« セルフサンタがやってきた | トップページ | 水族館の画像で言いたい放題 »

2012年12月30日 (日)

雨に煙る東京湾で釣り納め

いや~寒いですな!
こちら神奈川県西部では、クリスマスは雪もちらつきました。
ひょっとしたらまれに見るホワイトクリスマスになるのでは!?と期待もしましたが、甘い甘い(^^;)
単に箱根の雪雲がちょっぴりはみ出てきた程度だったようです。
そもそも県西部の雪予報のほとんどは「降る降る詐欺」なのであります。
予報が出ても実際に降るのは茅ヶ崎から東とか…いっそのこと小田原地域は別枠扱いのピンポイント予報でお願いしたいもんです。
まぁ大人は雪なんぞ積もらんほうが好都合ってもんですが、子供はちょっとかわいそう。
藤沢にいた頃も京都にいた頃も、年に2回ぐらいは積雪ありましたからね。
雪だるまのひとつぐらい作らせてやりたいと思うのが親心でしょう。
いや雪国住まいの方すいません(^^;)

おそらく年内最後のガサになる今回は…いや今回も、東京湾のオフショアフィッシングであります。

P1010771_r
めったに通らない首都高横羽線。こんなに狭かったっけ?

ガサ友ちよさんから再びお誘いをいただいて以来、この日を楽しみしておりました。
今回は単独での参加ということで、一人湘南海岸から横浜を抜け、一路川崎を目指します。
前回は早朝4時出のオール一般道でしたが、今回は前日21時出の有料道路コース。
話し相手もいないし、さっさと着いて現地で寝ちゃおうという算段です。
早朝6時半の出船に合わせるには、通常より早く寝て早く起きるのが一般的ですが、コレ正直身体に合いませんね。
そりゃそうです。体内時計を無理やり修正するんですから、まず100%寝付けません。
で、布団の中で眠れぬ時間を費やした結果、寝不足がデフォ。100%デフォ。
まぁ磯釣りの頃は普通にやってましたけど、ありゃ若さってヤツですな。
最初はわりと平気なんですよね。テンション上がってるから(笑)問題は帰りですよ帰り。

P1010772_r
23時前到着。いつも思うのだが、年中蒸気を吐いてる工場って何なのよ?

港に着いて車を降り、もやいに足を掛け(ウソ)煙草に火をつける。
街中は苦手なんですが、臨海工業地帯のこの雰囲気だけは妙に好き。
なんつーか日本の産業の息吹って奴を感じるんですよ。デカイ船なんか来たりするし。
いったい何人の人間が何を思って働いているのか思いを馳せるのも好きなんですよね。
などとカッコイイこと言いながら、工場の騒音がうるさいので耳栓して寝ました。(笑)

P1010773_r

おはようございます!雨です!(笑)
予報通りですが、完璧な防水・防寒対策で臨めば雨の中の釣りも乙なもんです。
しっかし昨夜は暖かかった。真冬の車中泊は初めてだから気合入れて備品用意したのに、なんじゃこの拍子抜けは。

P1010774_r_4

前日着の車中泊は効果てきめん。自然な睡眠と起床のおかげで、けだるさも瞼の重さも一切なしの爽やかな夜明け。そしてアイマスクと耳栓最強。
今回はターゲットを二つに絞り、まずはカサゴ狙いで風の塔に向かいます。
風の塔は前回解説した通り、東京湾アクアラインの吸排気施設です。

P1010776_r_2
船尾にはちよさん

着いて早々、昨夜酔っ払って携帯を紛失したちよさんに良型一尾来る。しかし画像はなし。すんません。
えーとですね、船の大小に関係なく、オフショアフィッシングってーのは修羅場なんですよね。これ言い訳です。
経験者ならご存知かと思いますが、揺れる船内では必要物の取り出しや仕掛けのメンテナンスに精一杯。下手に動こうとすれば転倒の危険性大(下手すりゃ落水)なんですよ。
そんなわけで、すぐそこにいるちよさんが遠い遠い!本当に遠く感じます。
ズーム使え?雨の中必死で忘れていましたよええ。
ともかく早々に良型カサゴを仕留めたちよさんがうらやましいです。
わ、私だって…カサゴなんか釣れるのは時間の問題なんだからねっ!(ツンデレキャラ)

P1010775_r
こねーーーーーーーーーーーこねーーーーーーーーーーーーーーーー

来ません。
ちよさんも連発とはいかないようで、前回より明らかに食いが落ちています。
ちなみに私のタックルは、タチウオジギングロッド(がまかつラグゼ白刃)+カルカッタ200XT(バスフィッシングの遺物)。
前回はスピニングタックルでしたが、底断ちを繰り返す釣りなのでベイトタックルにシフトしてきました。
リグはまんまウナギリグで、オモリだけ15号に変えています。

P1010777_r
あ~やっと来た!でも型は今ひとつです。

ようやく私にも待望のカサゴが釣れました。しかしいとも簡単に尺が出た前回と異なり、我慢と粘りの釣りが続きました。
その後なんとか3尾追釣することに成功しますが、効率の低下を見てカサゴは終了。気がつけば10時近くになってました。
結構粘ったんですね。しかしテンポよく釣れないのは実に寒さを助長するもので、身体が無事な反面、手先の寒さが気になって仕方ありません。さっき「乙なもんだ」とかぬかしてた奴は誰だ?
タチウオロッドは少し柔らか目で、食い込みはいいかもしれませんがアタリの感触が良くないです。
ゴゴゴン!という小気味良さを味わうならいつもの根魚ロッドに軍配が上がりますが、こうなると好みのアクションのベイトロッドが欲しくなります。
でも店頭で好みのアクションを見極めるのは結構難しい。こんな時はカタログスペックより硬いロッドを選ぶのが後々万能でいいかもしれませんな。
すると今度はソルト用の左巻きベイトリールが欲しくなって…

P1010778_rP1010779_r_2

ここでカサゴに見切りをつけ、一気にショアへ向かいます。
狙うは第二のターゲットであるシーバス。

P1010787_r
キャプテン・タロウさんは今回も操船に徹してくれました。
今はとにかく操船しているだけで十分に楽しいのだそうです。
こりゃ気が変わらぬうちに通わなきゃwwwwwwwなんてな!

そうそう、今回のタロウさんの船はまったくの別物に生まれ変わった!
前回不調だったエンジンを交換して、そりゃもう静かでスムーズだし、もうこのまま尖閣まで行けちゃいそうなほど速い速い!行っちゃいます尖閣?
裏を返せば前回は本当に不調だったんですね。確かに前回は随所でトラブルと格闘してましたし。
タロウさん、元旦はこの船から初日の出を眺めるそうですよ。素敵やん?(島田紳助)
今回は速さもさることながら、流し中の微調整も出来るようになっていて本当に素晴らしかったです。

P1010780_r

シーバスのポイントに到着しました。
前回私がフッコをバラしたポイントです。
コレいったい何の施設なのかと思い、あとで調べてわかったんですが、その名も「○○石油シーバース」

ほほう、シーバースにシーバスが居ついてるわけですな?

そのまんまやん。

ここで余談ですけど、元阪神タイガースの歴史的スラッガー、ランディ・バース氏の本来の読み方は「ランディ・バス」なんです。
「BASS」ですから当然ですが、当時「バス」のままだとスポーツ新聞に「阪神バス、故障」とか「阪神バス、ブレーキ」など、実在の系列会社を絡めて揶揄されるのを恐れたんです。
それで「バース」と伸ばして発音することにしたんだそうですよ。はい豆知識でした。
ただし20年以上前に聞きかじった話です。あえてネットで検証してません。面白味に欠けるから(笑)

まぁここでも証拠写真はないんですが、まず昨夜酔っ払って携帯を紛失したちよさんにセイゴが来ます。
招待された身としては、スレ掛りだなんて口が裂けても言えませんけど、スレ掛りでした(笑)
これ、見てなかったけどキープしたんだっけな?
酒肴ハンターだからキープしても不思議じゃないけど。
そして60gのムラジグ(村越正海氏プロデュースのジグ)を、橋脚の中に投げていた私にも来ます。
しかもワンキャストワンフィッシュの入れパク。はっきり言ってジギングの神が降りてましたね。
でも神がかってるわりに釣れるのが小さいんだな。多分コロボックルみたいな神様だったのかも。

P1010782_r
まぁ、こんくらいのとかね…
水滴でぼやけてすんませんな。

P1010785_r
コイツはギリギリのキーパーサイズでしょう!この釣況下においてはっっ!(キリッ!)

キープしたのが50cm弱一本のみ。
前回もそうだったが、どうもこのシーバースのシーバスは小ぶりな型しかおらんようです。
そしてまさかの外道登場…!?

P1010783_r

どうです。ジギングでメバルですよ。こりゃ完全に邪神が降りてますね。
でもこの際はっきり言っていいですか?
シーバスの3倍は嬉しいかもです(笑)
まぁその後はバイトもぱったりと途絶えて、各自寒さと雨で疲労の色が濃くなったので上がることにしました。
このポイントでジギング神に捧げた(根がかりロスト)ジグは、なんと4本。
ストラクチャーを果敢に攻めたとは言え、これは近年まれに見るロスト率ですよ。
ここで敢えて矛盾した一言を発したいと思う。

「神も仏もないものか」

一本600円としても2400円。これだからルアーって奴はなぁ…(´Д⊂
それと今回は神降臨以前に、タロウさんの操船のおかげで釣れたということを忘れちゃいけません。
聞けばそのうち魚探も装備するらしいので、ガサから漁への昇華が期待できますな。なーんつって。(そんな簡単なもんじゃないらしい)
そんなわけでタロウさん、そして誘ってくれたちよさん、今回も本当にありがとうございましたm(__)m
次回は頑張ってちよさんの活躍も激写しよ~っと。

|

« セルフサンタがやってきた | トップページ | 水族館の画像で言いたい放題 »

魚類」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/56429984

この記事へのトラックバック一覧です: 雨に煙る東京湾で釣り納め:

« セルフサンタがやってきた | トップページ | 水族館の画像で言いたい放題 »