« 丑の日に向かってリスタート | トップページ | 今期初潜りは大コケ! »

2012年7月28日 (土)

デイゲーム深山編

ウナギ釣り2連敗。
中流域の釣りは地形の変化が激しい上に、水位の変動をモロに受けるもんだから難しい。
私の場合、外道にナマズが釣れるようなら夜行性の魚の活性も維持されたままの印象を受けて、ウナギも有望ではないかと考える傾向にある。
しかしこの二日はどう粘ってもウグイばかりであった。
捕食者がまったくいないのか、どこへ投げてもこの鬱陶しい雑魚が跋扈し、餌をかすめ取ってしまう状況にほとほと疲れてしまった。
あまり考えすぎず、ここらでちょっとリフレッシュせねば。

気分転換は子供を連れての山ガサ。
大好きなミヤマクワガタを求めて、やや標高のあるシークレットポイントへ10時頃から出掛けた。

P1010459

シークレットポイントへ向かう林道。まさかこの先にクヌギ林が広がっているとは誰も思うまい。
どうせならと会社の同僚Y君にも声を掛け、今回は大人2子供3のウキウキ楽しいクワガタ捕り!

P1010460
台風による倒木が林道を塞いでいたせいか、下草の手入れがされてなかった。

シークレットポイントに到着。ここは完全にミヤマ場である。
去年は一蹴りで5匹ほどミヤマが落ちてきた木もあったりして。
しかもオオムラサキにまで遭遇しちゃったりして。
「こんな所知ってるなんて、いちろーたさん凄いッスね!」
なんて言われてみてーもんだ。てゆーか言わしてやる。
WELCOME TO MIYAMA HEAVEN!!

ところが…
樹液にミヤマが来てるどころか蹴っても蹴ってもミヤマが落ちてこない。
正確に言えばオスのミヤマが落ちてこないのである。

P1010463
メスはいますメスは。だがメスに用はない。

P1010462
オスで落ちてくるのはノコギリクワガタのみ。

無数にあるクヌギを手分けして蹴って回ったものの、ノコ多数とメスミヤマ数匹のみという結果に終わった。
ちょっと待て?雰囲気的にも何かがおかしいわ。
まず例年なら身辺をうるさくつきまとうアブがまったくいない。そしてヤブ蚊も姿を見せない。
単に時期がずれ込んでいるだけならいいけど…是非そうであると願いたい。

P1010461

下草が比較的手入れされているポイント2へ移動した。ただしここはちょっとばかり有名なポイント。
シークレットポイントが主戦場のつもりだったので、この時点でかなりのサゲ↓サゲ↓Every☆騎士。
当然ながらここでもミヤマ♂の収穫はゼロに終わった。やっぱりか。無念。

やや標高がある場所とはいえ、歩き回ればそれなりに汗だくになるし、タイムリミットもせまりつつある。
そこでもう一ヶ所だけ探ることにして、ポイント3へ移動。ここが最後ね最後。
しかしま~我ながらよくも次から次へミヤマポイントを知ってるもんだな(笑)
これも地道にバイクで走り回って蓄積した財産なのだ。ざっと数えてもあと五ヶ所は知ってるし(笑)

P1010465

そして…ここでようやくミヤマ♂を捕獲。
しかも落ちてきたのは蹴り進んで最後の最後にあったクヌギ。

辛かったー!

プロポーションは悪くないが、サイズはまだまだ不満が残る中型。(下の個体)
しかしこんな結果で納得出来るわけもなく、8月の再チャレを心に誓った。
回り終わってみると、なんだかんだでノコの収穫は累積されおり、虫かごの中はクワガタ捕りらしく賑やかになっていた。
まだ幼い子供達には価値の違いが理解できるはずもなく、ノコでも一様に喜んでくれたのが唯一の救い。次回の豊漁を祈って今日はこれぐらいにしといたるわ。

疲れた!

|

« 丑の日に向かってリスタート | トップページ | 今期初潜りは大コケ! »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/55302727

この記事へのトラックバック一覧です: デイゲーム深山編:

« 丑の日に向かってリスタート | トップページ | 今期初潜りは大コケ! »