« リール買って釣行 | トップページ | 何となく迷走中 »

2010年7月27日 (火)

河口は静かで退屈

今日は河口のポイントへ釣行。
ドバは10本ほど用意。これをスタートアップアイテムとし、完全に日が落ちてからテナガエビと並行して投入したが、結論から言ってしまえば、今日は外道もナシの丸坊主という結果に終わった。特に落胆はしていない。

とにかく河口だから、中流域に比べて外道アタリの頻度も格段に下がる。ゆえに丸坊主も納得だけど、そもそも今日はどのポイントに入るか大いに迷ってしまった。
玉石エリア、合流点、河口・・・どれも可能性があるし、実績もある。基本的にどこでも釣れる魚だから、こういうときは実にやりづらいものがある。

事後の感想として、やはり河口は静かすぎて退屈だった。
小型のハゼ類なのかモクズガニなのかテナガエビなのか、鈴が時折「チリリ」と鳴る程度の希薄な生命反応。
食うのは外道であれ、やはりもう少し賑やかなほうがいい。それなりに忙しくはなるが、第一に集中力が途切れないのはいいことだ。
中流域でナマズが何匹か来ると、そのうちウナギも来るんじゃないかという変な期待感もある。
あと、引きで魚を「聞き分ける」楽しさってーのもあったりして。

もともと暑いのが苦手で、夏はあまり好きじゃなかった。しかしここ数年、夏がとても短く感じるようになってきた。
ウナギ(出来れば大物)も釣りたいし、潜りもやりたい。涼しい山でクワガタ探しも楽しい。あーそうそう、川で泳ぐのも楽しいね。
蝉の声や草いきれなど、少年の頃の記憶さえもよみがえる夏。
自分はいつ死ぬのか。歳を考えると、あと何回、こうやって楽しめるのかなどと、若干哲学的にさえなってしまう。
こんなこと考えるなんて、まぁこれは歳を取った証拠ですな。

ことウナギ釣りに関しては毎日がチャンス。平日、エサを確保して、なおかつ時合いに間に合うのは9月に入ると難しくなる。
釣れようが釣れまいが、川岸で竿を振ってるだけで満足…そんなんでもいいじゃない。
日が長い7、8月を無駄にしないよう、今は可能な限り釣行したいと思っている。

|

« リール買って釣行 | トップページ | 何となく迷走中 »

魚類」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/48993333

この記事へのトラックバック一覧です: 河口は静かで退屈:

« リール買って釣行 | トップページ | 何となく迷走中 »