« 二人で釣行 | トップページ | ささ、竿があぁぁぁぁぁぁ!! »

2010年7月20日 (火)

相変わらずの決定力不足

えーっと、前回の釣行から10日も開いてしまったわけか・・・

実は前回のハカセとの釣行後、おたふく風邪に感染し、さらに睾丸炎に苦しんでおりました。
どうも次男から感染した疑いが強い。
高熱とタマの痛み。特にタマは腫れ上がって、痛くてまともに歩けないほどになってしまい、会社を丸々一週間休んでしまった。
これは一週間じゃ治らんのでは??と思うほどの症状だったが、抗生物質の点滴を2回受けたのが功を奏し、月曜日から出勤できるほどに回復した。
タマが死ぬかと思った。いやひょっとしたらもう生殖機能は死んでいるかも。(・ω・;)
おたふく風邪は小学校の時に済ませたんだけどねぇ。

そんなわけで今日は久々の釣行。
それにしても暑い!暑いよ!
暑くて長距離の藪こぎが面倒臭くなり、今日は藪こぎの必要がない河口のポイントに入った。
エサもドバ掘りが面倒臭いので、テナガエビの現地調達。
テナガエサオンリーの欠点は、少し暗くなってテナガエビが出てくるまで、釣りが出来ないこと。本来ならスタートアップアイテムとして、ドバを数匹用意するのがベストなんですがね。

汗だくになってテナガを掬い、釣り開始は19時半。やっぱこんな時間になっちゃうか。
第一投。一匹だけ大物テナガを掬ってしまったので、ポッキリ折って尻尾だけにして投入し、あとは通常のエサ付け。
いきなり尻尾エサにアタリがあり、竿を立てると確かな手応えが。
これは期待できる!・・・と思った次の瞬間、またもや、またもやの高切れ!!!!

ゴルァァァーーーーーーーー!!!!

何が悪いんだ?PEが寿命なのか?
普段根掛かりして、引っ張ろうがあおろうが絶対に切れないPEが、何故こんなにいとも簡単に切れるのだ?
怒りの矛先を向けようにも、どこに向けていいかわからない。
その不条理さで、さらに腹が立つ。どうすりゃいいんだ。

現在の号数は1号。細いからと言ってこれをむやみに上げてしまうと、今度は流されやすくなる。
私の感覚で言わせてもらうと、むしろ号数を上げたところで、高切れが減るとは思えない。
PEとは、そういうもの。切れるときは呆気なく切れる不思議なヤツなのだ。
出費はかさむが、とりあえず1.2号まで上げて(おまじない的要素が大きい)、すべて新品に巻き替えようか。泣けるわ。

この後、サッカー風に言うと「決定的チャンス」がないまま終わってしまった。
一発目のアタリ、あれはおそらくウナギ。なぜなら河口なのでナマズはいないしコイも少ないから。

くやしい・・・くやしい・・・くやしい・・・

|

« 二人で釣行 | トップページ | ささ、竿があぁぁぁぁぁぁ!! »

魚類」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/48928681

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずの決定力不足:

« 二人で釣行 | トップページ | ささ、竿があぁぁぁぁぁぁ!! »