« 2012山菜開幕 | トップページ | アナジャコが穴から出て来ない日 »

2012年4月15日 (日)

フィルドアップウィズインヴィジブルギスギス

桜も散り始めたし、これからは高地に向かって徐々に山菜前線が駆け上がっていくわけであります。
春はあっという間に過ぎ去ってしまうので、午後から山ガサ決行。でも今回はなんとな~く気分が優れない。

理由その1
前回記事のあと終業後のトワイライトガサを実施するも、近所の鉄板ポイントでは木の勢いが衰退してほとんど収穫出来ず凹む。
理由その2
去年までマイポイントだったはずなのに先行者にことごとくやられている。しかもマナーの悪い輩が入山した形跡あり。
理由その3
今回の収穫は贈答用。この不調の中、先方に恥じない量を確保する使命によるプレッシャー(笑)

まぁ3は半分冗談として、2はひどいものである。ご覧あれ。

Dsc_0060

ひどいでしょ?こんなふうにぶった切ってくヤツがいるんですよ。
聞いたところによると、まだ萌芽していない先端を切り取って、家で水に挿しておくと生えてくるらしいのだが・・・
来年も楽しもうなんて思わないのだろうか。今がよければそれでいいのだろうか。
こういうことを抵抗なくできるのは、少なからず脳に障害のある人間だと冗談抜きで思う。


P1010041

さて、やってきたのはかなりの山奥。
愛馬セロ子ちゃんなら楽勝だが原付ではちょっと苦しいという、毎年おなじみの砂防ダムポイントである。
今年の不調からして、正直今はここぐらいしか希望を持てない。
しかしこんな辺境でも、例にもれず先行者の痕跡だらけであった。
みんなどうやってここまで来ているのだろうか?
私の足らない頭で必死にプロファイリングしても、カブに乗ってトロトロやってくるジジイの姿しか思い浮かばないのだが(笑)

P1010042
いい株だがやられてる。悔しいです。

P1010043
かろうじて見落としたと思われる株を摘んでいく。

P1010045
イイ感じの株。

先行者はなかなかの手練れと思われ、私以外知らないと思っていた株まで目ざとく見つけて採取していた。
こりゃ~完全に嗅覚の鋭い輩の仕業である。
タラの木の生える場所を本能的に嗅ぎ分ける能力のある人物・・・

もしや
・・・亀将軍!?
(んなわけない)

もし亀将軍ならシャアが来たときのパオロ艦長(ホワイトベース初代艦長)なみに戦慄モノ。
何しろ将軍はニュータイプな上に通常の三倍のスピードで摘み取りますからな。

結局ここでは天ぷら一人前ほどの収穫しか出来なかった。
正直このペースは非常にまずい。次のポイントへ移動しなければ!

P1010046
送電線下はバッサリ!

送電線下のポイントは灌木が伐採されてオールリセットされていてますますヤバイ状況(笑)
だが2年目の若い株がちらほらと伸び始めていた。
これはこれで喜ばしいが、今ひとつ木の数が少ないので将来的に微妙である。
何より林道から丸見えなのが一番よくない。

P1010047
新たな希望をつなぐ二年目の株だが…

そこからはもう・・・割愛しますが急斜面と藪こぎと茨ワールドであります(笑)

P1010048
見境なく人里まで降りてきて藪こぎ…

P1010049
タラの芽ガサってこんなに難しかったっけ?(^^;)

やっぱり今年も拾い集めか!(笑)
ガサの花道どころか、私はいつも脇道裏道を歩く宿命であります。
隠密同心かっつーの。

結局なんとかノルマ達成でホッと一安心なのだが・・・
前述の木を切る輩も含めて、結局は毎年みんなでタラの木を虐めてるわけなのですよ。
タラの芽採りは面白いのですが、最近はそんな罪悪感が芽生え始めてますな。
輪を掛けてタラの芽特有の先行しただのされただのの目に見えないギスギス感。
さすがに若干嫌気がさしてきましたね。
もし成長が健全でも、成長が早くてポイントの寿命が短いし、他の樹木に押されてなかなか勢力を拡大できないフィールドも数多くあるわけで。
まぁその年の雰囲気にもよるが、タラの芽は1~2シーズンほど封印してもいいかな?なんて考え中。
封印とまではならずとも、収穫よりも新たなフィールド探しで山歩きメインの春になるかもしれませんな。

 

|

« 2012山菜開幕 | トップページ | アナジャコが穴から出て来ない日 »

山菜・木の実」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/54498341

この記事へのトラックバック一覧です: フィルドアップウィズインヴィジブルギスギス:

« 2012山菜開幕 | トップページ | アナジャコが穴から出て来ない日 »