« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月13日 (日)

なんだかカサゴがすごいんですけど

ガサ友ちよさんから有害な写メが届いたのが先週。
何なんですかこの大漁っぷりは。けしからん。実にうらやまけしからん。

44_0_2

カサゴがなんと一時間で14尾の好調。
その前の週に釣行した際は渋い結果だったってーのに、一週間でこうも変わるんですかねぇ。
んなわけで再度タロウさんの船に乗せてもらいました。甘えてばかりでスンマセン。

P1010900_r

今回はガサ相棒亀将軍も参加。
亀将軍同行となると、家を出る時間は明け方3~4時となります。一人なら前日に着いて現場で寝ちゃうんですけどね。
そんなわけで前日は22時に床に就いたんですが、案の定このパターンは寝付けませんわ。
生活のリズムに逆らうのはもちろんですが、階下から聞こえる家族の生活音、さらに掛け時計の秒針の音まで気になる始末。
ここは伝家の宝刀「耳栓」を使いたいところですが、アラーム音が聞こえずに寝過ごす可能性が出てくるという、実にもどかしい相反性で泣く泣くやめておきました。
こんなオッサンですが結構繊細なんですよ私。ついに掛け時計を外してクローゼットに放り込んでやりました(笑)

P1010903_r
P1010906_r

いつもよりちょい早い出船で行きます。んで早めに戻ってくる予定です。あとでイベントが待ってるんでね。へっへっへ。

夜明け前の東京湾は初めて見る光景ですね。
臨海工業地帯の雰囲気も相変わらずいい感じ。
煙突から余分なガスを燃やしている光景が、ブレードランナーみたいでこれまたいい感じ。
そしてレプリカント(ガサ専用モデル)4体が目指すのは、カサゴの一級ポイントであるおなじみ「風の塔」であります。

P1010908_r

まだ暗い中、風の塔に到着。
ミヨシにちよさん、トモに亀将軍、そして胴の間に私の配置で臨みます。
(あとで気付きましたが、この配置は写真撮影するにの最適な位置関係でしたね)
ちよさんは先週に続く爆釣を、私はそのちよさんの釣果が本物であるかどうかを知るために、そして亀将軍は第一回目の鮫将軍の汚名(?)を返上せんとして、水深28mへ仕掛けを送り込みます。
さてファーストヒットは誰の手に?

P1010909_r

なんと亀将軍がその栄冠に輝きました。しかもかなりの良型です。こんなことってあるんですね。(思いっきり失礼ですなw)

P1010910_r

ありゃりゃ!また亀将軍!?
このあとさらに一尾で亀将軍の滑り出しは好調。
「カサゴ将軍と呼んでくれ」
と凱歌をあげる亀将軍、いやカサゴ将軍に対し、ちよさんと私は完全に沈黙。
ぐぬぬ…ちょこざいなシャークマン!ヤバイ。ヤバイぞ。このままじゃ法則が覆される。
「やっぱ短い竿は楽でいいわ~」を連発する亀将軍ですが、そう言えば前回はえらい長めの竿でしたもんね。え?なに?これテトラ竿なの!?
「来た!」とか言ってるわりに竿がしなってないから変だと思ってたのよ。
まぁ確かにカサゴとテトラ竿は縁のあるものですが、まさか船で使うなんてワイルド過ぎwww

P1010912_r_2
ちよさん、定位置で完全に沈黙…いや私もですが。

P1010913_r_2

東京湾が朝焼けに輝き始めましたが、ここまで私もちよさんも鳴かず飛ばず。
期待はずれにちよさん写メのコラ説まで唱え始める私でしたが、日の出とともに食いが立ち始めたのか、ようやく一尾来ました。

P1010915_r

まずは一安心ってとこですが、これからです。
法則に反して、手掴み最強釣り最弱伝説の亀将軍に水を開けられているのが納得出来ないのです(笑)
もちろんこんな失礼な事を本気で思ってるわけじゃありませんが、面白いから今後もこれはネタにさせてもらいます(笑)

P1010917_r
と思ってたら二尾目来ました!結構な良型です。

P1010920_r
沈黙していたちよさんにも良型が来ます!

これはどうしたことか、日の出とともに状況が一変します。
どこを流してもアタリまくりの釣りまくりで、さすがに船中も陽気なジョークが飛び交い始めます。
これは楽しいですね。操船するタロウさんも釣れるたびに景気のいい合いの手を入れてくれて、自然と場が盛り上がります。何と充実した朝でしょうか(^^)

P1010921_r_r_3P1010922_r_rP1010923_r_rP1010924_r_rP1010925_r_rP1010929_r_rP1010930_r_rP1010931_r_r

P1010927_r

御覧くださいこの笑顔の波状攻撃を。まぁこんなデカいカサゴが何本も釣れちゃうんですから、そりゃ笑いが止まりませんわな。
沖ならではの大カサゴに「ブラックバスみたいだ!」とはちよさんの弁ですが、まさにその迫力です。
貧乏臭くて悪いですが、このサイズなら市場価格1,000円以上はするんじゃないでしょうかね。カサゴ結構高いですからね。

P1010932_r

すでにクーラーボックスはこんな状態になっており、この時点で各自20cmほどの魚が釣れてもリリースする余裕まで出て来ました。
まだまだ釣れ続いているのですが、この後の予定に備えて8時過ぎに沖あがりとしました。

大満足

最終的な釣果(キープ数)は、ちよさん10尾、亀将軍11尾、私が17尾。
亀将軍を抜き去り、例の法則が健在であることを見事証明しましたよ(なんつってw)
竿頭になれた大きな要因は、なんといってもバラシの少なさでしょうな。
前回少し柔らかめに感じた「ラグゼ白刃」は、結果的に食い込みの良さという点で優位だったように思えます。
なんたって右の人はテトラ竿ですからなwww
じゃあ左の人(ちよさん)はどうなのかというと…
これがちょっとしたネタになっちゃうんですが(笑)実は針が極端なネムリ針に変形しているのに気付かなかったんですよねwww
一体どこでどう変形したのか不思議なんですが、ちよさんはエサを付け替えないことでサバ皮がヘロヘロになってアピールするのを狙ってたんです。
確かにグラブのテールよろしくヒラヒラとアピールするのは納得出来ます。
誰でも自分なりのシークレットがありますが、もしこまめにエサ替えしていれば針の変形に気付いたというわけです。
もっともここ一番とばかりに必死になっていた私に比べて、ちよさんなんざこの程度のミスはおそらく笑い飛ばせるほど余裕がありそうですからねぇ。もうカサゴ食い飽きてるでしょ?(笑)

さて一度帰港し、9時からは冒頭でもほのめかした通り、あるイベントに突入します。
これがまた普通じゃちょっと体験できないようなイベントだったんですよ。

P1010933_r_2

なんと、カレイの調査捕獲に同行させていただくことになったんです。
ご覧のとおり、ちゃ~んと特別鑑札もあります。これは貴重な体験ですよ。
乗り換えた船は、川崎新堤への渡船で有名な船宿「長八」の和船です。もちろんキャプテンもいぶし銀のご主人にチェンジ。なんでもタロウさんの師匠だとか(^^)

P1010934_r
いざ漁場へ。今こそサブちゃんが似合う場面…いや鳥羽一郎にしとくかな。

P1010936_r

漁場は前日にタロウさんが網を入れた某所。投釣りで届くほどの岸寄りでした。
いきなり姿を見せたのはアカエイ。例の毒針に細心の注意を払います。

P1010939_r
カレイがポツポツ上がり始めました。

ポツポツと言っても投釣りで狙うとかなり手強い相手ですので、この狭い海域でこれほどのカレイがいること自体驚かされますね。
いや東京湾侮れません。カサゴを見てもわかる通り、むしろ豊かな海なんですね。
これまで地元相模湾のほうがはるかに優れた海だと自負していたんですが、黒潮系って意外にも栄養分が少ないのだそうです。これ正月の江ノ島水族館で学びました。

P1010940_r

P1010942_r

長八の船着場で網外し作業を行います。
アカエイは食うのかと思いきや、その場で尻尾を切って廃棄しました。やっぱ食わないんですね(^^;)
コイツが入ると高確率で網を切るハメになる厄介者なんだそうです。毒針さえなければ、もっと素早く大胆に網外しが可能なんですがねぇ。
とにかく我々も出来るだけ網外しを手伝います。
カレイはちょうど産卵期ということで、肉厚な個体は0。唐揚げ向きですね。手で掴むと精子を放出するオスが多数を占めました。

P1010945_r

網外しが終わり、我々ガサガサ隊メンバーも3枚づつカレイを頂きました。
長八スタッフの皆さん、貴重な体験をありがとうございました。これでも前回に比較したらはるかに不漁だったそうですよ。
今夜はカレイの唐揚げーーー!

P1010947_r
5枚おろしするのって久しぶりだな~

P1010955_r
頭以外余すとこなく唐揚げにしました。身が痩せているとはいえやっぱ美味いっす!

P1010949_r
おさらいですが尺カサゴの迫力は結構なもんです。私の手と比較してみてください。
最大で32cmでした。

P1010951_r
食うのは翌日以降ですが、下処理だけは済ませておきました。
次男坊がしゃしゃり出てきてオレにもやらせろとうるさいのです(笑)


P1010953_r
釣った時はまったく気付きませんでしたが、尾びれが欠損した個体が混ざってました。
丈夫な尾びれがないってことは、おそらく幼魚のうちに外敵に襲われたんでしょうけど、よくここまで成長したもんですな。

 

| | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

新春ステルス@駿河湾

連休も終盤。
今年は曜日のめぐり合わせがよく、我が中小企業でも9連休という恩恵を享受することとなりました。
例年なら嫁さんの実家でのんびり異郷の雰囲気を楽しみながら過ごすのですが、今年は長男の高校受験でそれもなし。
地元で過ごす正月もたまにはいいかなと考えましたが、蓋を開けてみれば寝正月です。まぁ想定内ですけどね。
そこでガサの盟友である亀将軍と相談し、せめて何らかのイベントをということで夜釣りに行くことになりました。

P1010877_r
NEXUSのロッドケースとPROVISERの背負子!?質実剛健の亀将軍らしくないブランドじゃないですか!
こんなの持ってたんですねぇ…知らなかったわ。

とりあえずの青写真は八景島の夜ガレイ。しかし江ノ島帰りに見た上り線の大渋滞に戦慄し、非常に気が重いわけです。
その代替え案として、沼津のサーフで投釣りはどうかという話になりました。
よござんしょ。西へ行くのは大賛成です。

P1010878_r

ここはどこ?私は誰?
相変わらずのステルスガサ専ということで、闇夜に紛れてやってきました。
ここは沼津の千本浜というところで、亀将軍が真鯛やマゴチを上げた実績のあるポイントなのであります。
エサは途中の上州屋で虫エサ(アオイソメ)を調達してまいりました。考えてみりゃ虫エサ使うの久しぶりであります。

P1010884_r
久しぶりのトレマーズでやんす。

コイツを二匹ほど針に刺してチョイ投げ。その距離10mほど。そりゃもう正真正銘のチョイ投げであります。
サーフでチョイ投げってあり得ねーだろ!と思うでしょうが、ここがどこかもう一度言いましょう。沼津です。
沼津と言えば日本屈指の急深を誇る駿河湾なんです。
もう海岸の構造からして普通じゃない地形なんですよね。「河岸段丘」ってわかりますか?まさにそんな感じでドロップオフっちゃってるみたいなんです。

P1010887_r

いざ戦闘開始。
いや戦闘ってほどでもありません。今日は何を狙うでもない手慰みの夜釣り。
結果を求めるだけが釣りではありません。雰囲気を楽しみながらのんびり竿を出すことにも意義があるのですよ!ですよねぇ~!(釣果の伏線です)
急深サーフのチョイ投げということで、道具立てもナメきってますぜ。
基本ウナギ・マッカチン共通タックル(約7フィートの根魚ロッド+2500番リール)&仕掛けもウナギリグ。
このウナギリグがもうね、テンビン要らなくね?ってくらい、投げても投げても不思議と絡まないんだな(笑)

Photo_2
これが「ウナギリグ」だっ! (…って自慢するほどのもんじゃねーよ)

私的にですが、投げても落としても大活躍です。
最近じゃ大着してリーダー取らず、PEとサルカン直結してるのでなおさら手間が省けちゃったりして。
まぁ手強い獲物と対峙するわけじゃないので、よほど神経質な相手じゃない限りこれでいいのです。
まぁある意味パイロットリグとも言えますな。

P1010880_r

さて釣りのスタイルはご覧の通り優雅なもんです。
普段やっているプライベート・ライアン冒頭30分のような修羅場に比べりゃ(そこまでじゃないだろw)ビキニのおねーちゃんがローラースケートで飲み物運んできそうなほどリラックスできます。

問題は魚が釣れるかどうか。

ですよね~(伏線はすでに張ってます)
投げてみると確かに急深で、ドロップオフで何かがすぐ食ってきそうな雰囲気なんですが、アタリらしいアタリがまるでありません。

P1010891_r
じっとアタリを待つ亀将軍

P1010889_r
彼の本職はキャスターなので、ちゃんとした投げタックルです。

P1010886_r
 
そのうち飽きて餌木を投げ始めましたが…投げ竿と投げリールで餌木?いや気のせいですよね?

19時半から釣りを始めたわけですが、これはかなりの諦めムードになってきました。
もともと釣果は期待してませんが、見た目と裏腹の生命感のなさにちょっぴり落胆です。
この浜までそれなりの距離を走って来ましたからね。もうウミケムシでもいいよ。私に何か生命感をちょうだい!お願い!
その時です。私の竿が一本だけ三脚から外れて倒れました。
巻いてみると確かな生命感!

P1010882_r

巨大アナゴ捕ったど~~~~!!
ウソです。単なる景気付けの虚飾で巨大じゃありません。目測35cmほどでしょうかね。

P1010883_r

まさかコイツ、クロアナゴじゃねーだろな?
そう疑って一か八か口に指を突っ込んでみましたが、例のカミソリのような歯ではなく、ザラザラとした感触でマアナゴと判断。
マアナゴ釣ったの久しぶりですわ。しかし!
こういうニョロニョロ釣るとすぐさま脳裏によぎるワード、それは

「捌くのめんどくせ」

ウナギの話で何度も言っていますが、こういうのは数釣れてくれないと困るんですよね。
一本ばかり料理せよと言われても、手間暇と食の瞬殺度を思えば敬遠したくなるってもんです。
案の定、同じラインに投入するも後が続きませんでしたわ。
どうしてアナゴはいつもこうなのかね。船から釣ると幸せになれる魚種なんでしょうけど、陸っぱりだと中途半端な釣れ方しかしない悩ましい魚です。
でもこれでボウズは回避!やったぜ!(全然やってない)

P1010890_r

時刻も23時を過ぎて諦めムードの中、あとは亀将軍が屈辱的なボウズを喫するのを待つだけです。なんと低レベルな争いなんでしょうか。
もう何をしても無駄。さようなら亀将軍。お悔やみ申し上げます。
手掴みガサじゃ完敗ですが、やはり釣りとなると私の後塵を拝する機会が増えるのです。
まさに今、今日ここで、またしてもその統計が正しいことが証明されようとしています。
今の彼には酷ですが、道具を使うのが上手なほど霊長類として進化を遂げた証となるのです。それは人類の長い歴史の中で証明されてきた揺るぎない事実なのであります。
その点で手掴み最強の亀将軍は、やはり野人の称号がふさわし…あれ?

P1010895_r
なんすか?エサのアオイソメがどうかしましたか?

P1010896_r
何これ?

P1010898_r 
プラナリア?んなバカなwwwwって何これ!何なの!?ねぇ何なの!?

P1010899_r
パターン青、使徒です!…じゃなくて!この特徴的な尾びれが気になるんですが…

というわけで奇跡的なフッキングでカンディル…いやヌタウナギ、もといプラナリアを釣り上げた亀将軍は

「ボウズ脱出っ!!」 (それアリかいwww)

と勝鬨をあげてますが…
いやマジで何なのかわからん。この魚。
ネットで調べても調べようがなくて困ってます。
唯一似ているのが「ミミズハゼ」というハゼ科の魚ですが、これは汽水域を主にした淡水系の魚なんですよね。容姿もよく見れば違います。
これわかる方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。
というわけで今回は下にコメント欄設けておきますね。
回答なき場合は某知恵袋か、あるいは県の水産研究所にメールで問い合わせてみたいと思ってます。

そんなわけで、釣果を期待しない「ゆる釣り」の話はおしまい。
でも外に出れば何かしらサプライズっぽいことって起きるものですね。
やはり寒さに負けず行動を起こすのは大事なことなんです。
もちろん一人じゃ無理ですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

水族館の画像で言いたい放題

P1010794_r

江ノ島です。新春3日は近場で遊んできますた。

P1010791_r

尋常でないサーファーの数…私を含め趣味に没頭する者は皆酔狂ですな~
私が江ノ島から連想するワードといえば、「暴走族」「DQN」「落書き」「漂着ゴミ」「手垢だらけの海」などのネガティブイメージばかり。
藤沢生まれの私ですが、あまり自慢できるスポットじゃありません。むしろこの界隈は避けて通るほどです。交通量も年間通して多いですし。

P1010797_r

しかし今日の目的は新江ノ島水族館。この界隈で唯一「気の進む」スポットですね。
実は次男坊にリクエストされてここへやってきました。
どうせ行くなら八景島でも…と提案したんですが、嫁さんの意見もあってここにしました。
八景島なら「わざわざやって来た感」が少しは満たされると思ったんですが…まぁいいや。
では早速入館してみましょう。さてその実力のほどやいかに?

P1010803_r

入場してすぐにあるのはゴロタ場を再現した水槽で、一定時間ごとにサラシが発生する仕組みになっています。
ネンブツダイやメジナ(なぜか尾長オンリー)が乱舞する非常にリアルな造りで、この写真からわかるように夏に潜りで目にするのとほとんど変わらない再現度に仕上がっていました。
実は新江ノ島水族館は二回目なんですが、ずいぶん前のことなのでジジィの記憶力では覚えてないんですよ。(新年明けてすぐに誕生日が来るので自虐的になっています)
ひょっとしたら展示内容をリニューアルした経歴があるかもしれませんが、初っ端から「真面目な展示」に好感が持てました。

P1010807_r

ここでジジィは結構な時間釘付けでした。
ウザい外道代表のネンブツダイも、こう見ると美しい…否!やっぱりウザいわ。
この目つきの悪さはオハグロベラに次ぐウザさであります。わかる人にはわかると思う(笑)

P1010806_r

潜りガサの記事見りゃわかりますが、ハコフグもリアル世界ではもっと綺麗。
おそらく光量やエサなどの飼育環境で変わってくるんでしょう。ま、ご存じの通り魚はみんな体色コロコロ変えますからね。
メジナやメバルも総じて白っぽい個体ばかりでしたからな。
しかも万全な給餌のおかげなのか、丸々と太って美味そうなヤツばかりです。

P1010812_r
P1010816_r

相模湾大水槽。
入館してわりとすぐ佳境が訪れます。
過密飼育は水族館ならではのご愛嬌ってとこでしょう。
魚種に関しては現実的で好感が持てます。私はここまで相当数の「美味そう」を連発しており、そのたび嫁に笑われました。
良型イサキ、イシダイ、カンパチ、尺超えのメバル…これぞ近海水槽の魅力であります。

P1010818_r

自発的に水族館を希望するなんて、長男より素質十分。コイツは将来ガサ相棒になってくれる予感がします。

P1010822_r

途中、おねえさんがカメラを持って潜り、モニターに魚のアップを映し出すというイベントがありました。
かつてのニュースステーションの潮美ちゃん(懐かしい)みたいに、水中で話せるマスクを使ってレポートします。
ビキニだったら満点だったのにね…(エロジジィ視点)

P1010813_r

同じ水槽を半円形の小窓から見た光景。岩礁帯の雰囲気がイイ感じです。

P1010843_r

クラゲに特化したコーナーです。
この他にも様々な種類のクラゲが展示されていましたが、いかにも女子ウケの良い「ぬるい」展示物で、私ははっきり言ってどうでもいい(笑)
冒頭のゴロタについて「真面目な展示」と表現しましたが、これが「不真面目な展示」の一例です(笑)

P1010845_r

かなり暴言ですが、不真面目な展示の典型、それがコーラルフィッシュであります。
「きれい」「かわいい」など、完全に婦女子の感情に訴えている点があざといです。
これははるか遠い熱帯の海でのお話であり、きわめて現実離れした世界で面白味がありません。
ただしコーラルフィッシュの展示はこの一角だけ。実はほとんどが地元相模湾に根ざしたものばかりで好感が持てました。

P1010824_r

屋外ではイルカショーが始まりました。

P1010829_r

あまりクジラ類に興味が無いのでわかりませんが、これはオキゴンドウかな?
最前列はスプラッシュゾーンで、水しぶき浴びたオバサンがすんげ~~迷惑そうな顔してて笑いました。
そんなに嫌なら見なきゃいいのにwww

P1010841_r

イルカやおねえさんを見るより、ジャンプの瞬間をきれいに捉えることができるか!?とか…完全にカメラで遊んでましたわ。
これ結構難しい。おまけに午後から曇って寒々とした画像になっちゃいました。

P1010838_r

内容的にはイルカより、おねえさん達の歌やダンスなどのパフォーマンスが目立ってしまった感じです。
前回はオーソドックスなイルカショーだったんですけど、だいぶ趣向が変わったようです。
ファンタジー色を前面に押し出した演出は賛否両論でしょうな。もちろん私は「否」(笑)
ただしビキニなら…(えーかげんにせー)
まぁ次男坊は喜んでましたけどね。ジジィの価値観に合わせるのは大変だ(笑)

P1010847_r

おさわり水槽ではヒトデやナマコをいじって遊べます。
もうちょい大きくなったらイヤというほど出来るぜ。夜だけどな。

P1010850_r_2

去年の夏、亀将軍に食わされたボウシュウボラとこんなところで再会出来るとは(笑)

P1010852_r

おさわり水槽を出たらこんなものが!
しんかい2000展示とな!?
まさか潜水艇そのものを展示してあると言うのかね?

P1010856_r

その「まさか」でした。
2005年に退役となったしんかい2000がそのまま展示されています。さりげなくスゴイです。

P1010854_r

初めて実物のマニピュレータを見ましたが、結構カッコイイものです!

P1010857_r

サイド部分はスケルトン展示でして、バッテリーやら浮力調整のメカやらの構造がわかるようになっていました。

P1010858_r

後方からの勇姿。
うむ、これはなかなか良い物を見たと思います。
こんな大きなものどこから入れたんでしょうね。ま~た寝られなくなっちゃいますね。(古っ)
そういえば北朝鮮の工作船が船の科学館に見せしめのように展示されてましたが、アレも見ておきたかったですわ。
今だに見に行かなかった自分を悔やんでます(笑)

P1010863_r

世界の深海探査艇の比較で、現行型のしんかい6500を上回る7000mまで潜行した中国の潜水艇があることを知りました。
去年の8月に達成した記録だそうですが、限界性能目一杯に営業運転しちゃう中国新幹線思い出しました(笑)
どうせロシアあたりの技術だろうけど、ほんまに大丈夫なんかコレwwwww
彼の国は命の値段安いし、 まぁ何か事故が起きても深海に捨てちゃうのかな。
多分生物より海底資源の調査が目的だろうなコレwww

P1010864_r

帰りに1,890円の鮫フィギュアセット買わされましたわ…
Amazonあたりで値段相応のものが売ってそうですが、ここは子供と日本経済のために出費(笑)
とは言え例にもれず中国製なんでしょうけど。

総評として、観光地にある水族館にしては真面目な展示で楽しかったと思います。
水族館というと、たいていはジンベイザメ・ラッコ・ゴマフアザラシ・ジュゴンなどの目玉を用意しますが、ここはそういう目玉に相当するものがありません。だがそれがいい。
テーマパークではなく、博物館に近いスタンスのように思えます。
暗すぎて写真は撮らなかったけど、個人的な№1は生きているダイオウグソクムシ(最高にカッコイイ節足動物です)と、図鑑でしか見たことがなかった古代鮫ラブカのホルマリン漬け標本でした。(マニアックすぎ)
このへんは日本有数の深海域を有する相模湾の特性に沿った展示ということで、なかなか楽しめました。

水族館を見たついでに、江ノ島神社まで上がって初詣を済まそうと計画してましたが、やはり今回も時間が足りなくなってしまい、海岸を軽く散策しておしまいにしました。
以前の地球博物館も同様ですが、解説文まで余すことなく楽しもうとするとこうなります(笑)
何度やっても学習できませんね。

以上、新年早々雑談にお付き合いいただき、ありがとうございました。
休みが長いと、メシが美味くないです。あと不健康な話ですがタバコもうまくないです。人間は労働あってこそのメシウマですね。
本年も駄ブログをよろしくお願いしますm(_ _)m

P1010869_r

| | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »