんたはいらん。てゆーかあんた岩礁帯にもいるのか。無駄にドキドキさせやがって(笑)

もちろん根掛かりも頻繁に起きたが、竿を強くあおると針のチモトが切れて戻ってくる場合が多く、復旧が早くて助かった。
一方穴釣りに特化した亀将軍様もそれらしき魚を掛けるが、惜しくもハリス切れでゲット出来ず。
探りには探りの、穴には穴のそれぞれリスクってものがあるのね…

納竿は0時前。結局私は二尾で、亀将軍は残念ながら…
しかしこんな悪条件の中で二尾上げたのは、今後の自信につながるいい経験となりそうだし、何だか達成感があって気分が良い。






P9191677
昨日釣ったカサゴの胃の内容物は、へんてこなカニだった。
調べたけど似たようなカニが多くて挫折(笑) 多分コブシガニの仲間と思われる。

|

« 出直しカサゴ釣り | トップページ | 一番楽しい時期 »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/46256974

この記事へのトラックバック一覧です: 連日のカサゴ釣り:

« 出直しカサゴ釣り | トップページ | 一番楽しい時期 »