« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月29日 (火)

ミミズは大きくなったかな?

すでにウナギ釣りはシーズンイン。しかし精神的に去年の痛手が尾を引いているので、今ひとつ乗り気になれずにいる。
さらに追い打ちをかけるのが、シラスウナギ遡上の減少。
もちろん今年の釣果には関係ないが、後々のことを考えると、やはり気になる情報だ。

今シーズンは今のところ、「その気になれば毎日でも行けるから、アセるこた~ね~や」などと余裕こいてたりして。
もっとも、一人夜の河原を藪こぎして入る心細さも手伝ってるのだが・・・(・ω・;)

昨晩は仕掛け作り等の準備をし、今日はドバミミズの成長具合を見てきた。
場所によっては太い個体も見られたが、まだ細い個体が多く、効率よくエサを確保するには不向きな状況といえる。
私の場合、用意するドバミミズの量は25本と決めている。
3本竿で18時半~21時まで、エサ取りの被害分も考慮し、場合によっては30分ほど延長も可能な量である。
ポイントに通い慣れたら、実際に使うエサの量をカウントしておくといい。
そうすることで余計な時間を費やすこともなくなり、ドバの資源も有効利用できる。

今は頑張れば満足のいくサイズを揃えることもできるが、時合いに遅れてはいけないので、少々時間との戦いになるだろう。
いいエサがコンスタントに捕れるのは来月あたりだろうか。

Image2061
途中キクラゲを発見。酢の物に和えて食った。

| | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

虫除けパワ~ア~ップ!

TVCMで「どこでもベープGO!未来」なる商品を知った。
普段その喧しさゆえ、ほとんど地上波民放を見ないのだが、新製品の広報に地上波のCMが役立つときもあるもんだと、虫除けマニアとして(誰がやねん)ちょっと考えさせられた。(笑)
そして今日、「効き目5倍!」の謳い文句に誘われて買ってみた。近所のドラッグストアーで980円。

P6232234
ネーミングセンスが・・・(;´Д`)

CMイメージキャラはTOKIO(かな?)。かなり未来的な背景のCMだったが・・・未来?どこが?wかなり無骨な外見。デザイン性は皆無に等しい。もうちょっと考えようよ!ww
外見はともかく、これで5倍の威力があるなら妥協する。去年は「どこでもベープNo.1 NEO」を使い、森の中で2箇所刺された。さらにブヨやアブへの効果はイマイチだったから、今年はぜひコイツらを撃退したいものだ。

P6232237
無骨?平凡?機能的?

単三電池2本で480時間駆動という、驚異的なランタイム。私の使い方だと、間違いなく来年の分までイケますな。
スイッチを入れると、No.1 NEOとは違ってはっきりと風を感じる。これで5倍のバリアを張るというわけか。なかなか頼もしい風量だ。

P6232244
No.1 NEOとの大きさ比較。かなりデカイ。

重さは電池&ストラップ込みで「No.1 NEO」が64g、「GO!未来」が127g。ほぼ倍だ。
腰に下げてみると、その重さゆえに揺れが激しいのが気になる。「No.1 NEO」は装着しているのを忘れてしまうほどなので、この差はさすがに大きい。
ともあれ虫除けスプレーよりはるかに快適だし、使い勝手がいいのは確か。どうしても性能が大きさに比例するというなら、この大きさ・重さまでなら何とか付き合っていけそうだ。今後は薄型設計の新商品を開発してほしい。

| | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

シオデサンクチュアリへGo!

P6192222

そろそろシオデも時期だろうと、亀将軍と二人でシオデの濃い県北西部山地エリアに遠征してきた。・・・と言っても比較的近い場所だが。

ポイントは上の写真のような林縁や土手、あるいは腰の高さまで草のある草原。
要するにそこそこ日当たりが良ければどこにでも生えている可能性があるが、山の植物なので山地以外で見たことはない。

P6192227
時期となればこのようにニョッキリと顔を出すので、見つけやすくなる。

ところでこの植物、なぜ初夏に芽吹くのかが不思議だったのだが、今年になってふと気が付いた。

春に芽吹いても、周りにつかまるものがないから。

ではないだろうかと。
なぜこんな単純なことに気付かなかったのだろう(^^;)
周りの植物がある程度成長したところを見計らって生えてくるのではないだろうか。
蔓植物なので、日光の争奪戦はあとでどうにでもなるし、むしろ周囲が繁茂しているほうが高さを稼げる。遅れた分は成長速度でカバーするというわけ。
もしそうだとすれば、自然の摂理の何とAmazingなことだろうか。

P6192224
これらはすべてタチシオデ。

P6192221
普通のシオデより太く、アスパラっぽい形なので、食欲がそそられる。

P6192223
「サンクチュアリ」では、このように乱立状態。普通はあまりお目にかかれない光景。

P6192229
茶畑脇の草むらでトロフィーサイズ。日当たり満点の開けた場所だと、まるで別の植物のように太くなる。

途中、横浜からワラビ採りに来たという年配男女集団と雑談。山の中って寂しいから、こちらもつい人恋しくなって長話してしまう。同じ趣味を持つ者同士というのもその理由である。ずいぶんと細いワラビを採っていたようだが、もうちょっと探せば立派なものが採れるのに。シオデは名前だけ知っていたようで、実物を教えるとしきりに感心していた。サンクチュアリの場所は教えなかったが、いい人たちだった。東京や横浜あたりの都会のご婦人(年配者に限る)は、話し方や人当たりがとても上品で、古き良き時代の日本を感じさせてくれる。特に女性は、いわゆる女言葉がとても美しい。

P6192230
採りも採ったり本日の収穫。(左上:私 右&ワラビ:亀将軍)近隣にお裾分けした。  

| | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

508Aちょっとだけメンテ

自宅庭で隣人とBBQしていた時のこと。
夜も更けて肌寒くなり、隣人が手元にあった缶コーヒーをホットにしようと、コールマンのストーブ(ガス)を自慢げに取り出して湯煎を始めた。いわゆるちょっとしたキャンプ気分だ。
「男ならガソリンストーブだぜ」とばかりにつまらぬ対抗意識が燃え(笑)、こちらは同じくコールマンの508Aを出してみたが、ポンピングがスカスカで上手くいかない。結局はいくらか空気が入って事なきを得たが、カップの潤滑油が不足しているようなので翌日買いに行った。

P6142212

P6142216

キャンプ用品は一通り持っているが、普段ほとんどやらない。しかしシングルバーナーとコッフェルだけは車内に常駐させ、釣り場で湯沸かしに使っている。
寒い時期は、たとえカップラーメンやレトルト食品でも、温かいものを現場で食べられることはありがたいからだ。

しかしまあ、コールマン純正の「リュブリカント」、これ680円もした。
ひょっとしたらシリコンオイルでも代用できるんじゃないかと考えたが、もともと入っているオイルと混合させるのも気になるのでやめといた。ちなみにもしバーナー本体をバラすなら、専用の工具が必要になる。これも結構な値段で売っていて、いろいろと足元を見る企業だなぁと思わざるを得ない。
なんか釈然としないが、とりあえず注入してみることに。

P6142211

説明を見ると、「給油口にノズルを突っ込んで2~3滴」だそうだが、思わずツッコミたくなる。
「穴に突っ込んだら、2~3滴とか見えんやろがwww」

穴から入れずにユニットごと引き抜いちゃえば問題ないけどね。
とりあえず注油によってポンピング性能は完全復活した。

P6142218
「スーパーポンピング」も衝動買い(普段使わないのにw)

ツーバーナー用にと「スーパーポンピング」(ポンピングのアシストノブ)も買ったが、1690円もした。一応日本製だが、こんな小物なのに阿漕だぜ。
もともとストーブのメーカーのくせに、ブランド意識があるのか様々な商品が割高なコールマン。2年ほど前(だったか?)、長引く原油高にかこつけて各商品の一斉大幅値上げを強行したのは記憶に新しい。しかしこちらも安物は買いたくないので、ついついコールマン製品を買ってしまうことになりがち。
特にガソリンストーブは事実上コールマン一択というのがちょっとくやしい。確かに歴史もあって堅牢なのだが、ポンピングノブと火力調節は相対的に使いにくい配置のまま。
味や趣も結構だが、ここらで国内メーカーあたりが「新世紀のガソリンストーブ」を出してくれないものかねぇ・・・しかもカッチョイイやつを。

| | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

なかなか出てこないシオデ

あれから2週間経過。
そろそろシオデ(タチシオデ)もいい感じに伸びているだろうと思い、まずは指標となるポイントへ出向いてみると・・・ありゃりゃ!すっかり下草刈りされているではないか!(;´Д`)これじゃあもうわからない。

仕方ないのでちょっと足を伸ばし、群生というほどでもないが一昨年ポツポツ収穫のあった林縁を確認してみた。

P6062193

ところが探せども一向に見当たらない。まさか淘汰されてしまったのか??
いやいや蔓植物だし、そう簡単に下草や日当たりに左右されることもないはず。ではいったいどこに?
そういえば小場所だけど、日当たり抜群のポイントがあったのを思い出した。もしそこになければまだ時期が早いと判断できる。行ってみよう!

P6062202
道路脇の小場所だが、毎年タチシオデが出る。日当たりは完璧。

P6062197
あった!

あった。ありました。まだこんな感じで出てきたばっか。そりゃ見つからんわけだわ。
4月の冷え込みが影響しているのだろうか?

P6062198

まあ中にはこの程度まで伸びたものもあるけど、先発組がこの程度ではまだまだ早いと判断すべき。ただでさえ群生しないのに、このレベルを摘み歩いて数集めるなんて至難の業!
一応予測としては、あと1週間・・・いや2週間先のあたりがいいかも。そんなわけで今日はさっさと退散しよう。

P6062203
本日の収穫、たったこれだけ。(一番下は普通のシオデ)

おとなしく帰宅しようと思ったが、どっこい近所の新しく出来た公園の周辺で、夕方までタラの木探しに興じてしまった。
もちろん収穫するには遅すぎるが、来年への布石。かなりの数のタラの木を見つけることが出来た。
やはり新規に造成した場所のポテンシャルは目を見張るものがある。

| | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »