« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月16日 (土)

クワガタ捕りに行ってみた

暑いねぇぇーーーーー!!

こうも暑いと、平地でのガサ活動はあまり考えたくない。
標高の高いところでクワガタ捕りでもやってみるか。
最近、次男坊もいよいよ甲虫類に興味を持ち始めて、昨夜も里山でカブトムシとノコギリクワガタを捕ってやったところ、飼育ケースに張り付いて離れない現象が確認された。
うんうん、大和男の子(やまとおのこ)たるもの、かくあるべし!ここはひとつ、パパのカッコイイところを見せてやろうか。

P1000490_r

やっぱり山は涼しい!
本当は次男坊と来たかったが、ちょっとしたアレルギーで急遽診療となってしまった。仕方ないのでパパ単独で身軽にバイク移動となる。
標高の高い場所と言えばミヤマクワガタ!車では行けないシークレットポイント(標高400m)でガサ開始。このポイントは、多分私しか知らない。

P1000498_r

この(感覚的には)無限にある木を、一つ一つ蹴って進む。
もちろん整然と植樹されているわけではないので、どの木を蹴ったか忘れてしまうこともある。おそらく重複して蹴ってしまった木もいくつかあっただろう。

P1000493_r_4
樹液に来ているカップル。オスは小型で捕獲対象外。

P1000495_r_5
プロポーション的にはまずまずの型が落ちてきた。
とりあえずこれほどなら子供に格好が付く。

ミヤマクワガタは樹上生活の割合が多いようで、就餌が終わると地中にもぐったりせず、その木の梢で休んでる場合が多いようだ。そのため夜や早朝でなくても、木を蹴ることによって比較的安易に捕獲できる。と、私は思っている。問題は地面に落ちた直後だ。落下点の特定はもとより、下草がきつい場所では、よほど集中していないと見失ってしまう。これがなかなか難しいのだが、裏を返せばゲーム性があるとも言える。

P1000500_r
こんなに細い木なのに、蹴ってみると・・・

P1000499_r
こんなにたくさん落ちてきた!

付け加えて言うと、良型の個体が樹液にとどまるのは午前11時頃までで、それ以降は小型の個体が多く、ほとんどがメスと同伴している状態で発見される。これは小型のオスが、メス争奪戦をして絶対に勝てない良型が去ったところで、ゆっくりメスと交尾する戦術を取っている可能性が高いと思われる。今日はガサ開始が13時なので、良型を捕獲するには前述した習性に合わせて木を蹴る戦法を繰り返していく。などと悟りきったように書いてみる(笑)しかしクワガタが本当に美しいのは、木から落とされたものではなく、昆虫写真によくあるような樹液に付いている状態であると個人的に思っている。ちなみにお金が一番美しいのは、道に落ちている状態だと思っている。(なんじゃそりゃ)
いやいや、つまり何においても、一番美しく見えるシチュエーションが存在するということが言いたかっただけ。

P1000497_r

途中、大きなシロスジカミキリに出会った。木をかじって産卵し、幹を食べる幼虫が樹液を出してくれるという立役者だが、どうも近年は減っている気がする。私にとってはクワガタよりも大事な昆虫という位置付けにある。

P1000502_r
ようやく納得サイズの迫力あるミヤマが来た!

P1000507_r_3
この状態で持ち歩くと、挟み合って傷付いてしまうので、葉っぱを十枚ほど入れてやると虫が落ち着く。

捕獲した十数匹のうち、キープしたミヤマは6匹。ポリシーに反するが、両隣のご子息が狂喜する顔を想像したら・・・まあ飼育のポイントをしっかりレクチャーしたうえで、今回だけ特別ね。でも正直ちょっと後ろめたい気分。
型の上位2匹のミヤマを我が家の分とし、最上位を私が飼育、次点を次男坊にまかせることにした。

P1000510_r
かっこいい・・・かっこよすぎるぜ。

| | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

川を見てやる気なし夫君

久々の更新。というか近況。

前回のシオデ記事のあと、二の腕を主体に身体の至る所に湿疹ができて、夜も眠れないほどの痒さに悩まされてしまい、会社を休んで病院でに診てもらうことに。これがどうも毒蛾(おそらくチャドクガ)にやられたらしく、今年のシオデ採りは断念した。
去年は何ともなかったのに、シオデの収穫時期がずれ込んで毒蛾の被害が増加する時期と重なってしまったことが良くなかったようだ。もし来年もこの調子だとすれば、長袖は必須。しかし暑い中長袖ってーのもちょっとなぁ・・・

さて、とりあえず梅雨も明けたし、いいかげんにウナギ釣りを始めたいが、その前にまずは偵察。
橋の上から眺めてみると、なんとポイントが去年の台風で一変しているではないか。
そこそこ水深のあった場所は、すべて砂で埋め尽くされて超シャローに変貌。しかもすべて砂地。まるで別物になってしまったマイポジションを見て唖然とする。その後、川の上流、下流へとバイクを走らせ偵察を重ねるも、心当たりのあるポイントはすべて砂に埋もれていて、これで一気にモチベーションが下がってしまった。果たしてこの悲惨な状況は通う価値のあるものなのだろうか。今年のウナギはパスして来年に賭けようかとまで考えた。

今、私の心を満たしてくれる行為は、先月から始めたダイエットだ。
何か一つ楽しみを見つけてしまうと、そちらに集中して他のものがおろそかになってしまう性分なので、変わり果てた川に失望した代わりに、基礎体力作りと痩身に希望を見いだしてしまったというわけだ。自称アウトドアマンであるが、我ながらこれは良くない方向性にあると思う。しかし毎日の腹筋・背筋トレーニングと、ランニングを混ぜた5kmのウォーキング、そして苦にならない程度の食事制限によって、徐々に体重は落ち始め、たるんだ腹も引き締まって5kg痩せた。今、これが楽しくて仕方ない。

そんな折り、亀将軍からやや上流のテトラ帯の置き仕掛けで50cmを2本仕留めたと報告があった。うむ、いるにはいるか。しかし個人的に50cm程度のウナギは食うか食わざるか迷うサイズ。せめて60cmクラスがコンスタントに釣れる条件が欲しい。
今のところベストな投入ポイントが絞りきれないままでいるが、とにもかくにも竿を出してみなければ。
天然ウナギの漁獲高が年々減少傾向になりつつある中、今年はさらに修行僧のような釣行が予想される。正直、気が重い。

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »