« 神も仏も存在しません | トップページ | イチゴ狩りのような散歩のような実質散歩 »

2012年6月 2日 (土)

セロ子と行く宮ヶ瀬の旅

ごめんよセロ子…('A`)

冬は寒いからほったらかし。
夏もクワガタ熱が冷めたとたんにほったらかし。
キミに乗るのは春先の山菜シーズンだけになっちゃったね…
今までの罪滅ぼしに、キミが見たことのない景色を見せてあげる。
今日はずっと一緒にいようね!(はぁと)


(キモイわwwww)

なーんつって。
てなわけで宮ヶ瀬ダムまでソロツー行ってきましたよ。先日タイヤ交換もしたし。
今日は愛馬セロ子が主役なので画像も大きめです。これも罪滅ぼし(笑)

P1010145_2 
まずは自宅前のショット。
どうです!前日にDIYしたスマホのカーナビ化です!
全部で5000円ほどかかっちゃいましたよ貧乏なオレ太っ腹~!(^^;)
ご存知androidのナビ機能はなかなかの優れものでして、これを有効活用しない手はありません。
出費額に見合うかどうか悩みましたが、見合いますよきっとこれ。

P1010146
いざ出発!
時間は9時半。まだまだ日常エリアですが一路宮ヶ瀬を目指します。
ヘタクソドライバーが巻き起こす渋滞も、すり抜け小僧で気持ちよくクリアしていきます。
どうでもいいけどですます調の文章は書くのが楽です。

P1010147
善波トンネル手前で頭が痛くなりました(^^;)
原因は普段滅多に被らないフルフェイスのヘルメット。
ちょっと脇にそれてヘルメットを脱ぎ、頭の血行を整えます。
ヘルメットじゃなくて頭がデカイんじゃないか?と疑った方、悔しいけど正解ですわ。

P1010148
R246を厚木方面へ進みます。
ちなみにセロ子は女の子です。そりゃ名前からしてわかりますかそうですね。
なぜ女の子かっていうと・・・そりゃあアンタ「乗り物」ですからへへへ(いきなり下ネタかよ)

P1010149_2
厚木でR129に接続。片側3車線の広い道ですが、交通量もかなり多いのでそれほど気持ちよく走れませんでした。
こんなとこ普段来ないなぁ~ 空気悪いわ(^^;)

いやセロ子が女の子だという本当の理由はですね、まず細身。スレンダーだからです。
次に女の子でも簡単に乗れちゃうバイクだから・・・そんなイメージに由来してますかね。
てゆーか念のために言っておきますが、自分のバイクに女の子の名前付けてニヤニヤなんかしてませんよ実際はね(キリッ)
本当にそうならそりゃ変態ですから(笑)
このバイクがあるといろいろと助かるから、感謝を込めてなんとなくそう呼んだりするだけです。ブログ的にもネタにしやすいですからね。
だってほら、カヤックにデスペラード(無法者)とか名付けてガサってる人もいるわけだしぃ~(笑)いいじゃんべつにぃ~(笑)

P1010151
上溝バイパスに入り、見晴らしの良い高架道路のまま相模川を越えます。
こんな道なので停車できず写真も撮れませんでしたが、相模川の両岸はテトラが入っていて、上から見て非常にそそられる雰囲気でした。

P1010152
ナビに従って相模原市街を走行します。
相模原はカオスな都市を想像してましたが、かなりきれいな街並みで驚きました…って一体どこへ向かってるんですか!?

P1010153
ナビアプリ…これは便利です!
周囲の施設名が表示されない点が残念ですが、あれこれ考えずともちゃ~んと目的地まで行けます。
音声までは聞こえませんが、「あんなものは飾りです」

P1010154
おっしゃぁぁーーーー天下一品相模原店到ーー着ーーー!!!
(ここ行きたかったんかいっ)

やっぱり駐車場はなかった。バイクでしか来られへんや~ん!
しかも開店の11時半キッカシや。計画通り・・・!(デスノート風に)

Dsc_0064
店内スネークの図。
ボックス席2・カウンター席10の小規模店舗やったわ。
なんちゅうかほんま、もっと郊外に駐車場完備で中規模店舗作らなあかんで。

Dsc_0065
これやこれ!たまに食わんかったら死んでまうで!
あら、店員さん愛想イイおばちゃんや~ん(^^)
「お口に合いましたでしょうか?」やて。えらい丁寧やなぁ。合うもなにも
「私、京都育ちですからハッハッハ」
「本店にも行ってましたからハッハッハ」

なんて偉そうに自慢したったわ(笑)
とにかく第一の目的は達成。そしてにわか関西人回帰も終了。あとはのんびり宮ヶ瀬をウロウロしてみます。

P1010155
宮ヶ瀬に向かう途中、ナントカ橋(覚えとけよw)たもとから相模川中流の河川敷に降りてみました。

P1010159
ナントカ橋の下は鮎釣り師とBBDQN(バーベキュー好きでいかにも教養の無さそうな方々)の車でいっぱいでした。それってオレもか(笑)

P1010158_2 
対岸はいかにもなテトラ帯そわそわしましたが、今日はなるべくセロ子を愛でるような写真を撮りました(笑)
セロ子可愛いよセロ子~

P1010161
さらに途中の中津川。けっこう綺麗な水質に感動したので思わず撮影。

P1010162
さらにナビ任せに進むと・・・見えてきましたよ宮ヶ瀬ダムが(^^)

P1010163
閑散とした駐輪場に停めて、おっさん一人ダムサイト見学に向かいます。

P1010166
人工物ですがこりゃかなりの絶景!

P1010165
ダムサイト上は非常に広大な道になってました。

P1010167
左側の眺め

P1010168
右側の眺め・・・た、高い!!こりゃキ○○マがスゥーーーーって・・・わかりますよね男子諸君!

P1010169
ダムサイト下まで降りるエレベーターに乗ってみました。
出来ればどこかの美人な人妻と一緒がよかったんですが、なぜか私一人きりでした。

P1010171
降りた場所がこれまたハリウッド映画に出てきそうな地下通路。しかもひんやり寒い。
向こうから発煙筒持ったニコラス・ケイジとか出てきそうな・・・いやいやダムとくればやっぱり織田裕二かな。
いずれにせよ私好みのナイススポットであります!

P1010172_2
ダムの真下へ出てきました。巨大建造物ですなぁー

P1010173
こいつがテロリストから死守すべきメインジェネレーターです。
C4とか仕掛けられてないかチェックしたほうがいいかもです。(映画の見すぎ)

P1010174
すぐ脇に滝があったりして。オレはこの程度じゃ感動しねーぜ。

P1010177
岸辺は池原・坂本ダムを彷彿とさせる立木、そして水の色。
まるで神奈川県っぽくありませんね。

P1010181
ダム下から下流へ向かってテクテク歩いていくと、よく整備された公園になってました。
アレ!?反対側からも来れるのか!このチート野郎どもがっ

P1010180
園内は子供が水遊び出来る浅いプール!そして遊泳OK!なかなか気の利いた施設ですね。
反対側にも同様のプールがありましたが、スッポンポンの幼女が数人無邪気に遊んでいたのでカメラ向けられず。だってペドフィリアと勘違いされたらたまらんもんね。私は人妻がいいんだってば。←いやいや年齢層とか色気の話ですから、これも変な誤解しないで下さいねお願いですから(^ω^)

P1010182
「走れK100」まがいの汽車(てゆーか車だよなコレw)も走ってたりして、こりゃ子連れで来るにはいい場所だわ~
てゆーかK100とか例えが古すぎ!!(笑)
ここでも私好みの綺麗なお母さんには遭遇できませんでした。

P1010185
ダム下に戻り、帰りはインクライン(建設中に資材を上げ下げしていた索道のようなもの)を利用しました。
ここでも私好みの綺麗な(以下省略)

P1010186
世界の車窓から。今日は宮ヶ瀬ダム・インクラインからお送りします。
斜度35度はスキーのジャンプ台と同レベルだそうです。
まぁ要は特殊なケーブルカーですな(^^)
これにてダムサイト見学終了です。

P1010187
レストハウスはバイク自慢会場と化していました(笑)
無理もないです。レストハウスは他にもありますが、ここ以外すべて駐車場が有料なんですね。だからバイクは皆ここに集まっちゃうんです。
たかが人工物で駐車料取るなよと言いたいです。
バイクはさすが大型が多いですな。私も興味がないわけじゃありませんが、そもそも買うお金ありませんし(笑)、もしお金があって買ったとしても、まず使い道ないでしょうね。
その点セロ子のようなオフ車はイイですよ。
基本250cc以下のモデルしかありませんので、ロードバイクみたいに見栄の張り合いにならないんです。オフ車は取り回しと軽さが命ですから、大排気量は不利なんです。
次に峠道でも気負うことなくのんびり出来ますね。後ろから速いバイクが来ても、ロードバイクみたいにつまらない意地張る必要なし。「オレ、キミとは違うから」てな感じで先に行かせちゃいますしね。
極めつけは、舗装路だろうが獣道だろうが「どこにでも行ける」ということで、これが他のバイクにない最大のアドバンテージだと思います。

さて、このまま津久井湖方面に抜けてみたい気持ちを抑えて、帰路につくとします。
津久井湖と相模湖とか道志とか・・・ここもまた行ったことがないんですよねぇ。神奈川生まれのくせに。

P1010190
帰路は泣く子もだまるヤビツ越え!(すれ違い不可区間が非常に長いため)
ただしこれは車での話。バイクならきっと楽しめるに違いない!

P1010192
清流脇で道草したり・・・時間が許す限り林道を楽しもう!

P1010194
ヤビツ峠頂上に到着。さすがに標高が上がって寒い!

P1010195
下り終盤、秦野・伊勢原を眼下に見下ろす展望台で〆の寄り道。
バイクで走るヤビツ峠は、オフロードこそありませんがやっぱり楽しかったです。
「丹沢山中を抜けていく感」があってイイですね。かなりの秘境ですし。
バイクの調子も事前にシフトペダルのストロークと高さを調整したせいか、以前より小気味よく操作できました。
やはり細部のタッチは重要ですね。
次回は津久井湖・相模湖方面へ出掛けてみたいと考えています。綺麗なお母さん探しながら。(もういいってw)
今回もチラ裏にお付き合いいただき、ありがとうございました。

|

« 神も仏も存在しません | トップページ | イチゴ狩りのような散歩のような実質散歩 »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/54862859

この記事へのトラックバック一覧です: セロ子と行く宮ヶ瀬の旅:

« 神も仏も存在しません | トップページ | イチゴ狩りのような散歩のような実質散歩 »