« 「最恐戦慄迷宮」体験記 | トップページ | ハバノリの味は? »

2010年1月17日 (日)

ハバノリ採り

久しぶりの夜磯。
今日は子供会の引率で若干疲れているものの、潮回りをみると干潮が最大級で絶好の機会であった。真鶴在住のガサ仲間(ベテラン)によると、もうハバノリも十分に伸びているらしいし、何より長男が夜磯に連れて行けとうるさいことこの上ないので、眠くてショボショボする目をこすりながら出撃してみた。

P1161886
磯に着くと、もう採り頃に伸びているハバノリが散見できた。しかも今日はソコリが大きく、ナライの風1mで風裏、波も予報上で1m。いつもより沖目の岩まで徒渉可能な絶好のコンディションだった。早速摘み始めるが、ゴロタ場の岩に付くハバノリは今ひとつ集まりが悪い。一方長男のほうは大はしゃぎで、すでにブーツの中まで浸水しながら夢中で貝を採っている。私も時折貝採りに参戦しながら、沖にある大岩まで渡ってみると…
P1171888
この通りビッシリと、しかも長く成長した株が密集する岩に遭遇。喜んで摘み始めてみると、この岩一つで十二分な量を確保できた。
そういえば真鶴のベテランガサ師は、大きな一枚岩ほど良いノリが付くと言っていたような気がする。こりゃゴロタ石をこまめに渡り歩くより、はるかに効率がよい。ただここで毎回採るわけにもいかないので、今後は他に大岩の点在するポイントを開拓するべきだと思った。そういったポイント探しもガサの楽しみであるわけだし。

深夜に帰着し、翌日は疲れから寝坊。予定では朝起きてノリを天日干しする作業にかかるはずだったのだが、本格的な天日干しは翌日に持ち越してしまった。先達の言うことには、こうして天日干しを遅らせてしまうと風味が格段に落ちてしまうらしい。確かに去年、ベテラン師からもらった天日干し済みのハバノリの味は、自分が作ったものとは大きくかけ離れて美味だった。次回こそはちゃんとしなければ(^^;)

|

« 「最恐戦慄迷宮」体験記 | トップページ | ハバノリの味は? »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/47322582

この記事へのトラックバック一覧です: ハバノリ採り:

« 「最恐戦慄迷宮」体験記 | トップページ | ハバノリの味は? »