« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月11日 (日)

ラゲッジルームに常時電源

No Limit!!
ガサマシーン時々寝床そして平日はほとんど嫁の足である我がエクストレイル。いや、どちらかと言えば嫁のエクストレイルか・・・
ラゲッジルームにはさすがSUV。写真の通り電源ソケットが装備されておりやす。
このソケット、車中泊でスマホを充電しながら使うことを考慮すると、なおさら重要性がクローズアップされてまいりやした。
電池切れの早いスマホを車内でゴロゴロしながら安定的に活用するなら、このソケットは最高に心強いのだ。

P1000701_r

なんたってソースはACC電源。キーをひねっておかないと電気が来ないのが素晴らしい。
ってちょとまてーーーーーい!!!

よく考えてみよう。

誰がキーひねったままゲート開ける?

いやいや使い方は他にあるかも。んじゃ別のシチュエーションも想像してみようか・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

思いつかん!

そもそも、

車停める

エンジン切る

外出てリアゲート開ける

まぁこれが自然な流れだわな普通。それをアンタACC電源ってどんだけ・・・
ACCをONにすればカーナビやらも起動状態になっちゃうし。

これ、せっかく付いてるのにもったいないなぁ。
そう思うと常時電源化せずにはいられなかった。

じゃあ頑張ってみようか。
まずどこから電気を取るかってことになるが、よく見ると左右ともリアゲートへ配線パイプがつながっている。とりあえずソケットのある左トリム外せば何とかなるだろうと。

P1000686_r
ここ(リアシートベルト支点)と
P1000688_r
ここ(ルーフサイドアンカー)と
P1000685_r
ここ(トノカバーストッパー基部)と
P1000689_r
ここ(サイドフック)を外してから
P1000691_r
トリム外し開始(もちろん内張りはがし工具を使います)
P1000690_r
メリメリメリ・・・大丈夫かオイ
P1000692_r
あ~あ、やっちゃったよ。

これでリアゲートにつながる配線がむきだしになった。
正直これほどの規模でトリムを外したことがなかったし、素人がここまでやって大丈夫かと不安がよぎるが、とりあえずは配線があってよかった。もしなかったら、その時はルームランプから天井通して取るつもりだった。

P1000693_r
さすがにリアサイドのトリムとなれば大きく、押し込むピンがたくさんある。これ・・・戻せるんかいなwwwすんげー不安。
P1000694_r
検電テスターで探っていくと、一番左のカプラー内に安定した常時電源を発見。
P1000695_r

ピンクの線が電圧も高くて使えそう。ただし何の電源かはヒューズ外してみないとわからないが、何の躊躇もなく続行(笑)
P1000697_r
「電源取り出しコード」で対処の予定だったが、カプラーの裏から細い端子を突っ込んで分岐させるという単純かつアバウトなオレ流に変更。メリットは配線が無傷で済むこと。
P1000700_r
抜け防止に世界四大発明の一つであるタイラップで固定する。発明したタ・イラップ氏に感謝(民明書房・刊)
P1000698_r
さていよいよ佳境。ソケット裏から+配線を引っぱり出す。
P1000699_r

上から下ろしてきた分岐線と圧着端子で結ぶ。持ってて良かった電工ペンチ。
P1000702_r

めでたく常時電源化に成功。

分岐コードはそれほど太くないし、電源ソースもリアゲート内にあるワイパー・ナンバー灯・電磁ロック系・リアゲートランプ・熱線のどれかなので、アンペア数の高いものは注意が必要だが、おそらくそれほどの機器を使うこともないだろう。
トリム嵌め込みの風景は割愛したが、やはり少々手こずった。
下の方は爪で勘合させているので、これをなんとかクリアすればあとはゴムハンマー、張り手、蹴りで固定ピンをはめ込むことができてホッとした。
組み立て工場ではこのトリムを先に取り付けたあとに、下半分のトリムを取り付けているのが構造から推察できる。それを逆の順番でやったわけだから少々曲者だったというわけだ。
フェザーストーブに続きまたまた達成感に浸って満足満足!
DIYたまんねーーー!(※ただし低難易度に限る)

| | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

釣りの趣と指向性

甚だ不本意だが、川の状況が悪くて今年のウナギ釣りは封印。
この台風で地形的に好転してくれればいいが、な~んか宿題サボっちゃったような後ろめたい気分。

本来、こんな時心強いのはガサ友の存在。複数であれこれ談義しながらの釣行は楽しいし、自分がボウズ食らっても相棒が釣れてりゃ魚がいるってことがわかるし、それならと再チャレンジする気も起きたりする。つまりデータ収集の面では圧倒的に有利なのだ。

ところが最近の傾向では、亀将軍はすっかり置き仕掛け派だし、ハカセに至ってはチャリキチ(自転車狂)になって戦線離脱。まあチャリの魅力に捕まっちゃった人はともかく、釣りという趣味はスタートラインが同じでも、そのうちそれぞれ好みの方向へ散っていく運命にあるもの。これは過去に何度も味わった。

個人の好み以外に、ライフスタイルも大きく影響する。
かつて釣り経験ゼロからバスフィッシングを教授した友とは、やがて毎週のように共に磯釣りをするようになったが、今ではオフショアアングラーとして久米島や小笠原に通うまでになってしまった。まぁ年に何度もというわけではないが、その発展ぶりたるや目を見張るものがある。

この御仁は独身貴族ゆえに、私のような女房子供と負債を抱えた低所得アングラーでは届かぬ領域に昇華してしまったというわけだ。幸いなのは、私は釣果が船長次第であるオフショアにはまったく興味が湧かないので、大きなカンパチや50kgもあるキハダの写真を見せられても平常心でいられる点である。仮に「八丈島で尾長三昧した」などと言われたら、間違いなく羨望の念をたぎらせるに違いない。

ブームには必ず終焉があるように、釣りの指向性の同調にも終わりが来る。結局頼れるのは己のみ。これを何と表現すべきだろうか。「孤高のガサ師」?いやそれほど崇高な人間ではないし、ゲーム性より単純に食いたいという気持ちで釣る場合もある。

一つ言えるのは、対象魚の魅力は大小ではなく、あくまでも趣であるということ。
大きな魚を釣り慣れた人が、小物釣りを鼻で笑ってはいけない。もしそんな人がいたら、きっと釣りの何たるかを知らない無粋な輩に違いない。チョイ投げのキスや用水路のフナなど、原点に立ち返って楽しめるカテゴリーはたくさんある。大海に慣れてしまった蛙も、井戸の中のオツで素敵な世界を知るべきだ。

| | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

フェザーストーブ442

先日、コールマンのフェザーストーブ(442-726J)をポチってしまった。
出先でも庭先でも、別に今ある508Aで必要十分なんだが、10年以上も使っているとそろそろ浮気心がムラムラと湧いてきて、ポッチャリさんよりスリムで小柄な子が気になってしまう。
一時はマナスルの灯油ストーブにも食指が動いたが、プレヒートものは点けたり消したりが自由じゃないので諦めた。味と燃費は最高かもしれんが、自分の使い方には向いていないと思った。
しかしまぁこれでツーバーナーの413HやUNIFLAMEのカセットガスモデル2台を合わせると5台のストーブが我が家にあることになる。ヘビーキャンパーでもないのにいかがなものかと考えるが、自分でもよくわからん(笑)。多分火に対する男の本能ってヤツかも。

さてさてこのフェザーストーブ、さっそく試運転とばかりに点火してみたが・・・出来ない子だったんだなこれが。

P1000667_r
ポンピング直後強火

P1000668_r
ポンピング直後弱火

P1000665_r
安定後の強火

P1000666_r
安定後の弱火

衝動的にブン投げたくなった。
強火も弱火もほとんど変わらんじゃないかYo!
これ以上絞ると消えちゃうし、どうにもならん。
これじゃメシ炊けないどころか、ただのガソリン燃焼装置。
燃焼装置=バーナー ・・・うん確かに間違いではない(笑)
間違いではないが、いくら何でも酷すぎやしませんかい?
小柄でスレンダーな子の外見は二重丸だが、性格はキツくてわがままだった。

ま、メシ炊くのに向いてないってーのは事前調査で知ってましたよ。でも中火と強火の区別がつかんってーのはイカンでしょ。これじゃ湯沸かし専用機じゃん。
思えば既存の508Aがアタリだったのかもしれない。とろ火とまではいかないが、なんとかメシが炊けるほどの弱火が可能で、これをもってして当然と育ってしまったのが悪かったかも(笑)

P1000672_r
「出来る子」508Aの弱火

チャレンジャー海淵まで沈みそうなガッカリを何とかすべくググってみると、ツーレバーのジェネレーターに付け替えるしかないことが判った。そういやー昔ワンゲルで使っていたコールマンは、今思えばツーレバー。でもなんでレバー(コック)が二つもあるのかよく理解してなかった。どうしてワンゲル部員がそれさえも理解してなかったのだろうと考えてみたら、自分の班は毎回のようにホエーブスだったことを思い出した。確かに点火が楽なコールマンは取り合いだったからな・・・。
さてコイツの改良だが、追加で3,500円の出費になるけど、もうやるっきゃないでしょ('A`) だって調理できないストーブなんて焚き火以下だよ・・・(涙)

P1000679_r
ツーレバージェネレーター508-5891に換装した図。
ネイキッド状態は燃焼テストのためだが、意外とカッコよかったりする。

P1000677_r
見違えるほどの弱火は既存508Aを凌駕するが、とろ火とまではいかない。

ツーレバーの効果がはっきりと出て、ひとまずの成功に胸をなで下ろした。
あとは1mm厚のアルミ板でブラケットを自作して取り付ける。
必要な工具は金切りバサミとドリルとヤスリ。厚紙で型紙を作って、穴開け位置や折り曲げ位置、奥行きを事前検証しておくのが無難。

P1000682_r
完成。なんかも~達成感ひしひしでアヒャヒャヒャ!

【結論】
ツーレバーを平気で廃盤にするアメリカ人は、米など炊かない。コールマンの付加価値はもはや歴史のみ。国内メーカーによる、日本人のための高性能、堅牢にして精緻、そして情緒のあるガソリンストーブの開発を。しかし不思議と誰もやらないのは何故?特許の問題とかあるのかね?

| | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »