« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月22日 (土)

カサゴ釣り

山菜も一段落しちゃったし、たまには海にでもということでガサガサ隊員のハカセを誘ってカサゴ釣りに行ってきた。

19時過ぎに江の浦漁港に到着するも、港はアオリイカ狙いの釣り人でいっぱい。通常に比べてかなりの人出で、これほど混雑した江の浦港を見たのは初めて。よく見ると県外ナンバーが多く、よくここまで来るな~と呆れてしまうのだが、よく考えたらわざわざ南伊豆まで行く自分も他人のことを言えた義理じゃないと気付いた(笑)

とにかくあっちでピシピシ、こっちでピシピシ、どいつもこいつもしゃくってる。しゃくってない奴は電気ウキとにらめっこだ。イカ釣りに今ひとつ食指が動かない自分としては、そんなに面白いものかと不思議に見えるが、確かにエギングは手軽で機動性に富むし、そのうち真面目にやってみなければと密かに考えていたりもする。

肝心のカサゴ釣りのほうは、エギング師の間隙を見つけ、半ば無理矢理テトラに釣り座を構えて開始したが、外道を含めてアタリはさっぱり。二人とも早々に集中力が途切れてしまった。
もうこうなるとグダグダである。ハカセは大型クロアナゴと戯れるべく、港内ぶっ込みにシフト。ほどなくして私も追随してみたが、両者の竿には何も起こらないどころか、餌のサンマもそのまま戻ってくる始末。ここで撤収決定。

昨秋と比較してボトムの感触がマイルドになっていて、海藻による鬼のような根掛かりも軽減していた。冬の間にカジメ林がリセットされたのだろうか?と思って調べてみると、冬も枯れずに生えているらしい。う~む、よくわからん…

P5222160
ハカセが仕掛けたカニカゴには…

P5222164
ショウジンガニが一匹…こちらも渋い結果に終わる。

| | トラックバック (0)

シオデ偵察その2

もう一箇所、毎年シオデが生えるポイントを見てきた。
今回はクヌギ林の林床とその周辺。
はやりタチシオデは若干時期が早い印象だった。

P5222156
細いけどタチシオデ 

P5222158
この高さだと見つけづらい

P5222157
こちらは普通のシオデ

クヌギ林の林床は比較的多くのシオデを見つけることが出来るのだが、日当たりが今ひとつなせいか、太さでは林道脇の藪に生えるものに劣ると思う。

P5222159
一応採ってみたのはいいが、なんとこれっぽっち。ほんの味見程度の収穫(笑)

| | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

そろそろシオデかな?

そろそろシオデかな?まずはご近所から偵察。

P5182150_2
シオデポイントその1:日当たりの良い林縁

P5182149_2
「普通のシオデ」発見。今日は偵察だからスルー。

P5182151
シオデポイントその2:茶畑の土手 ここにはなかった。

普通のシオデは見つかったものの、やはりより太いタチシオデが欲しい。
そこで毎年出ている場所を確認してみたが、まだ早いのか見当たらない。おそらく草の根分けて探せば見つかると思われるが、そこまでする気もないので、時期尚早と判断した。
去年は6月に入ってから収穫しているので、今年も同様のタイミングだろう。
山菜図鑑などでは、出てきたばかりのアスパラガスのような写真が多いが、そのような状態で収穫するのは難しい。少し伸びて、下草や藪の中からニョッキリ顔を出した状態を探すのが最も楽であるし、味も変わらない。
ともかく、シオデとタチシオデでは発芽時期に差があることがわかった。
もう日が暮れるので深追いはせず、残りの時間はテキトーにガサって帰ることにした。

P5182152
では鉄塔周辺でワラビでも…

P5182154
自慢するほどの型ではないが、一掴みのワラビを確保して帰宅した。

| | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

庭のタラノキ

P5152148

庭にタラノキを植えて約1年。去年の成長は約30㎝ほどだったが、今年はそれを上回る勢いだ。
毎年同じポイントにタラの芽を採りに行くと、年々採りにくくなっていくのがわかるが、それもそのはず。こんなに成長が早いんだもの。

P5152146

葉の大きさも去年より一回り大きくなって、とても生き生きとしているように見える。
しかし実際は日当たりが万全ではないため、幹の太さが自然界のものと比較してやや細いのが気になるところだが、何はともあれ大好きな木がすぐそばにあるというのはいいものだ。外構工事の時にもうちょっと植栽スペースを確保してあれば、栽培種のタラノキなども同時に植えて比較してみたかったが…

こういう趣味って、年取ってからじわじわとやりたくなるものだと痛感した。
最近ではホームセンターの園芸コーナーで、つい観葉植物に足が止まってしまう自分がいる。
また100円ショップで「ミニ観葉」なる商品を見かけると、「俺が大きくしてやるからな」とばかりに買ってしまったり。
水草水槽もその最たるものだと思うが、現在室内にある植木はグロッソスティグマを含めると4鉢。それぞれ成長する姿を見てはニヤニヤする毎日である。これからも衝動買いで増えてしまいそうな予感…

| | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

憂さ晴らし(笑)のノビル採り

昨日のノビル、美味そうだったのに没収されちまった…

今日こそ食ってやる!とばかりに、午後から子連れで河原の土手づたいに探してきた。
ここならあるだろって感じの、まるで教科書通りのポイント。初めて来た場所である。
さてどうだろうか。

Image202
すごい田舎に見える。実際田舎なんだけどね。

さすがに土手ならタイーホできねーだろ。

今年はノビルに目覚めた年でもある。
ノビルなんて実にポピュラーな山菜。山菜というか野草ですな。
山菜・野草数あれど、私的に香りや味にひとクセないものには魅力を感じない。
味・香り・採取ロケーションなど、これら総合的な野趣が伴っていないと、ただ食えるってだけでは食指が動かないものだ。少なくとも私は。
そういう点でノビルは充分に合格点。生のまま味噌をつけてかじる味は、何ともワイルドで刺激的。普段ビールなど飲まない私でも、なぜかビールが欲しくなる。
葉生姜を食べたときのあの感覚に通ずるものがあるのだ。

今日はそのノビルを安定して確保できる場所を、新規開拓してみようと思ってやってきた。
他にも採れる場所は知っているが、より良型を、より手軽に、より効率よく、いやあまり効率よく採れたらつまらないが、そんな場所を確保したいと思う。

Image198
ありましたよ

Image197
畦で夢中になる長男(中1)。ここはタイーホエリアですな(笑)

結果は目論見通り。土手沿いに歩けばかなり無尽蔵にあるような場所だった。
これで「斜面の罠」から解放されるし(笑)、子供連れでも楽しめる。
欠点は自宅から遠い場所にあるということ。次回は自宅近辺のエリアで新規開拓してみたいが、あまりイージー過ぎても魅力が落ちるので、このくらいの遠さとロケーションがいいのかも。一枚目の写真を見てもわかると思うが、なかなかの雰囲気でしょ?

Image200
次男坊(5)も参戦

Image201
なかなかの良型!生食以外は酢漬けにする算段。

ノビルもさることながら、何より子供たちの夢中で採る姿が嬉しかった。
まず見つけること、次はうまく引っこ抜けるかということ、そのあたりにゲーム性を見出したのではないだろうか。
確かに太い株を見つけた後、引き抜くときはちょっと面白い。
「どんな良型が付いてるかな~?」とワクワクするし、途中で切れると悔しくて思わず声を上げてしまう。
「やったー!」
「ほらみてパパ!デカイでしょ!?」
そんな子供たちの声が心地よい午後だった。

そんなパパは、前科一犯なのさ!(ノ∀`)・゚・。

| | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ネタとしてはオイシイかもしれませんが…

「亀将軍、明日テキトーに山菜どうッスかぁ~?」

と前日にメールで約束して、昼からバイク2台でのんびりと行動開始~

ちょっと遠征した場所にイイ感じの斜面はっけ~ん!

P5082140

おお~よさそうじゃん(゚∀゚) 天気もいいし♪

P5082141

ワラビもあるし、

P5082142

お~ナルコユリもある。全然遅すぎでやんすけどね。

とりあえずワラビとノビルがあるので、それらを採ること20分ほど経過。
するとこんな山の中にパトカーが通りかかった…

「すいませ~ん、何してるんですか~?」

「え~とワラビ採ってました~」

「う~んそれはちょっとまずいですねぇ…」

え?…まずいって?
この後のやりとりは省略。
こちらにとって不運だったのは、パトカーにここの地主さんが同乗していたことだった。
この地主さん、一帯に農地をいくつか持っており、かねてよりタケノコ泥棒に辟易していたらしく、警察に被害届を出して捜査協力中だったのだ。
言われてみりゃ確かに人の土地かもしれないが、一枚目の写真のように手入れも皆無だし、見たところ農地と言うよりただの土手。ま、フツーに「突入~」の場所でしょうな。言い訳させてもらえれば。

普通この程度の過ちなら、「知りませんでしたゴメンナサイほなサイナラ」で終わるわけだが、地主さん曰く
「法律上以前捕まえた奴(悪質なタケノコ泥棒)と差別するわけにはいかないから」
ということで「署までご同行」ということになり、話が一気に面倒な方向へ…

重罪でもないので特に拘束もされず、二人ともバイクで署までついて行き、そこからが調書だの何だのと長い長い…
お巡りさんによると、「野荒らし」というカテゴリーに相当するんだそうな。
各自30本程度のワラビとノビルで、家族構成から学歴職歴まで洗いざらい。
突き詰めりゃ自分のせいなのだが、楽しく過ごすはずの半日が台無しでございました。
お巡りさんも「普通ここまで(署に同行&事情聴取)やらないんですけどね…地主さんがああ言うもので、私たちもそう言われてしまうと…まあ不運といえば不運ですね」と同情気味の丁寧な対応で、こちらもこの程度の話で手間取らせちゃって申し訳ない気分。

結局「注意指導処分」てな感じで、他は特にお咎めナシで放免されたのだが、最後に身元引受人として双方の嫁さんが署に呼び出された。
今考えりゃこれが一番の懲罰だったかもしれない…(笑)
小学校の頃に悪さして、親が呼び出された時のあの恥ずかしい感覚…それだ!
しかもいい歳こいたオッサン二人が(笑)

それでも写真は撮られるし指紋も掌紋も全部取られるし、非常に不快な気分を満喫してきた。
今回の件については、ゴメン…たとえ叩かれても正直に言うけど、不運としか言いようがない。
逆に言えば誰にでも起こりうる最悪のケース。あまり勝手知らぬ場所には足を踏み入れないほうがいいかもしれませんな。それがよくあるフツーの土手だとしても。

P5082145
●●署 取調室 激写。 壁にマジックミラーあり。スタンドライトなし。
山さんとかカツ丼は登場せず。

| | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

新しい林道の調査

GWといえど、特に予定はない。
カレンダー通りの休みであるが、せっかくの連休だから「あそこへ行こうか?」と思いついたときにはもう遅い。
そこへ行ったとしても、普段では起こり得ない渋滞や行列が待ち構えているに決まっている。
結局「やっぱ普段の週末に行ったほうがいいか」という話になり、やがてはその「普段の週末」さえも何もなく終わることが多いのだ。
我がガサガサ隊の亀将軍も、連休前には「潮干狩りに行く!」と息巻いていたが、ニュース映像で狂気じみた人出を見たとたんに取りやめてしまった。それで正解だと思う。
人は皆、どうも連休となると地に足が着かなくなりがちだが、特に大きな目標がない限り下手に動くのは苦労を買って出るようなもの。
時間も交通費も浪費してまで経済効果を促進するのは、お金のある人たちに任せよう。

かと言って家でゴロゴロも苦痛なので、今日は新しく造成中の林道を見てくることにした。

P5012110
奥の奥。立て看板を無視して進入…

今日は土曜日だし、工事人がいるかもしれない。
看板を無視して進入するという反道徳的な行為をWebに上げるのもどうかと思うが、先が見たいという衝動には勝てなかった。
もし注意されたときは「ゴメンナサイ」で済ますつもりだが、まあ実際はそこまで厳しくはない。かと言って推奨するわけではなく、進入すれば後ろめたい気持ちが引っかかる。

P5012097
道の左右をキョロキョロしながら進む…次の瞬間、

P5012096
コケた…

まだ砂利が浮ついている状態で、新しいゆえに道が「こなれてない」のだ。
一瞬で前輪を取られて、せっかく治った右足ふくらはぎを再び痛めてしまった。
そして左足は打撲。いたたたたた~!
前輪の空気を少し抜いておけばよかったか。

P5012099
気を取り直して前進

P5012101
金時山とその右にうっすらと富士山(わかるかな?)

P5012107
タラノキはまばら

タラノキはあるにはあるが、ほとんど採られている。
こんな山奥に徒歩で来る奴もいるまいし、これは工事人が採っていると判断した。
さすがに勝てないよ…
てゆーか多分ここまで来ることもないだろうけど。

P5012104
植物相に違いあり

手元の高度計を見ると、標高は900m近い。
ここまで上がるとさすがに植物相が違ってきて、逆に不毛な印象を受ける。
普段杉林の林縁とかに慣れすぎ(笑)

P5012105
工事中…ここで行き止まり

この先でチェーンソーの音が響いていた。
伐採してから道を建設するという段取りなのだろう。
しかし何のためにこんな奥まで林道が必要なのだろうか?

P5012106
しゃ~ない。帰るか…

P5012109
開けた場所で一休み。向こうの山々は丹沢。

今日は単純な偵察任務だったので、もちろん収穫はなし。
途中いくつか採取できるタラの芽に遭遇したが、もう今シーズンは充分すぎるほど採ったので、すべてスルーをかましてきた。

ポイント的には、今ひとつつぶしの利かない場所であった。
今後どこまで道が延びるのか、それだけは興味深い。また来年来よう。

| | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »