« 中指負傷 | トップページ | 二人で釣行 »

2010年7月 8日 (木)

指が痛くても釣行だ!

8針も縫って、おとなしくしてりゃいいものを・・・

てやんでい!もう我慢ならねぇ!戦車が怖くて赤いきつねが食えるかっ!

仕事が終わってドバ20本確保。
ちょっと少なめの理由は、テナガエビを現地調達するからである。
今日は3本のうち1本をテナガプレイしてみようと思う。

ポイントまでの藪こぎ最中、いつものおじさんがいた。
「こんちわ~」
・・・・・・・・・・・・・(少々耳が遠い)
「こんちわ~~!!」
「おお、こんちわ」
まったく、毎度毎度8時だよ全員集合じゃないんだから。
推定年齢78歳のこのおじさん、アユのドブ釣り専門なんだけど、いつも言うことが調子いい。
「今日はアユが多いから(ウナギ)釣れるよ」とか、「ああ、あそこはいいポイントだよ」などと、私が釣り座に入る前に景気づけてくれる。
ありがたいんだけど、どうも古き良き時代の、ウナギなんぞバシバシ釣れた記憶でものを言っているきらいがある。
そりゃ私がヘタなのかもしれないけど、一生懸命通っても釣れるときは一日良型一本が普通なんだよこの川は。
次回はこっそり写真撮ってupしてやるか。

おじさんは結構話し好きだけど、ここで引っ掛かってる場合じゃない。適当に切り上げて釣り座に到着。そして第一投。
いきなり竿がひったくられる。たのむからウナギであってくれ!

・・・やっぱりナマズだった。

このあと立て続けにナマズが3匹。それに50cmぐらいのコイ。
ナマズはともかく、コイは本当に気持ち悪い。アホな自治体が放流した害魚なので、岸に放り上げて殺処分しようと思ったが、糸が切れてしまった。残念。

P7082275

家の生け簀には前々回釣ったウナギが1匹。なんとしてもこれに追加して、さっさと食わないと身痩せしてしまう。
ストレス発散の意味合いもあって来ているのに、そんなプレッシャーがのしかかるとは何たる矛盾だろうか。
そろそろ長男が言い出すだろう言葉「パパぁ~、そろそろウナギ食べたいよう」
「ああ、ちょっと待て。1匹だけじゃつらいだろ?だからもうちょっとストックが増えてからな」
待ってろよ。今年はバンバン釣ってたらふく食わせてやるから。パパ頑張るから。一生懸命ミミズも掘るから。

そして19時40分、待望のウナギ。

P7082274
ちょっと可愛いポーズ

目測60up。やった。

しばらくしてテナガエサの竿にもアタリが来た。
しかし乗ったと思ったらすっぽ抜け。ジーーーザス!!これは悔しい!
おそらく完全に呑み込むまでテナガエビと苦闘している最中だったのだろう。
もうちょっと待てば良かったのだが、アタリは完全にフッキングした様子を示したのだからしょうがない。
ひっっっじょうーーーーに悔しいけど、次回はもっと気長に。気長に待とう。

このあとは小さめのナマズが2匹釣れたのみで、21時を迎えたので納竿。
釣れるとわかると欲が出てくるもので、願わくば70up。さらに興奮の80upに期待がかかる。
うむ、だんだん楽しくなってきたぞ。この調子でいきたいものだ。たのむ。いかせてくれ。

P7082285
61cm 384gでした。

|

« 中指負傷 | トップページ | 二人で釣行 »

魚類」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/48829880

この記事へのトラックバック一覧です: 指が痛くても釣行だ!:

« 中指負傷 | トップページ | 二人で釣行 »