« アナジャコが穴から出て来ない日 | トップページ | QMT(急にメシが炊きたくなったので) »

2012年4月28日 (土)

将軍、その鼻の穴…塞いでもいいですか?

ちょっと体調を崩してしまい、昨日夕方の時点ではかなり身体がだるかった。
この調子じゃ明日予定していた山ガサは無理っぽいかな。
なんたって明日やるとすれば林道脇から上り下りの超藪こぎハードガサだし、ぜってーー無理!
素直にやめとこう。

そう心に決めてたら、アレレ?今日はやや回復したかな?
回復っつーか、いやこれは行けるんじゃね?って思えるほどだ。
でもやっぱやめとこう。今はあくまで行ける気がするんであって、多分山に行ったら後悔するに決まってる。
「家で寝ときゃあよかった」って。
でもそこでちょっとした運命のいたずらってヤツが起こるんですな。
ちょっと用事があって出掛けたら、原チャリに乗った亀将軍に遭遇しちゃったんですな。

「おーーい将軍!将軍じゃないですか!どこ行くんですか?」
「いや、今から山ガサ行から給油してきたんだ」

P1010088

来ちゃった。

標高500~700mラインであります。
もうタラの芽も終盤だし、もう一回天ぷら食っとかないと。
そんな義務感(笑)と相棒(てゆーか師匠)の心強さが私の背中を押したどころかドッカーーンと突き飛ばして気が付けば山にいたわけであります。
よく「気が付けば~していた」「気が付けば~にいた」とか表現するけど、記憶喪失じゃあるまいしそんなわけねーよって突っ込みたくなりませんか?いやどうでもいいか(笑)

まぁ前述した通り今日はハードガサを余儀なくされる。
もうこの時期、手の届くところにタラの芽は残っていないし、そこからちょっと入った場所にも残っていない。
だからさらに奥地を探索しなければ無理なんだよね・・・・
自信を持って言うけど川口浩のほうが断然楽だからね。

P1010083_2
ノコギリ忘れたので引き寄せ棒は亀将軍に作ってもらった。これがなきゃ始まらない。
ありがとう浜村純です。恩地のうどんであ~おんちかった(関西限定ネタ)

二人で林道をテクテク歩くと、とりあえずまだ採られてないタラの芽を発見。
これが結構な崖上に生えていて、「へへっ、どうだオイ?ここまで7来れるか?」って挑発している。(幻聴)
やったろーじゃねーか。
見えてる獲物に向かって突進するエナジーは偉大である。
そりゃもう崖でもイバラでも巨大な風車でも気にせずドン・キホーテのごとく突進する。

「そこに目標物があるから」

体調不良はどこへ行った?

P1010087

P1010086

P1010089_2
中途半端な日当たりのヒノキ林に突入。下草や灌木の凄さがわかるかな?

逆に、見えないものに向かって進む時の心許なさも尋常じゃない。
急斜面ならでは小規模な滑落は当たり前。イバラと蔓草の藪をラッセルする時に奪われる体力は半端じゃなく、四肢に絡まって身動きが出来なくなることも多々ある。
バミューダトライアングルを題材にした70年代のB級映画を思い出したわ(笑)

P1010090
こういう藪とか…きっつぅ~~!

P1010091
汗だくで闘うオッサン。わざとらしいショットで顔出ししてみるテスト。

亀将軍とは現場到着してすぐに別行動となり、すでに彼の居場所などまったくわからなくなっちまった(笑)
まぁよくあること。海の素潜りでも同じことが起こるし。
しかしこのジャングル(笑)の中でどこかに相棒がいると思うだけで心強いし楽しかったりするのだ。
ただ困ってしまうのが連絡手段。
携帯電話は圏外の穴だらけでほとんど無力化されちゃうし、やっぱこれは有事の際にヤバイ。
お互い有意義な関係を構築するには・・・最近検討し始めているのが無線機。
特小無線があれば世界が変わるのではと期待している。
それなりに投資は必要ですがね。

P1010092
数は少ないが型モノが揃って十分な量に達し、もう下山してもいいレベル。

さてなんとか電波が拾えるエリアに出て亀将軍と通話が出来たのだが、その内容があまりにも「不快」で吹いたわwww

私「いやぁーー藪きっついですね将軍!こちらなんとか量的には満足しましたよ。てゆーかあまり木がなくて効率悪いっス。体力だけが奪われていくんスけど」
亀「あ~そうだねぇ。そろそろ十分かな?でもちょっと待って。今いい場所見つけちゃったから(^^)

何だよいい場所って。そんなの皆無だったし完全な拾い歩きだったがどゆこと?

P1010094 
亀「いや~~楽しかった~(^ω^)結構いいフィールドだよねここ?」

ちょまてーーーーーーい!!!

同じような斜面登って移動量もさして変わらんのに、この3倍近い差はなんじゃっちゅーねんwwwww

別に自分だけのポイントを知ってるわけでもなく、ただ同時に適当な斜面に入っただけなのに・・・

やはりこの男は、持ってる。

野生の嗅覚ってヤツを!






か・・・勝てねぇ・・・・・
勝ち負けの問題じゃないが、納得いかないわ。
頻度からしてもはや超常現象のレベルだし(笑)
いや、もしかして鼻の穴塞いでもらえば勝てるかな?

い、いやぁ~山菜なんてさ、、、食うに十分採れりゃいいんだよ。うん。ハハハ(^^;)

|

« アナジャコが穴から出て来ない日 | トップページ | QMT(急にメシが炊きたくなったので) »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/54587417

この記事へのトラックバック一覧です: 将軍、その鼻の穴…塞いでもいいですか?:

« アナジャコが穴から出て来ない日 | トップページ | QMT(急にメシが炊きたくなったので) »