« シーズンも中盤! | トップページ | ウドとワラビ »

2011年4月24日 (日)

800m地点のタラの芽

疲れた。実はこの記事書いているのは26日。今回のガサはかなり身体にキた。
自分もまだまだイケると考えてたけど、それほど甘くはなかったね。

さて本題。亀将軍と約束して、24日の昼からタラの芽採りに出掛けた。
おそらく今年最後か、その一つ前かってとこだろう。麻雀で言えばオーラスかラス前。ここまでの点棒は40,000点ぐらいかな。ちなみに去年は60,000点ぐらい(笑)
場所はシーズン終盤に必ず訪れる800m地点だが、今年は他の用事に邪魔されて出遅れた感がある。いくら標高が高いとはいえ、年々人に知られて手垢が付き始めると競争は熾烈になるし、そろそろヤバイのではないか。しかも今回は日曜日昼からの出撃。土日休みの「一般人」に先んずるためには、土曜日早朝出撃が不可欠。事実過去もそうやってきたわけだが、今回はそれより三手ぐらいは遅れた出撃。こりゃちょっときびしいかもな・・・

P1000389
変に期待しないようにして、林道を登る。

P1000390
ポイント到着

予感は的中。もう手の届くタラの芽はすべて摘まれていた。
想定内だから精神的ダメージは少ないが、ここまで来て手ぶらで帰るわけにはいかない。
こうなりゃ法面(のりめん)登っちゃうか!
残された道は、法面とそこに面した林床へ突入して、誰も採らなかった(採れなかった)タラの芽を拾い歩きするしかない。でも・・・すごいイバラ。

P1000392
いざ法面のイバラへ突撃!・・・やっぱこうなりますか。

P1000393
完全防備で藪こぎする亀将軍

BDU(いわゆる迷彩服)で武装した私に対し、亀将軍は使い古したレインウェアの上下。
将軍曰く「棘が引っ掛からないのがイイ!」そうだ。確かにそうは思うが、暑くないの?私には到底無理。
藪こぎは写真で見ると大したことないように見えるが、藪のほとんどがモミジイチゴなどの棘のある植物で構成されており、さらに蔓草が手足の自由を奪うため、実際はかなりキツイ。その上土壌がやや柔らかく、ちょっとした斜面でも足場が不安定になり、バランス取りでまた体力を使ってしまう。
結局切り上げたのが16時。過去最も効率の悪いタラの芽採りになってしまった。

P1000394
私の収穫・・・少ない!

P1000396
亀将軍は頑張りました!

P1000395
レジ袋でこんな感じ

収穫を親戚にあげたら、後でお礼の電話が掛かってきて、大好評のうちに天ぷらは「瞬殺」されてしまったそうだ。
獲物をあげるならリアクションの大きなところに限定したいと常々思っている。さもなくば苦労や価値をわかってくれる人とかね。

|

« シーズンも中盤! | トップページ | ウドとワラビ »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/51504342

この記事へのトラックバック一覧です: 800m地点のタラの芽:

« シーズンも中盤! | トップページ | ウドとワラビ »