« SF-333XXレビュー | トップページ | SF-333XXはイイよ! »

2010年1月30日 (土)

タコ捕獲!

亀将軍とともに夜磯に出撃。
まずはハバノリを採ろうと磯に降りてみると、先行者多数でしかもほとんどがハバノリ狙い。中には男女5人の混成で縦一列に採り進んでいくグループもあり、通り過ぎた後は芝刈り機をかけたように残っていない。インタビューしてみると地元のグループで、西湘一帯の降りられる磯はすでに採り尽くされているという話。ということは密かに突入を計画していたあの磯も…新しいポイントの開拓も一筋縄ではいきそうにもない。

ハバノリを諦め、貝類に集中することに。すると潮が引き始めたばかりの浅瀬でタコに遭遇!軍手をした手でつかむと、滑らないせいか意外にもあっさりと捕獲できた。つかみあげると口にキュウセンの幼魚をくわえており、どうも食事中だったようだ。
「夜磯に行ってきたよ」と知人に言うと、「タコは捕れたか?」と聞かれる場合が多い。それほどタコに遭遇する確率が高いらしいのだが、去年長男が捕って以来お目にかかれていなかった。私に至っては実に生涯初のタコ捕獲。まだまだ夜磯に関しては駆け出しなのだ。
Image179

それにしてもガサの最中、同行した亀将軍がやたらとタコを羨ましがる。
マダコといえば市場に出回るのはまず外国産だから、確かに地物のマダコなら価値があるだろうけど、それほどのものだろうか?
…などと思って帰宅してみると、意外と大きいことに気づいた。
P1311924

翌日、嫁さんのリクエストで「タコ飯」にすることに。
塩でヌメリを取るが、これがなかなかキリがない。それならとザル(金属製)に入れてかき回すと、あっという間にヌメリが取れた。これはホタテのヒモを洗うときにも使う手で、大量の塩を使うことなく簡単に処理できる方法である。邪道かもしれないがこれが一番早いのだ。
ブツ切りにしていくとかなりの量になり、「これ全部投入していいものか!?」と思うほど。やはり去年に長男が捕獲したものとは大きさがまるで違う。ちょっと味見ということで、生で一切れ食ってみたがなかなか美味い。しかし生ならミズダコのほうに軍配が上がる味だ。他に決定的な料理法もないし、それならタコ飯に全部投入だ。米はタコの量に合わせて五合とし、酒、みりん、醤油と少々の麺つゆを入れて炊いた。
P1311928
出来上がりは上々。具が大きいタコ飯は贅沢で気分がいい。

ミズダコは加熱すると固くなってしまうが、マダコは柔らかくて美味しい。舌先に感じるタコ特有の繊維質の身がまたたまらない。他に腹の膨れるおかずもなかったせいもあるが、家族4人で五合の米はあっという間になくなってしまった。マダコはご飯に炊き込む素材として一、二を争うのではないだろうか。次はいつになるかわからないが、是非また磯でお目にかかりたいものだ。

|

« SF-333XXレビュー | トップページ | SF-333XXはイイよ! »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/47439561

この記事へのトラックバック一覧です: タコ捕獲!:

« SF-333XXレビュー | トップページ | SF-333XXはイイよ! »