« 電脳ガサーの山遊び | トップページ | セルフサンタがやってきた »

2012年11月18日 (日)

深いところから引っ張り出す楽しさ

つい最近になって知ったんですが、沖釣りの第一人者として各メディアで活躍していた大塚貴汪さんってお亡くなりになってたんですね…

ちょいとショックを受けました。
私、沖釣りはごくたまにしかやりません(しかもルアー)けど、この人は結構尊敬してましたよ。
一見チャラ男っぽいのにテクは一流…どころか、オリジナルの技と理論で新たな釣法を開発し、某N○Kでも紹介されていたほどです。
おまけに解説が親切丁寧で初心者にもわかりやすいし、喋りも上手い。見た目と裏腹に気取ったところがない。
調べてみたら享年は56歳…残念ですね。ご冥福をお祈り申し上げたいと思います(-人-)

さて今回は、そんな大塚さんを偲びつつ不肖私も沖釣りに出てまいりました。
ブログを通してすっかりガサ仲間になった(仲間にさせてもらった?w)ちよさんから、かねてより「タダ船で沖釣り行きましょう」予告があったんですが、ついにそれが実現したというわけです。
大塚さんの逝去は残念ですが、偲びつつと言いながら実際はすぐどっかに飛んじゃいます。ゴメンナサイ。
これから始まる釣りに気もそぞろですし、格好つけてイイ子ちゃんな文章書くのは偽善ですから正直に言っちゃいますよ。
でも沖に出ることがあれば、わずかでも大塚さんの笑顔を思い出すでしょうね。
TVで拝見していただけの一小市民ですから、これで十分供養になるのではと思います。

P1010697
明け方の横浜市街

「タダ船」ってーのはいわゆるプレジャーボートのことです。
しかしまぁプレジャーボートとは何とハイソサエティーな響きでしょうか。
こりゃひょっとしたら船上でアメリカンジョークを披露しつつ淑女たちとシャンパンなど飲み交わすかも…
プルルルル 「ああ私だ。その件なら3億5千上限で交渉しておいてくれたまえ」
なんてな(^^;)

オーナーってどんな人なんだろう。プレジャーボート所有だろ?ニヒルで気障で取っつきにくかったどうしよう(笑)
一応失礼のないようにフォーマルスーツは持ってきたけど。(えっ?)
川崎某港に6時半集合ってわけで、共に招待を受けた亀将軍と二人、国道1号をひた走り現地へ向かいました。

P1010698
おはようございまーーーーーーっす!!!!!人間第一印象が肝心。挨拶は元気に!)

アレ?淑女達は?なんつって。
淑女達はいませんでしたが、すごいですねコレ。モロにガサ仕様ですよ。
タダ船とは言いつつも、実は燃料代として1000円ちょうだいネ(はぁと)って約束なんですが、もちろん1000円だろうが2000円だろうが協力しますよ!
この金額ならタダも同然。ありがたやありがたやナンマイダブナンマイダブ(-人-)…婆さんかっ!
では前述したとおりフォーマルスーツ(防寒着とライジャケ)を身にまとい…

P1010699
いざゆかん!東ーー京ーー湾っ

P1010701
北ぁのぉぉーーーーー漁場はよぉぉーーーーーー♪(サブちゃん)

P1010703
羽田が近いので上空を飛行機が飛びます。

たま~にですが東京湾の乗り合い船を利用することがあります。
そんな時この手のプレジャーボートをたくさん見かけるんですよね。
「アレに乗った気分ってどんな感じだろう」と若干気になっていたんですが、水面が近くて海との一体感がありますな。なるほどこんな気分だったのね(^^)
それに身内だけってーのが一番気軽でよろしいかと。
そーそー!この「身内だけ」ってのを味わってみたかったんだわ(^^)

P1010705

朝イチはまずカサゴってことで、東京湾アクアラインの通気口である「風の塔」と呼ばれる人工島に到着。かなり沖に位置します。
ここはシーバスの乗り合いでも必ず立ち寄る一級ポイントで、私も馴染みのある場所でありますが、まさかここがカサゴの一級ポイントでもあるとは知りませんでした。

P1010709
攻め方は岸壁ベタ付けでヘチをメインに流すやり方。

エサはサバの切り身を使います。
船尾に構えるちよさんに早くも一尾食ってきました。結構な良型!
いるよいるよ!一気に私も色めき立ちます。
ちよさんは胴突き仕掛けで狙ってますが、私はマッカチン仕様をちょいと変えただけで正直ナメてました(笑)

----------PE3号---------●=∞---------フロロ3号50cm-----------⊃ 丸セイゴ16号

こんな感じのリグですね。
●は丸玉6号のオモリ =はクッションゴム ∞はサルカンです。
でもここ結構深くて、おそらく35mぐらいでしょうか。丸玉6号ではまったく勝負にならず、小田原オモリ15号に換装するとイイ感じになりました。
てゆーかこれまんまウナギのリグだったりして(笑)川で海で大活躍ですな。
釣り方は誰に教わるでもなく自分のイメージするままに。
まず落とし込んで底を取り、リーダーの分だけ底ダチして、あとは船が流れるまま維持します。
これでフワフワと漂うエサがカサゴの頭上で広範囲にアピールするはず。オレも良型カサゴ釣りてぇなぁ~!    

P1010708

と願ってたら来ましたよ!初めての船からのカサゴです。
型はそこそこですが、ゴロタ場レベルなら十分合格点です。でも、
「オレも良型カサゴ釣りてぇなぁ~」

P1010710

と願ってたら来ましたよ!
これは良型!尺近くあります。お腹見て下さいお腹。すごいでしょ。売春婦…いやパンパンです。

P1010712
そして尺ちゃんも来ました!「お逝きなさい」(ちょっと古い)

面白いねコレ!!
海底をイメージしながら静かに流す→たまに底ダチして修正→「ゴゴンッ!」
しかも良型メインとくればこりゃ結構ハマりそう。
カサゴも船から狙うとこんな感じだったのか~

P1010713
亀将軍やっちまったな。これはホシザメかな?

ここでの釣果はちよさん4尾+イシモチ(シログチ)1尾、亀将軍1尾+Shark、朕は5尾ナリ。(ビギナーズラックでさりげなくドヤ顔)
いずれ劣らぬ良型揃いでありました。もうちょい続行したかったのですが、徐々に強くなる風と波を警戒してこれにてカサゴは打ち止めです。

P1010714
お、大塚さん…!?

キャプテンはオーナーのタロウさん。ちよさんと共に当駄ブログの読者なんだそうです。
こんなセミプロみたいな方も読んでくれてるんですね。おいおい恥ずかしいなどうしよう(笑)
タロウさんは大塚さんというより柏木重孝氏に近いかな?(^^)
気さくで饒舌…取っつきやすそうな人柄…

いい人にめぐり会えてよかった(^^)
もしデイビージョーンズみたいな人だったらどうしようかと…

いつもちよさんとつるんでガサってるらしいのですが、ちよさんも素敵な相棒にめぐり会えてよかったですな!
この日タロウさんは一切釣りをせず、操船に徹してくれました。
ありがたいやら申し訳ないやらで…良型カサゴはタロウさんのおかげです。そう、釣ったのではなく釣らせてもらったのです。
そういえばZEALって倒産しちゃったんだってね。もうずいぶんバスフィッシングから遠ざかってるから知りませんでしたよ。

P1010715
私のはるか上を行くアクティブガサ師「ちよさんThe酒肴ハンター 」

さて移動をかけた時点でまだ午前9時なのですが、ここからは残念ながら目立った釣果もないので端折ります(笑)

P1010717_2

海上施設(用途不明w)の橋脚周りでアジが好調との情報を聞きつけ、一同サビキ仕掛けで糸を垂らしますが結果が出たのはちよさんのみ。
しっかり結果を出すあたりはさすがですね。ただし2尾のみという芳しくない状況でした。
情報を聞きつけた時点では「大アジ連発」の好況だった(らしいw)のですが、一歩遅かったか…
そんな状況の中、私はたまらずに橋脚の中へジグを撃ち込んでシーバスを狙いましたが、フッコ3尾掛けてすべてバラシました(^^;)
中には船べりに揚げる寸前にバラシたのもあって悔しい思いをしましたが、まぁフッコと言ってもセイゴに近い大きさですからね。ゲームフィッシュの域を出ません。食うとなればゴメンナサイかもです。

さらに移動して湾内でスミイカ狙って餌木投げてみました。
ここで亀将軍は欲張りリグ…いや語呂を良くして「ヨクバリグ」とでも言っておきましょうか。
餌木の胴突き仕掛けにおいて、オモリ代わりにタコテンヤを結びつけてイカタコ両方狙うという、まったくもって不謹慎・無節操・邪道・猥褻を具現化したようなリグで挑みました。
この煩悩に満ちあふれたリグが炸裂したらどうしようとハラハラしましたが、幸か不幸かまったくの不発に終わり、かろうじて釣りの美学は保たれました。ついでに船中全員鳴かず飛ばずだったので正午にストップフィッシング。
終わってみればウブな私にはカサゴの「ゴゴンッ!」が最も鮮烈に残ってました。
あの「生物感」は実に心地よいものであります。加えて深場から引きずり出してやった感。あ~これ前回のマッカチンと同じ理屈ですね。

P1010718 P1010719
ちよさんのアジとイシモチ。イシモチは甘酢あんかけで食ったそうですが…凝ってますなぁ!
さすがは酒肴ハンターです(笑)

P1010720
私の釣果

P1010722
根魚といえば煮魚。釣果はすべて煮魚へ投入。

いや~久々の東京湾オフショア。おかげさまで楽しませていただきましたよ。
帰港して燃料代を支払おうとしたのですが、ご厚意により遠慮されちゃいました。
こりゃ本当にタダ船になっちゃったみたいですね…重ねてお礼申し上げますm(_ _)m
次回また機会があれば、図々しいようですが是非参加出来ればと願っております。
ま、悪いクセがつかないうちに燃料代ぐらいは出させて下さいね!なーんつって(^^)

|

« 電脳ガサーの山遊び | トップページ | セルフサンタがやってきた »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/56143061

この記事へのトラックバック一覧です: 深いところから引っ張り出す楽しさ:

« 電脳ガサーの山遊び | トップページ | セルフサンタがやってきた »