« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月22日 (水)

わかめ 好き好き ピチピチ

前回の夜磯、ちよさんとの別れ際に足下でゆらゆらしている海藻を指して一言。

「あーちよさん、ちなみにコイツはワカメですよ(オレはガン無視ですけどね)ほなさいなら~」

と教えて帰った翌日、ちよさんから「ウッヒョォォ~ワカメのしゃぶしゃぶ(゜д゜)ウマー!!!」みたいな内容のメールが届いた。

しまった・・・(^^;)
そんなに美味いのか!

「たかがワカメじゃないか」と、スーパーで安売りしているものをわざわざ採る気にもなれず完全放置してきたが、そんなリアクションをされるといてもたってもいられず平日夜磯敢行。
今回はワカメ(ワカメと書いてアイツと読むルビあり)をメインターゲットにしてみよう。

P1000984

同行者は隣の隣に住む「料理長」。(去年も登場履歴あり)
ソコリ2時間前に現地入りして、ソコリを迎える頃には撤収しようという段取りである。
何しろ相手は海藻なので逃げも隠れもしない。こんなお気楽プランで楽勝なのだ。多分。
往路の車内で流れていたトトロの歌(さんぽ)がそのまま脳内でヘビーローテーションしたままガサ開始。
いや次男坊向けの音楽ですよ。所帯じみた感じがいいでしょ?てゆーか音楽変えろよ(笑)

料理長は専らハバノリ(「コイツ」のルビあり)狙いで採り進んでいく。
まぁ「コイツ」なら前回アタリをつけているので、例によって未開拓の奥地に進むに従って順調順調(^^)

P1000982
髪型を変えたら「もう中学生」に激似してしまったが実はイケメンの料理長

♪あっるっこ~ あっるっこ~(今だ脳内再生中)
私も「アイツ」だけではつまらないので、抜け目なく「コイツ」にも二叉かけて進む。
今シーズンはもう一瓶分だけハバノリを確保しておきたいからね。

P1000981
「アイツ」発見!

「アイツ」はいた。
この海域の「アイツ」は全部ちよさんの酒の肴にされてしまったかと思いきや(笑)、まだまだあるぞ。
それにしても意外に根元がしっかりしていて取れないじゃないか。ナイフ必携!でも忘れた。

P1000985
ワカメはですねぇー、こんな感じで生えてるんですねぇー(ムツゴロウさん風に)
ちなみに左上の触手系はヒジキ。

「コイツ」をむしりながらも、そこかしこに「アイツ」がいる。
振り向けば「アイツ」がいる。要はこんな小磯でも思ったより資源量が豊富だったのだ。
この状況に気をよくして「♪わーかめ好き好きピチピチーーーー!!お前はどこのワカメじゃ?」とノリノリで歌っていると

料理長「え!!カメがいたんですか!!!」

NO!「わ~カメ!!」じゃなくて石立鉄男のほうだからね!
(もちろんここからはワカメラーメンの歌がエンドレス再生)
ソコリを迎える頃、徐々に雨が激しくなってきたのでここらが文字通りの潮時。
うむ。ほぼ予定通りである。しかし時間が経つのが早いこと早いこと。さ、帰ろう。
(♪わーかめ好き好きピチピチーー)

P1000987
ガサの打ち上げは料理長のコネで・・・

P1000993
温泉だぁぁーーーうひぃいい気持ちいぃぃぃーーーー最高ぉぉーーー@箱根湯本
ピンポンパンのエンディング「オモチャへ行こうーーーー!」ってーのを思い出しました。オッサンですので。

P1000996
翌日食卓へ

P1010002
しゃぶしゃぶ

P1010003
味噌汁

なにこの肉厚感と歯ごたえ。
プリプリとした食感、そしてシャキシャキと小気味よい音が口の中に広がる!
それでいて程良いぬめり具合!
本当に絶品じゃないか。山岡君、これは一体・・・!?
山岡「ええ、本来ワカメというものは、無加工なら持ち前の味がなんたらかんたら・・・」


もう市販のワカメ食えません!
とか言っても食うときは食うけどね。
調べてみるとじゃぶしゃぶにするなら今が旬らしい。
確かに成長の具合からしてほどよい感じがする。これ以上大きくなってしまうと硬くなって不向きかもしれない。
思い起こせばこれもちよさんの情報が始まりだったりするわけで、いやーガサ友の話ってーのはいろいろと刺激になりますな。

| | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

ハバノリ×洗濯機

イッツァファインデイ!
まさに典型的な太平洋側の冬晴れである。
さあ金曜日に採ったハバノリを干そう!

P1000974

しかしこの量・・・
調子に乗って採ったはいいが、脱水がめんどくせーーーーーーーーー

キッチン用品に脱水器あるでしょ?生野菜に使う手回しのアレ。
アレにハバノリ詰めて何回かに分けてグルグルやるわけだが、水の抜けはイマイチ。
わかっちゃいるが少しでも水気を飛ばしておかないと、後々乾きにくくてしんどいし、長く干せば干すほど埃やら花粉やら余計なモノが付着するに決まっている。

ぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるんぐるん・・・・・・・

その時、ふと思いついた。

「ん?洗濯機で脱水すりゃいいんじゃね?」

さっそく嫁に頼んで洗濯ネットを拝借し、洗濯機に放り込んでマニュアル設定で3分間脱水運転させてみると、見事なほどの抜け具合!
うわーーーーこりゃ楽だわ(笑) 早速干してみよう!

P1000976_2
カニカゴやら網戸やら総動員です(笑)

これはイイ!日が直射する前から乾き始めてるのがわかる。そして完全に日が当たると加速して、短時間でものの見事に乾燥した!
いつもの方法だと葉と葉が重なった部分は完全に乾かず、翌日また干すなんてこともあるのだ。

P1000977
パリッと見事に乾燥終了。市場価格ならこの一枚で1,000~2,000円することも。
すいません貧乏なもんでつい…

P1000980
焼いて揉んで容器二つ半。春先まで十分な量である。
早めに消費しないと香りが落ちちゃいますけどね。

もちろんキレイに乾いているから上手く焼けて味もいい。これはおそらく自分史上最高の出来映えではないだろうか。
これはまさに・・・「脱水の産業革命や~~~」(ちょっと古い)



洗濯機SUGEEEEEEEEEEEEE!!!!

| | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

猛者が夜磯に集結したでござるの巻

金曜日、ちよさんから入電。

「もしかしたら今週末行くかもしれません」

土曜日か・・・これは私も出撃か?

「てか、今夜です」

今夜かいっwwww

中潮でソコリは01時近く。引き具合は・・・まぁ行ってみないとわからないが、そこそこ引くだろう。
今回こそはハバノリメインのガサにしておこう。そろそろあの素晴らしい磯の香を味わいたいしね。
というわけでナメきってニーブーツでの出撃だっ!

前回は抜け駆け。
ゲストの収穫を考慮して、ペンペン草リムーバー(※)の亀将軍には声を掛けなかった。
(※通過後はペンペン草も生えないほどのガサ師という意)
さすがに二度目は悪いので一声掛けてみると
「了~~解~~」
仕事で疲れてるかと思ったがあっさりと参加意思を表明。
好きだねぇアンタも(笑)
などと茶化しながらも、持つべきものはガサ友。楽しくなりそうだ。

P1000956

22時に到着すると、すでにちよさんの車が停まっていて、我々もあとに続く。いや~ニーブーツは軽快だなぁ!
磯に下りてみると、ちよさんは岩海苔を集めていた。アンタも好きねぇ~(失礼!)
ちょっと生でつまみ食いしてみると、なかなかイケそうな味。岩海苔は目もくれなかったが、これも次回検討だ。
ガサ友が増えると見よう見まねでガサ対象も増えたりして、いろいろと勉強になります。

P1000973
←亀将軍&ちよさん→
ガサの手練れがここに集結!


さて簡単に紹介を済ませたあと早速ハバノリを探すが、どれも短かったり小さかったり。
「どうもハバノリは採られちゃってるみたいですよ」とちよさん。マジで!?
見回してみると・・・う~んどうやらそんな感じだ。一気に絶望感に打ちひしがれてしまった。
軽装備の私はソコリまでいったい何をすればよいのじゃ?タイドプールでイソギンチャクと戯れろというのかね(泣)

P1000965 
薄い、薄いよ。私の頭皮の未来を暗示するような岩。

ニーブーツは軽快だが、スパイクソールはやたら滑る!特にツルツルの玉石にめっぽう弱い。
前言撤回!やはり夜磯はフェルトソールがイイ!(注:環境によります)
下りた地点の周辺は避けて、より遠くへと移動しながら地道に摘んでいくが、株が小さかったり群生してなかったりで効率が悪い。
ちょっと気が遠くなってきたぞ(笑)
しかし奥へ奥へと進むにつれて、徐々にサイズアップしてきた!

P1000967
奥の方。これくらいあればありがたいね

P1000966_2
さらに奥。いいぞいいぞ

P1000972
もっと奥は前人未踏の地。ぬぉぉーーついにワカメ級に!

P1000971
びっしり

尻上がりに効率が上がり、かなりウハウハ。
いやこれ、採るのはいいけど干すのめんどくせーな(笑)
まあ頑張って干すか。いい天気だと助かるなぁ。

P1000964
ヒジキ(手間が掛かるので対象外w)

開始時間が早かったせいで、私も亀将軍もソコリ1時間前には満足してしまい撤収モードへ。
だがちよさんは底なしの欲望とともに、今だに海と対峙している(笑)
実はちよさんの今回の主なターゲットはナマコ。写真撮っておけばよかった・・・
なんでも両端を切って身を開き、内臓を除去してから細かく刻んでポン酢で食べると美味いらしく、酒好きなちよさんにはたまらないらしい。
かつてナマコの酢の物を食って以来、嫌いなもののレッテルを貼り付けたままになってる私だが、この話を聞くと思い直すべきかなと考えさせられてしまう。
本当に美味いのかなぁ??

ちよさんには悪いけど、私と亀将軍はここで一足お先に撤収することにした。
もう十分に収穫したからね。
ではちよさん、今日もお付き合いありがとう!
てゆーかこっちが頼まれもしないのに便乗した形ですけどね(笑)
ガサのダシにしてすいません。まったくもって素晴らしいバイタリティーの持ち主に敬礼!(^^;)>
一人だと腰が重いので、こういう起爆剤になってくれる人って本当にありがたいよね!特に厳寒期のガサは。

P1000974
こんなに採っちゃったよどうしようwwww

| | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

夜磯オフ会

去年からガサメル友としてお付き合いさせていただいている当ブログの読者「ちよさん」と、夜磯でオフ会決行~(^^)

もちろんお会いするのは初めて。
ちょっとドキドキしながら待ち合わせ場所の早川港で落ち合ってみると、ちよさんはなかなかのタフガイといった印象であった。
とりあえず、埼玉から遠路はるばるありがとうございますm(_ _)m
早速私の車に同乗していただき、一路夜磯ポイントへ。
私もweb上で知り合った方とお会いするのは初めてなもんで少々緊張気味であったが、そこは同じ趣味や価値観を持つ物同士。とても自然な感じで話が弾んでしまった。

P1000954
水滴でぼやけているのは、派手にコケた直後だから(笑)
この環境でフェルトソールはあまり実用的ではないことを痛感。

ちよさんはガサ師としてなかなかの手練れのようで、おそらく私以上に多種多様なガサを経験している。
しかし夜磯での眼力に今ひとつ自信がないということなので、僭越ながらちょこっとだけアドバイスをさせていただいた。
まぁ私も夜磯はもともと亀将軍から伝授されたと言っても過言ではないので、ここではひとまず亀将軍に敬意を表しておこう(笑)

P1000953
ウエットスーツまで着込んで気合い十分のちよさん

ガサの合間にふとちよさんの方を振り返ってみると、ウニを割って試食していたりして。
この行動、一般人は絶対にやらない。

やはりこの人・・・本物だぜ(笑)

P1000952_2
貝類をガサるちよさん

ブログ記事というものは流し読みされる場合が多いので、ほどよく画像を交えて執筆するのがコツだと思っているが、こと夜磯となると写真撮影どころではない。
あっという間に迫っては去っていくソコリを気にしながら、フラッシュライトに頼った狭い視界を凝視しながら効率よく捜索し、さらに不安定な足場に細心の注意を計りながらも結局はコケてしまう。今回も例外ではなかった(哀)
つまり私が言いたいのは・・・

「画像が少なくてゴメンナサイ」(笑)




時間勝負のガサなので、あっという間に楽しいひとときは過ぎていく。
初対面ということも手伝って、大いに語り合いたかったのはやまやまだが、ひとまず今日はお別れ。
まぁそれでも出来る限りの情報を短時間で交換し合った・・・要はガサ談義で盛り上がったというわけである。
今回の最大の収穫は、何はともあれリアルガサ友が一人増えたということ。
ちよさんお疲れ様でした!続きは次回何らかの機会で再会した時にしましょうかね(^^)

| | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »