« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

【どよよ~ん】寒くて死ぬぅぅぅーーーー【終日】

まずお断りしておきたいのは、貼り付ける画像がどれもこれも寒々しいということ。
なんでそうなったのか?
そりゃ見てそのまんま。朝も昼も体感温度は変わらずの一日だったからです。
いったい春はどこへ行ってしまったんでしょうかね…

Imag0076_r
どよよ~ん

京浜ガサガサ隊のちよさん&タロさんから潮干狩り&夕マヅメメバルのお誘いがあり、再び東京湾に浮かぶこととなりました。
ただし夕刻から自治会の会議に出席しなければならないため、朝カサゴ&潮干狩りへと計画変更していただきました。
前日の陽気から一転して、東京湾は北風吹きすさぶタフコン。
朝カサゴ目当てに風の塔へ向かう船中はご覧のとおりの低活性であります。

Imag0078_r
どよよ~ん

ポイント到着早々に、幸先良くちよさんが良型カサゴを上げました。
さすがは一級ポイント。私もこれに続けとばかりに急いで仕掛けを作り(作ってなかったのかよ)投入、底ダチをして流します。


再び底ダチをして流します。


再度底ダチし直して流します。


…何ら反応ありませんね。



寒いです。
そして波風による船の揺れで疲れます。
ここで一発良型が来てくれないと、もう死んじゃう。
そう。昨日の陽気に油断して、防寒着ではなくウインドブレーカー程度の装備で来てしまったのであります。ああなんという大失敗…

Imag0079_r
どよよ~ん

そんな私を尻目に、私以上に軽装備な亀将軍にアタリが連発します。
よく見ると彼の竿は前回のテトラ竿ではなく、どう見ても1980円ぐらいのペナペナロッドじゃありませんか。
軟調の竿が有利であることがついにバレちゃったみたいです。でも悔しいことに魚はバレません。カモーーンシャーーーーークアゲーーーーーーン!!!

Imag0082_r
どよよ~ん

シャークに障るけどシャークじゃない。さよならだけどさよならじゃない。しかもポットベリーな良型すぎる良型。なんとも羨ましい。
いやいやこりゃ何かの間違いでしょ。セ、セオリー通りならこのあと私が逆転して竿頭になる予定なんだからねっ!
ところが私どころかちよさんもまったく振るわず、このあとも亀将軍の独壇場でありました。





「これはっ!ボウズの予感………」






ボウズの予感が ただ 駆け抜けるだけ…

寒いですぅ!
寒いよぉぉ~~
なんとかして~~~~


Imag0084_r
どよよ~ん

なんとかなりました!!!
なんとかなりましたが…小さい。そして時すでにお寿司
潮干狩りに備えてあっという間に納竿の時間が到来しました。
結局ちよさんと私は一尾のみ。あ~そういえばちよさんはサバの切り身でセイゴを釣るというアクロバットを見せてくれましたな(笑)
亀将軍は4尾ほどでしたかね?実はしっかりカウントしてませんでした(笑)
なんせ隣で「食った!」とか言うたびに「アーアー聞こえなーい」だったもので…
とにかく「手掴み最強釣り最弱伝説」を克服した今回の亀将軍様。
明日東海地震起こさないで下さい(笑)おめでとうございますコノヤローです(^ω^)

さて陸に戻ってからは潮干狩りの準備です。
今回の目玉は、なんと東京湾某所で「HMGR」が採れるのでええい採っちゃおう!というものです。
まぁ普通潮干狩りとなれば熊手片手にわいわいキャッキャと童心に帰るものと相場が決まっておりますが、京浜ガサガサ隊が用意してくれたものを見て驚愕しました。

Imag0085_r

なーーーんじゃこりゃ!
こんなジョレンのボスキャラみたいなものが存在するんですかっ!
オールステンレス製の特注品で完全にプロ仕様。しかも重い!10kg近くはあるんじゃなかろうか。
あとで調べたらジョレンではなく「マキ」と呼ぶそうです。これをタロさん丸に積み込んでポイントに向かいます。
そう。今回初めて経験するんですが、ボートからアプローチする潮干狩りなんです。

Imag0086_r
どよよ~ん

まもなく昼だというのに相変わらず風が強く寒いままです。
ポイントの画像は控えようと思いましたが、すでにWeb上で晒されまくっているようなので無加工で掲載することにしました。
ま、こんな感じで飛行機がブンブン飛んでいる真横なんですけど。
さて「HMGR」とは何なのか?それは近年非常に希少価値が上昇したあの貝のこと。
ポイント画像は掲載しますが、検索対策として貝の名称は伏字にしときますね。
それにしても潮干狩りポイントへボートで横着け(横も縦もない)とは、これまた妙な特権意識があるものです。
アンカーを下ろしてボートを固定すると、いよいよ海へのエントリーが始まります。

Imag0088_r
どよよ~ん

ガサ魂のビッグバンが始まりました。
京浜ガサガサ隊の手慣れた面々はそそくさと海へ降り立ち、例のジョレンのボスキャラを振り回します。
見た目と裏腹に遠浅なんですねここは。もういてもたってもいられない錯乱状態にも思えますが(笑)いやいやわかります!わかりますよ~

Imag0091_r
どよよ~ん

これがジョレンのボスキャラ「マキ」の使用方法です。
横からの図を撮影しとけば良かったんですが、このように馬車馬状態で使用します。
とにかく途上国で農機具を水牛に引かせているアレだと思ってくれたらOK。
引きながらシェイクして砂を振い落とすのがコツで、私も最初は戸惑いましたが徐々に要領を得ることが出来ました。
一般的に東京湾の潮干狩りではジョレンのサイズに制限がありますが、ここは漁業権がないため合法なんだそうです。
歴史を紐解けば空港建設時に漁業補償が支払われて解決済みなんだとか。

Imag0089_r

そしてお目当ての獲物がコレ。「HMGR」です。本物です。モノホンです。
私も幼少の頃から潮干狩りは何度か経験していますが、実際にHMGRを採取したのはこれが初めて。
なかなかの迫力ですが、去年に比べて数も型も落ちているそうです。にしても重量感がありますね。

Imag0092_r
ソコリの12時半を迎える頃には、タロさん丸もご覧の通り完全に着底します。
こんな芸当もいろいろと融通が利く小型船ならではだと思います。


このガサの短所はズバリ「腰に来る」ということ。
まぁ最初はガサ魂爆発で夢中なんですが、徐々に腰が痛くなるほど疲れて、しまいにゃジョレン(マキ)を持ち上げることさえ満足に出来なくなります。マジです。
最もハードに感じたのは引き終わって砂を振るい落とす作業でした。
それでも2回に一度はHMGRが入るペースで進み、これがテンション持続の要因となります。
ま、冷静に考えりゃ効率悪いんですが、相手が相手ですから夢中にもなるってものです。
そして働けば働いた分見返りがあるのも間違いありません。なんせ潮干狩りマニアの亀将軍も夢中になってましたからね。
またこの寒さから逃れるには働いて体を温めるしかないという奴隷状態にあり、ボートに戻って休憩したままのほうがよほどヤバイ状態に追い込まれます(笑)
さあカップラーメン食ったらマキ引っ張る仕事に戻るんだ!
これ絶対明日は腰がヤバイ…

Imag0093_r
「俺、この仕事が終わったら家族でHMGRの吸い物飲むんだ…」(腰死亡フラグ)

最終的な戦果はご覧の通り。もう腰が痛くてマキを持ち上げられないとこまでやりました(^^;)
たまにホンビノス混じりで我ながら本当によく働いたと思いますよ(笑)

Imag0096_r
一方亀将軍は…

Imag0095_r
同じ労働ではるかに良型とはこれ如何に!?YOUはSHOCK!!!(俺の心 折れてくる)

本職の手掴み系ガサで再び亀将軍が光輝きました。今日はさながら亀将軍DAYと言ったところです。
自称潮干狩りマスター…いやいやさすがです。夢は尺マテ貝だと豪語してましたし…(どんなんやねん)
そんな達人も帰路の時点で腰痛を訴えてましたから、今回はハードでした。いやもちろん私もです。
ちよさんが事前に「当日夜の営みは諦めて」と言ってた意味がよくわかりましたよ(^^;)
もちろん翌日は二人揃って腰がグッキグキでした。
しかしそんなことを差し引いても、今回は私のガサ歴に残る素晴らしい経験となりました。
なんたって天然物にはめったにお目にかかれないHMGRですからね!
ちなみにここを見て「俺もHMGR採りたい!」と思った方…無駄です。もういません(笑)

| | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

林縁を彷徨う蒼い弾丸

年度末で忙しかった仕事もようやく落ち着き始め、平日ガサのチャンスが訪れました。
なんたって春ガサシーズンの短さは異常。もたもたしているとあっという間に終わっちゃうんです。
じゃあいつ行くの!?今でしょ!
↑このフレーズ、イマイチ文章に織り込むのが難しいです(笑)

しかし山菜における平日ガサのメリットは、釣りと違ってちょっと微妙。
林業関係者や引退した有閑オヤジどもを出し抜こうなんて至難の業ですからね。
そもそもライバルが本当にこいつらなのかも不明(笑)
実際に彼らが採取している場面に出くわしたわけでもないので、あくまで仮想敵なわけです。
あー見えない敵、ミエナイチカラと戦ってるんですね私はwww
あと、犬の散歩で異常なまでに山奥へ来る奴もいるようです。これも仮想敵。

P1020039_r

そんなわけで海抜500mラインにある砂防ダムへとやってきました。しかし…

P1020036_r

エントリーポイントでフキノトウ発見。しかもこんな感じで…
フキノトウをターゲットとしない私にとって、この成長具合がどれほどの指標なのかわかりません。
食すには明らかに遅い。しかし早春に収穫時期を迎えるフキノトウが、今だこの状態というのはもしや…

P1020038_r

やっぱり!
タラの方は、まぁ実際こんな感じの株が多かったと思います。やはりまだ早かったのです。
さすがは500mライン。収穫時期は来週以降といった感触です。したがってここでの収穫は「無」です「無」!
半休取ってこんな山奥まで来たってーのに…この際ZEROがいいZEROになろう!もう真っ白~(ちゃっちゃっちゃ)
さ~て一週間後に再び仮想敵との駆け引きが始まりますな。さて、どのタイミングで飛び出せばいいやら…
いや、飛び出しゃいいんです。泣き出しそうな心を蹴って。
でもこういうの本当はイヤなんですよ。そりゃ誰でもか(笑)

P1020040_r_2

ところがこのフィールド、一昨年新設された拡張エリアでちょっとした群落を発見。
スカを食らったようで新たな発見するのは山ガサならではです。
遠目では見えないものでも、分け入ることで見えてくるものがたくさんあります。
これだから山ガサは面白いんです。
もちろんこの群落も収穫まであと一週間は要しますね。

P1020042_r

諦めてコゴミの様子でも見に行こうかと下った250mラインで、いかにもな林縁ポイントを発見。
付近にレジャー施設のある道路脇だから手垢付きまくりの場所…でも一応降りてみるか!?

たちの悪い癖だね このまま体ごと
崖下に突っ込もうかなんてことまで浮かんでくる~

P1020045_r
P1020047_r
P1020046_r

道路から見れば採取済みの株ばかり。しかし分け入ってみれば時間差で萌芽したのか先行者の取りこぼしなのか、ポツポツと採取可能な株を発見します。
ここでもマクロ視点よりもミクロ視点の大切さを実感しました。
道路から目立ち過ぎの手垢付き過ぎポイントですが、結構長時間の藪歩きが楽しめました。ゼェゼェハァハァ…おもいっきし辛そうじゃねーか!
一応新規開拓達成!です。あてに出来ませんけどね。

Imag0075_r

本日の収穫量は370gでありました。
今日は短時間ですがかなりの汗をかき、足腰にもいい運動になりました。
なーんてリア充ぶるつもりはありません。正直に言わせてもらうが結構辛かったwww
でもまぁ序盤のZEROからよくここまで挽回したものです。
「転んでもただでは起きぬ」とは言いますが、山ガサでは意外とよくあること。
別に私が凄いわけじゃないんです(^^)

| | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

2013年山菜仕事初め

ブログ執筆も久しぶりです。
気分はシーズンオフのまま、桜の開花はまだだと思ってのんびり構えてたら、庭のタラノキが萌芽し始めて焦りました(^^;)
3月中にいきなり暖かくなって、関東でも桜の開花がちらほら聞こえる始末。
今年の私は近所の里山への一番乗りを目指していたので、こりゃもしかしたら出遅れたかもしれない!?なんて考えると金曜の仕事も手に付かないほどでした。ま、ちょっと大げさですけどね(笑)
で、勤務先から直行して仕事着のまま山へ突入してみると…

Imag0053_r

収穫はこのひと株のみ!
あとは綺麗サッパリやられてましたわ。早い、早いよスレッガーさん!

というわけで今年も見事にデオクレテアヌス…悔しいです。

近所の山を熟知している自負があるだけに、これは癪に障るというかプライドが許しません(笑)
「オレの山を荒らしやがって」ぐらいの勝手な被害妄想ですね(笑)
先行されちまったのは仕方ない。しかし気になるのは先行者はどれほどの成長度で摘んだのか?ということ。これ本当に気になります。
私のように可食部が十分に成長したものを摘む人なのか、それとも不十分な芽を青田刈りしていったのか。
それによって「本来のシーズンイン」の目安が変わってきますからね。
ま~とにかく今年も里山では後塵を拝する結果となりました。大事に持ち帰った一つのタラの芽…まさかこれだけで食すわけにはいかんので、明日は必ず追加して家族で初物を食ってやるぞという闘志が湧いて来ました。

Imag0047_r
こんなのもありましたが、この大きさを摘んでいたのは初心者の頃。
今は惜しみつつスルーしております。



翌日は見事に寝坊wwww
年度末の多忙な仕事で疲れが蓄積してたのでしょう。(言い訳)
それにしても今年のシーズンインは早いです。
駄ブログを確認してみると、一昨年の初出撃が4月7日、去年が3月27日。今年はさらに一週間早いですからね。
とりあえず近所ではない里山からチェックしてみました。

P1020026_r

まぁこんな場所ですが、結果から言えば思わぬ豊漁(豊作?)だったわけです。
事前にウォーキングで足腰と心肺機能を鍛えておこうと計画していましたが、去年から続く右足首の痛みと寒さ(それは関係ない!)で頓挫。(甘えとも言う)
ぶっつけ本番で大丈夫かと心配しましたが、足首の痛みはオラオラ状態で忘れてしまい、あとはかなりゼェゼェ言うだけで大丈夫でした。(全然大丈夫じゃない)

P1020029_r_2
伸び具合も私好みだったりして(笑)

P1020015_r_2

ここはおそらく私しか知らないポイントですが、今年は奥の方にしか生えてなかったタラノキが手前へと勢力を拡大していました。これは嬉しかったです。
したがって採取するのは綺麗なバージンばかり。去年まで小場所と割り切っていたポイントで、株が増殖したことによって十分な収穫を得ることが出来ました。

P1020024_r_2
今日一番ビューティホーなタラの芽

何年かタラの芽を追い求めていると、いろいろなことが解ってきます。
例えば、標高差が萌芽する時期に必ずしも直結するわけではないということ。
これは日照時間によって標高の高い場所でも早く萌芽するってことです。
平地標準のタラの芽=山地の開けた場所にあるタラの芽
端的に言えばこんな感じです。
てなわけでより高地にあるタラが気になり、条件に該当するポイントを見てまわりましたが、こちらではまとまった数を採取できませんでした。
主な要因は植物相の遷移が進んでいてほぼダメになったところと、それと工事人による先行ですね…
工事人による先行はあくまで推測ですが、山奥の下草刈り跡で早い時期に採っていくのは間違いなく工事人だと思います。
彼らは平日に毎日のようにやってきますから勝ち目がありませんし、よほど山菜に興味がない限りこんな美味いものを見逃しませんからね。

P1020032_r
ハリギリも1つだけゲットしました。ハリギリはまとまった数採取するのが非常に難しいターゲットです。

Imag0062_r

途中刺のある倒木に引っかかって負傷した上に、行こうみんなでワークマン♪で買ったガサズボンをダメにしてしまいました(^^;)
普通なら激痛にしゃがみこんでしまう局面ですが、獲物探しに必死だとあまり痛くありません。人は興奮状態で痛みを感じにくいんですよね。
戦場ではアサルトライフル(5.56mmNATO弾)で撃たれても平気で突撃してくる兵士がいるって話ですし、アメリカの警察では凶悪犯の動きをいち早く止めるのに9mmパラベラム弾では不足なので、40SW弾や45ACP弾を使うようになったほどですから…(何の話やw)

Imag0065_r
今シーズン初の収穫は650g。
今年から山菜も重量で収穫量を表してみようと思う。

まずは今年の初陣を勝利で飾り大満足ですが、問題はこれからです。
既知のポイントは年々遷移が進んで衰退の一途ですし、他者との競争が激しい場所も殺伐としてイヤ。そろそろ本腰を入れて新規開拓しないと将来がありません。
新規開拓とは新たに伐採されたエリアを探し当てること。これは己の足で地道に探索するしかありません。いやいやしんどいなぁ~(笑)
もっと無駄な杉林をバシバシ切らんかいと言いたい。花粉症で悩める人のためにもね。

ところで、藪こぎしていると胸ポケットに木くずやら埃やらいっぱい入ってくるわけですが、ここで新調したスマホの防塵機能が役立ちました。
それにauはSoftBankに比べて山奥での圏外率が低くてありがたい。まさかあんな山奥でYouTubeをLTEで視聴できるとは思いもしなかった…いや実験してみただけですけどね。普段はそんな暇ないのでやりません(^^)
防水防塵スマホ、そして800MHz帯の電波最高です!

Imag0066_r
自宅近くの帰り道で妙なタラの芽(左)を採取しました。
ウルシのような色合いでメダラともちょっと違う。そもそもほとんど産毛がない不思議なタラ。
恐る恐る食いましたがタラでした(笑) これが噂に聞く栽培種なのか?

| | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »