« やっとリセット! | トップページ | 帰省 »

2009年12月28日 (月)

ミナミヌマエビ補給

亀将軍を無理矢理付き合わせて、夜の支流へGO!
水槽の掃除屋を新たに拉致してきた。

Pc261878
一網でこの通り。

夜ともなればさらに冷え込み、この寒さで生き物の姿も減っていると思いきや、いるわいるわ、ライトで照らすとエビや魚だらけ。特にエビ類は流水・止水問わずほとんどの水域で元気よく活動していた。
ミナミヌマエビは一掬いで目的達成し、あとは逆に亀将軍に付き合う格好になってしまった。
とりあえずこのあたりでは個体数の少ないスジエビを探すが、一向に見当たらず。秋口なら少しは捕獲の可能性が上がったかもしれない。逆に多かったのがヨシノボリ類だが、コイツは縄張り意識が強く、肉食性で獰猛なので混泳は無理だろう。おそらく稚エビが食われてしまうと思う。

Pc261875
亀将軍の獲物。

亀将軍はカマツカと少々のミナミヌマエビ、そしてアナカリスを採取。
カマツカは細かい砂の底床で飼育すると、砂を呑んでエラから吐き出す行動が観察できて非常に楽しい魚なのだが、私は敬遠している。
大食いなので十分な餌を与えないとすぐに痩せてしまうし、かと言って餌を与えすぎると水が汚れるので、そのあたりのバランス管理が難しい。しかも混泳させる場合は、上・中層の魚に餌を取られてしまいがちなので、底物のカマツカまで十分な量を到達させるには神経を使う。この魚は底物専用水槽を作って飼育するのが正解だろう。

Pc261880
水上栽培していたグロッソを移植。早くも成長し始めている。

グロッソが繁茂すれば稚エビの隠れ家も増えて、より安定した環境になるだろう。
コイツが伸びてゆく過程を見るのが、これまた楽しいのだ( ^ω^ )

|

« やっとリセット! | トップページ | 帰省 »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

水槽いじり(休止中)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/47134038

この記事へのトラックバック一覧です: ミナミヌマエビ補給:

« やっとリセット! | トップページ | 帰省 »