« 世の中にはいろんな人がいるのだよwww | トップページ | タラノキの萌芽が始まる »

2010年3月16日 (火)

王将の餃子が大変なことになっているwww

今日は風が強いけど、暖かいので小田原市街の行きつけ美容室まで髪を切りに行ってきた。
このくらいの気温だと、駐車場代のかからないバイクで気軽に行けるから楽。

実は毎度のことだけど、髪を切った後は「餃子の王将」でメシにするのが楽しみなのだ。もちろん今日も、義務のごとく王将で食ってきた。
なんたって王将は、私の青春と言っても過言ではない!(笑)

ハイヤングイレブン(←わからない人ググって下さいw)で葉書が採用されてもらった「餃子券」で初めて王将の味を知る。そして高校時代、帰りに仲間と腹一杯食った宇治(国道)大久保店、社会人になってから課のリクリエーションでボーリングを楽しんだ後、決まって行ったのは醍醐店…思えば私にとって王将と天下一品は、空気と水のような存在だった。

ところが最近の王将の餃子、明らかに異変アリ。昔に比べて具が少ないのだ。いったいこりゃーどうしちゃったのか。
一人前120円だった頃からの「馴染み客」としては、大変に残念でならない。昔のは「餃子」だけど、今のは「一口餃子」に成り下がっている。とにかく具が少ないもんだから、咀嚼したとき皮とのバランスが悪くて全然ダメ。ご飯のおかずにしようとも、炭水化物の皮がご飯代わりになっちゃう。こりゃせいぜいビールのつまみ程度…そんなわけでもう長いこと「とりあえずのイーガーコーテル」をせず、もっぱら「ソーハンテンメン」。小田原店だけがこんななのかといえば、藤沢店も似たようなもんだった。おそらく値段据え置きで原価を下げるための工夫(インチキw)だとは思うが、「餃子の王将」を標榜するなら、値上げしてでも大きくしたほうがいい。
ついでに言わせてもらうと、どうせ展開するなら駅前の小規模店舗より、郊外の大型店舗のほうがいいと思うんだが。この辺はみんな車で移動したがる奴らばかりだし、もし国道沿いに郊外店が出来れば、そりゃもう「ガスト?すき家?なにそれ?」ってなくらい、間違いなく周囲の店舗を駆逐するほどに成長するはずだ。間違いない。私が保証しよう。郊外店舗は関西では当たり前。一番近いのは沼津店だけど、さすがにちと遠い。西神奈川でもやってくれないだろうかね。

今までどんなに美味いといわれる餃子を食べても、「フッ…これが美味いって?本当に美味い餃子ってのはな、王将の…」とすべて鼻で笑ってきた王将信奉者の私。正しい餃子に戻るその日まで、つらいけどしばらく断コーテルさせてもらう。(笑)

|

« 世の中にはいろんな人がいるのだよwww | トップページ | タラノキの萌芽が始まる »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/47829565

この記事へのトラックバック一覧です: 王将の餃子が大変なことになっているwww:

« 世の中にはいろんな人がいるのだよwww | トップページ | タラノキの萌芽が始まる »