« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月30日 (月)

エクストレイル20GT(AT)その2

昼間、ETCの移設を完了。
今日はエクストレイル20GT(AT)の素人インプレを・・・

M9Rエンジン
結論から言うと、ディーゼルなのにガソリン車と変わらない静粛性というのは、さすがに大げさ。
車外から聞くアイドリングは、ディーゼル特有の「カラカラ」音がするものの、昔のディーゼルと比較すれば驚くほど角が取れたマイルドな音質になっていて、これなら隣家の迷惑にならないのではと思うほどである。その進化のほどは素晴らしい。
車内に移ると、かすかにカラカラ音が聞こえる程度。走り出すと、「ゴロロロロロロ~」という感じの、ガソリンとは明らかに異質な音で(当たり前だが)、静粛性はガソリン車の20Xにはるかに及ばない。が、これも覚悟の上なので目をつむれるし、慣れの問題もある。しかしさすがに「ガソリン車並み」は言い過ぎだと思った。

街乗りと高速道路
街乗りでは出足がもたついて扱いにくい。
走り出してしまえばこっちのものだが、それまでの特に2速あたりでストレスを感じる。
嫁さんも「この車は重く感じる」と言う。確かにストップ&ゴーを繰り返す住宅街の路地などは、正直言って止まるたびに気分が沈む。
反面、高速道路は得意。2000~2500回転のトルクバンドに乗せて、ぐんぐん加速する感じが気持ちよく、昔ミストラルでヒーヒー言いながら追い越ししていたのがウソのよう。この車なら追い越し車線の住人で居続けることができる。ただし速度計は4km/hほどハッピー仕様になっている。(GPS計測比)

峠道
走り屋じゃないので細かいところまで分析できないが、セレナからの乗り換えなので、そりゃもう革命的。少々オーバースピードでも思った通りのラインをトレースできるのは、セレナでは不可能な芸当。ミニバンの平らなシートと違い、体を左右に振られることもないのでハンドリングに集中できる。つくづくSUVに乗り換えてよかったと思った。
上り坂に差しかかっても2Lクラスのミニバンやコンパクトカーのような息切れ感はなく、登坂前の速度をキープするのが楽。下り坂のエンブレはマニュアルモードを使うが、シフトダウンの反応がワンテンポ遅れていまひとつ。また+-が上下逆のほうが感覚にマッチするので、今のままでは慣れが必要。
やはり峠道はMTがいいと思った。ATは車の状態を把握するのが難しい。

乗り心地
かなり重厚感がある。ミドルクラスSUVとは思えないどっしりした感じで、高級感があるとも言える。タイヤが大きいとこうも違うのかと感じたが、裏を返せば軽快感がない。シートの座り心地は車歴の中で最高だが、座面角度の調整がないので、高さを上げると太ももの裏が座面前方のエッジに干渉してペダルが踏みづらい。

P1000100
タイヤはエルグランドと同一サイズの225/55R18

室内
前席は適度な圧迫感がありスポーティーな印象。そのかわり手荷物を一時的に置く場所はない。覚悟の上なので仕方ないが、やはり不便だ。
後席の足元は狭い。前席を十分に余裕の出るところまでスライドさせてしまうと、後席から苦情が出るかも。オートバックスでガサ仕様のフロアマットを買ったが、なんと後席用は軽自動車用がほぼドンピシャ。ちょうどピッタリの商品が見つかって嬉しいのだが、後席フットスペースが軽自動車並みというのはちょっと屈辱的かも(^^;)
とはいえ、一応大人四人が長距離移動できる広さはある。ほぼプリウス並ではあるが、こちらは頭上スペースがある分マシだと思う。

P1000102

燃費
高速道路ではメーター読みで17~18km/Lぐらい。一方、道が狭く信号だらけ、ヘタクソドライバーうじゃうじゃでノロノロ走りを余儀なくされる私の地元では9~10km/L。
燃費計は少々ハッピーメーターなので、満タン法だと高速16km/L、街乗り8km/L程度となった。ただし同じ街乗りでも、交通量と信号の少ない地方の幹線道路などでは、おそらくかなりいい数値が期待できる。

総評
遠出に向いた車だと思う。とにかく走り出してしまえば、あとは気持ちいい。
燃料代など気にせず、アベレージスピードが高めな道をロングドライブするのに適している。もちろん高速道路も。そういう意味で「GT」の名は伊達じゃない。
そしてディーゼルエンジンで走るという楽しさ。私のようにエンジンをうるさく回して走るのが嫌いな向きにはちょうどいい。購入前に20Xにも試乗したが、こちらはガソリン+CVTのおなじみのフィールで、街乗りの扱いは軽快だったが今ひとつ味がない気がした。ディーゼルは音が気になるが、これも味のうち。「遅い・うるさい・きたない」を根底から覆す痛快さもいい。
「価格差を償却するには8万㎞乗る必要がある」などとセコいこと言っている記事を目にするが、それはナンセンス。ほとんどの人は純粋にクリーンディーゼルに乗りたくて買っているはずだ。
グレードは、都会暮らしならガソリンAT、私のような中途半端な田舎は20GTAT、さらに田舎なら20GTMTがいいと思う。

おまけ
Dオプションのカーナビ「HC510D-A」のTV受信性能に驚愕。
4チューナー×4アンテナ搭載で、言わば贅沢なダイバーシティー機能のようだが、絶対に受信不可能と思われた自宅車庫でも、途切れずにワンセグを受信できたのには驚いた。(友人の309シリーズでは不可能でした)
自宅を出ると、山間部を除いてほとんど途切れることはナシ。12セグで受信可能なら自動切り替えで段違いの画質に切り替わる。地上波TVなんてあまり見ないが、これはさすがに感動モノでした。

以下、色合いの参考として画像をupしておきます。
私自身、ブレードシルバーのイメージが湧かなくて、いろいろと画像検索したのですが参考になるものが少なかったことで苦労しました。というわけで色でお悩みの方のお役に立てたらいいなと思います。撮影時の天候は、少し薄雲のかかった晴れです。(クリックで拡大)

P1000099 P1000096 P1000095 P1000094 P1000097 P1000098

| | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

エクストレイル20GT(AT)

本日納車。
究極の(?)ガサマシーン
エクストレイル20GT(AT)ブレードシルバー

P1000091_4
まずはまだピットにある状態で記念撮影

エコカー補助金の締め切りに間に合わせるため、実車も見ずにこの色で発注。
やや地味な色なのではと心配したが、実際に見るとなかなかクールな印象で一安心した。
今日は実家に用があったので、受け取ったその足で藤沢までドライブと相成った。

P1000092_2
実家の前で撮影

往路は小田原厚木道路~一般道
復路は新湘南バイパス~西湘バイパスを走ってみた。
ディーゼル車はR20型ミストラル以来となるが、帰着が深夜なのでインプレはまた次の機会に。


海産物・・・NooooLimit!!

山菜・・・NooooLimit!!

クワガタ・・・NooooLimit!!

だといいな(笑) 

   

| | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

再びハコフグを食う

ハコフグ6匹ゲーーーーット!

事情を知らない他人が見れば、なんと酔狂なと思うだろう。
コイツをぶら下げて浜に上がるときは、実際のところちょっと恥ずかしい。
しかし私には使命がある。
ハコフグって、本当に、ほんっとーーに美味いのだろうか?
前回、その答えは味付けの失敗により明確にされなかった。
今回こそ結論が明らかになる。同行した亀将軍に笑われながらも、6匹をさっそく調理してみた。

P1000056
やはりスゴイ肝の量だ。

P1000057
肉はほとんど背中側についている。

P1000059
前回の失敗から、今回は混ぜる味噌を少なめにした。

ふと亀将軍の嘲笑するような視線が気になる。
忘れてた。この人、カニミソとか肝とか嫌いなんだった。
私にはどう見ても宝箱にしか見えないのだが、まあわからんだろうな。
もし彼がこの味の虜になったら、海域からハコフグが根こそぎいなくなるはずだ。
それほどまでに彼の嗅覚と索敵能力は、人並み外れているのだ。

P1000060
小ぶりなヤツはグリルで焼いてみた。

P1000061
さあ出来上がりだ。加熱すると脂が落ちて、肝というよりカニミソっぽい感じになる。

P1000063
ほぐした身と和えて食べる。

二度目のハコフグ料理。前回の教訓を生かして味を調整したので、今度は自信ありだが、はたして結果は・・・


ウマい!ウマすぎる!!!

と言いたいところだが(またか!)、今ひとつ両手を挙げて喜べない。
まず肝の風味に個体差があり、美味いものは美味いが少し苦みが気になるものもある。
次に、肝の味は良いがあくまでも最高ランクではないということ。
カワハギと比較するのは酷だろうが、サバフグの肝にも及ばない。所詮は漁師料理ということなのだろうか。シーズンに2回食えば満足しちゃいそうな味かもしれない。

結論:万人向けではない通好みの味…ということで。

P1000055
ちなみにタコはタコ飯にすることにした。

P1000064
美味い。弾力のある食感がたまらない。王道すぎて嫁さんウケ№1。悔しいです。
遠慮しないでハコフグも食え。

| | トラックバック (0)

魚突き二回目

朝から快晴。
そろそろクラゲも出現するので、今週末が最後の潜りになるだろう。
今回は亀将軍のオススメで、大小の岩が点在する小磯に潜ってみた。
ところでウナギ釣りはどうした?(笑)

P1000049
沖合は水深25mほどあるらしいが、さすがに・・・

9時開始。ご覧のような場所なので、エントリーが少々難しかった。
亀将軍の話では非常に魚影が濃いとのことで、こりゃまさに銛でガサするには絶好のポイントではないか。ところがいざ潜ってみると、いるのはメジナばかりで、おまけに今日は透明度が低い。ムラソイカサゴ突き放題を期待していたのだが(期待しすぎだっつーの)、どうも去年と状況が変わってしまったらしい。
そんな中、幸運にもマダコとカワハギを仕留めることができたが、あとがまったく続かないため、ここを諦めて前回の(いつもの)ポイントへさっさと移動した。

ポイント移動してから成果は好転し、ほっと胸をなで下ろす。
ここも透明度が低かったが、目当てのハコフグとカサゴも、一度の出漁であっさりと満足できる数に達した。
亀将軍もタコ捕獲を達成し、13時頃に撤収。男二人での行動は実に身軽なのである。
今日は水温が高く、おかげで疲れ知らずだった。

P1000051
500円の銛と良型カサゴ4 肝目当てのハコフグ6(カワハギは最初のポイント)

それにしても、今年はアイゴの数が異常に多い。
アイゴはどちらかというと南方系の魚なので、これも地球温暖化云々ということになるのだろうか。
自分にとっては南方系の魚が増えるのは魅力的(アイゴは除く)なのだが、少々複雑な気分だ。

| | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

しょうがないからデジカメ買った

今さっき、オリンパスμ1030SWを修理に出してきた。

「浸水が認められた場合、修理は実費になります」だって。
「ふざけんなよ?たった2回の潜水で、しかもせいぜい5mほどなのに壊れやがって。メーカーの注意通りに使って壊れたのに、そりゃどーゆーこったオイ」
とでも言いたいところだが、カメラ屋の店員にあたってもしょうがない。このあたりはネット上でも同意見多数のようだ。
そんなことよりMade in Japanの信頼性が、とっくに失墜していることのほうが問題なのである。すべての工業製品において。

な~んてこのカメラの底面を見ると、Made in Chinaだったりする現実・・・
コスト低減と産業の空洞化と雇用の減少による悪循環。そりゃ目に見えて景気も落ち込むわ。

Img_1108
元気な頃のμ1030SW。真央ちゃんも泣いてるぜ

今回の故障で、この手のデジカメは2台常備しておくのが吉と悟った。
なにしろいつ潜水で一撃死するかわからない。特にブログ開設している自分にとって、デジカメの有無は死活問題。
どうせ修理に時間掛かるだろうし、これを教訓に一台新調することにした。それが…これだ(ワンツースリー)

Image220
パナソニック LUMIX DMC-FT2 (今度は日本製)

Amazonで購入。
事前に某電気屋さんでいじり倒して悩んだのが、これとμTough8010。
μTough8010は開口部が一箇所になって、防水対策(ロック機構)もかなりしっかりしている。ところがデモ機を触って驚いたのが起動速度。その遅さたるやほぼビデオカメラ並み。今どきありえないほどの見事な失敗作だった。確かにタフかもしれないけれど・・・
一方のLUMIX、家電屋のカメラと浜崎あゆみのCM(当時)が気にくわなくて、なんとなくイヤだと思っていたが、現時点で10m防水はこの二機種だけ。否応なく選んだのだが、いじってみるとかなり直感的で使いやすい。
特にマクロモード。μ1030SWではその都度マクロモードにする煩わしさがあったが、これはオートのままでも距離によって勝手にマクロ撮影へ移行する。マクロ撮影を多用する私にとって、これは非常にありがたい。
暗闇ではLEDが自動点灯してフォーカスを決めるのもいい。この機能は間違いなく夜釣りで重宝する。もちろんLIMIXが特別に秀でているわけではなく、単にμ1030SWの機能が不足していただけなのだが。

その他の細かいことまで書くと、ダラダラとひどい長文になるからやめとく。(笑)
とりあえずガサライフが快適になればそれでよし。あとは防水性能ですな・・・

| | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

憧れのハコフグを食う

銛でハコフグを突いてきた目的はただ一つ。
それは「食うため」だ。

P8152365

ネット上やたまに料理本でもみかけるハコフグ料理。なんでも肝がたくさん入っていて、それを魚ごと焼いてしまう豪快さに憧れていた。
しかしハコフグの入手は非常に困難。漁港内でもよく見かけるが、これを釣ろうにも網で掬おうにもなかなかうまくいかない。私はやったことはないが、もしギャング針で引っ掛けようにも、この堅牢な装甲では針掛かりしないんじゃないだろうか。
そんなハコフグでも、銛で突けば比較的簡単に入手できることがわかった。夏季限定でそれなりに労力も費やすが。

P8152366
肛門からハサミを入れると、あっけないほど簡単に切開できる。
少し臭いので不安になるが、腸を取り除けばほぼ解決。

P8152367
これが噂の肝。この「キモウエイトレシオ」は半端じゃない!

P8152368
軽くたたいた肝に、味噌とネギを混ぜ合わせる。

P8152370
腹に戻して完了。あとは焼くばかり。
この魚の加工性は最高ランクに位置すると思う。

Image213
七輪なんてウナギにも使わないくせに、今回は特別とばかりに出す。
未知数の調理にはとりあえず炭火が無難か。

Image215_2
肝からしみ出す脂で、炎と煙が立ち上る。
魚そのものを器として加熱するのは、野趣溢れる新鮮な印象。

Image216_2
すすで見栄えはよくないが、一応火が通った。

さてさて期待して食べてみると・・・

ウマい!ウマすぎる!!!

と言いたいところだが味噌の入れすぎで塩辛い。これは失敗!
ようやく到来したチャンスに失策し、悔しさが残る。
小さい方の味付けは若干まともだったので、こちらのほうは美味。だがそれでも味噌の割合が多い。
身のほうはというと、尻尾から胴にかけて意外と付いている。カワハギなどと同じフグ系の白身で、弾力があって味もいい。酒好きな人には最高じゃないだろうか。

味付けで失敗したのは本当に悔しい。でもまあ、話のネタとしてはなかなかいい経験をした。なにより一般人が味わえない海の幸を食べるという、ある種の優越感を感じさせてくれる魚だった。それに加えて下ごしらえが非常に簡単。ハコフグは素晴らしい食材であった。

| | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

再びデジカメ持って潜ってみたら壊れた

壊れたのは現場ではなく帰宅してから。突然液晶が何も映らなくなってしまった。
水深はせいぜい5mほど、時間は連続で20~30分程度だったのだが。
何はともあれ、生前のμ1030SWが遺した画像をご覧頂きたい。ただし自慢するほどのもんじゃーございませんよ。

P8152345
サザエを中央に捉えるはずが、波で流されてしまった図。

P8152346
メジナ幼魚の図。

P8152348
女の子ウケのよさそうな、綺麗な青いお魚の図。

P8152354
「ああ、あの青い魚なら潜ったときによく見るよ」「え!本当?すごーい!」と水族館デートで女の子に自慢げに話せるが、スキューバではなく中学生でも手軽にできる素潜りだと思うと少し虚しくなってしまうシチュエーションによくありがちな魚の図。

P8152358
素潜りには最高の天気だーーーーー!
と思ったら水温低くて寒っ!それでもブログネタの収集は続く。シュノーケルから来る海水の不味さと闘いながら・・・

P8152359
ウミタナゴ(あるいはアオタナゴ)の舞う海域。

そしてなんと今回は、「自称アウトドアマン」らしからぬ初体験をしてきた。
それは銛による魚突き
素潜りの楽しさを初めて知った中学生から現在まで、なぜか貝類ばかり追いかけてしまったため一度もやったことがなかった銛。
今更ながらの体験だがこれは楽しい!楽しいよぉぉぉぉ!

P8152362
獲物自慢その1
モロ初心者向けターゲットのハコフグ。ちょっと待て。誰だ今笑った奴は!
ハコフグ捕獲には理由があるのだぞ。それは次回の記事で・・・
刺さるときのボコン!!という音が、空気の抜けかけたゴムボールを蹴る音にそっくりなのには驚いた。

P8152363
獲物自慢その2
またもやホバリング系のカワハギ
肝が重要なので腹を狙うわけにはいかないぜ。やっぱり夏の肝は痩せているのだろうか?

P8152364
獲物自慢その3
底物じっと系のムラソイ。カサゴ系が何匹か揃えば嬉しいが、今日はほとんどお目にかかれなかった。

「楽しいよぉぉぉ!」などと言っておきながら何だが、やっぱ銛は釣りに比べると残酷な感じ。特にハコフグ。あの癒し系を殺すのは多少抵抗がある。
しかし新境地の開拓で、これまで単調になりがちだった素潜りに再びときめきが戻ってきそうな予感。目指せ濱口優!というより私の世代だと未来少年コナンってとこか。

| | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

デジカメ持って潜ってみた

ゴロタ浜に潜って写真を撮ってみますた。

P8072342_2

使用機種は愛用のオリンパスμ1030SW(10m防水)。
ただしそのままだと白く飛んだ感じで見にくいので、画像加工ソフトでコントラストを上げてます。(クリックで拡大)

P8072332_3
手前の浮遊物にフォーカスされてしまう失敗例

P8072335_2
ホンダワラが着床した岩

P8072334_2
ゴロタ石が累々とする海底 

P8072336_2

P8072339_2
ソラスズメダイと思われる魚

P8072331_2
亀将軍の愛弟子ふーちゃん(小6のガサ娘)

初めてカメラ持って潜ってみたのですが、かなり手探り感覚の撮影で結構ムズいです。
水中では液晶画面の写り具合がよくわかりませんでした。特にフォーカスが定まっているのかどうか判定しづらく、ままよとばかりにシャッターを切っては消去することが多かったです。
マクロ撮影+フラッシュが最も向いている感じですな。

実際はガサに夢中になってしまったので、撮影はそっちのけ。
次回はもうちょっと練習したいと思います。

| | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

三連敗です

今日は合流点に釣行。
ドバ確保も万全。水量は平常値に落ち着き、さあそろそろ結果が出るかと思ったら、ウグイだらけで鈴は鳴りっぱなし。ナマズさえも釣れやしない。
エサの消耗も激しく、今日は20時半に心が折れて退却となった。これで三連敗。

とりあえず今日は何も言葉がないです。
もしこの状況が続くようなら、今年は諦めたほうがいいかも。
だが、まだ!まだだよ!
まだ今年攻めきっていない玉石エリアが残っているじゃないか。

ヤバイ。本当に迷走しているなぁ…

蒲焼き食いたい。

| | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

セミの幼虫捕獲

「セミの幼虫ガサ行くぞ~」
ウチと隣家のガキども…いやお子様たちを集めて、夕方の公園でセミの幼虫捕り。
もちろんお子様たちは二つ返事で大喜び。釣れる釣れる。ポッパーの着水即バイトって感じ。

自宅からちょっと離れた公園まで車に乗せて、ライト片手に19時から開始。
もうすでに木に登り始めている幼虫があちこちに見られ、公園内に子供たちの歓声が響く。
出てきた幼虫はキミたちより年上なんだから、乱暴に扱ってはいけないぞ。

Image210
アブラゼミの幼虫

帰宅してすぐ、観葉植物の幹に登らせる。

P8042310
20時:プリプリの幼虫たち。素揚げで食ったら美味いかも。

P8042313
背中が割れてきた。

P8042314
別の個体を追ってみる。羽化のスピードは意外に早い。

P8042316
この柔らかそうな色、やはり美味そうだ。(まだ言うか

P8042317_4
ここから見もの。腹筋力で上体を起こし、前足で抜け殻に掴まるのだ。子供たちは釘付け。

P8042318
見事に成功。誰に習ったわけでもないのに、たいしたもんだ。

P8042320
22時:アブラゼミ成虫の誕生。

P8042312
一方なかなか羽化が始まらない個体がいた。体色が少し変だが?

P8042322
と思ったら、こりゃアブラゼミじゃないぞ!

P8052326
ミンミンゼミの♂だった!

翌朝、外に放してやるとみんな元気に飛び立っていった。
7日間精一杯ヤりまくっ…いや精一杯生きて、後生に繋げてくれ!

生き物ってすごいなあーーーー!

 

| | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

何となく迷走中

実は先週の土曜日に、合流点へ釣行したのだがブログには記さず。
二日間雨が続いた後なので水量があり流れが速く、いつもの釣りができなかった。
それではというわけではないが、今日は再び河口に釣行した。

しかし河口も芳しくない。テナガエビ付けて放り込んでおけば、最低でも一度ぐらいは本命アタリがあるという常識が覆されつつある。スズキらしき急激な引き込みがあったのみ(バレてしまった)で、ウナギの気配はない。
その年によって好不調があるだろうから、諦めるべきものは諦めなければならないだろう。むしろ一昨年が出来過ぎであったのかもしれない。

さてさて、先週増水した影響も大きいが、やや迷走気味の今日この頃。
ポイント選定も迷走し、エサの確保にしてもドバの採取効率が目に見えて落ちている。かといって新たな鉱脈も発見できず、何となく先行き不安な印象。
仕掛けを投入すれば、まだ枯れ草や流れ藻が流れきっていないせいで、やたら引っ掛かる。
引っ掛かれば抵抗が増すので、オモリごと流されてしまうといった釣りづらい状況が続いている。
それでも「通わなければ釣れない」を信条に、8月いっぱいは頑張ってみる所存だ。
せめてもう一回ぐらい、家族で蒲焼き食いたいわな。

| | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »