« 林縁を彷徨う蒼い弾丸 | トップページ | 今年も見えない敵と戦う »

2013年3月30日 (土)

【どよよ~ん】寒くて死ぬぅぅぅーーーー【終日】

まずお断りしておきたいのは、貼り付ける画像がどれもこれも寒々しいということ。
なんでそうなったのか?
そりゃ見てそのまんま。朝も昼も体感温度は変わらずの一日だったからです。
いったい春はどこへ行ってしまったんでしょうかね…

Imag0076_r
どよよ~ん

京浜ガサガサ隊のちよさん&タロさんから潮干狩り&夕マヅメメバルのお誘いがあり、再び東京湾に浮かぶこととなりました。
ただし夕刻から自治会の会議に出席しなければならないため、朝カサゴ&潮干狩りへと計画変更していただきました。
前日の陽気から一転して、東京湾は北風吹きすさぶタフコン。
朝カサゴ目当てに風の塔へ向かう船中はご覧のとおりの低活性であります。

Imag0078_r
どよよ~ん

ポイント到着早々に、幸先良くちよさんが良型カサゴを上げました。
さすがは一級ポイント。私もこれに続けとばかりに急いで仕掛けを作り(作ってなかったのかよ)投入、底ダチをして流します。


再び底ダチをして流します。


再度底ダチし直して流します。


…何ら反応ありませんね。



寒いです。
そして波風による船の揺れで疲れます。
ここで一発良型が来てくれないと、もう死んじゃう。
そう。昨日の陽気に油断して、防寒着ではなくウインドブレーカー程度の装備で来てしまったのであります。ああなんという大失敗…

Imag0079_r
どよよ~ん

そんな私を尻目に、私以上に軽装備な亀将軍にアタリが連発します。
よく見ると彼の竿は前回のテトラ竿ではなく、どう見ても1980円ぐらいのペナペナロッドじゃありませんか。
軟調の竿が有利であることがついにバレちゃったみたいです。でも悔しいことに魚はバレません。カモーーンシャーーーーークアゲーーーーーーン!!!

Imag0082_r
どよよ~ん

シャークに障るけどシャークじゃない。さよならだけどさよならじゃない。しかもポットベリーな良型すぎる良型。なんとも羨ましい。
いやいやこりゃ何かの間違いでしょ。セ、セオリー通りならこのあと私が逆転して竿頭になる予定なんだからねっ!
ところが私どころかちよさんもまったく振るわず、このあとも亀将軍の独壇場でありました。





「これはっ!ボウズの予感………」






ボウズの予感が ただ 駆け抜けるだけ…

寒いですぅ!
寒いよぉぉ~~
なんとかして~~~~


Imag0084_r
どよよ~ん

なんとかなりました!!!
なんとかなりましたが…小さい。そして時すでにお寿司
潮干狩りに備えてあっという間に納竿の時間が到来しました。
結局ちよさんと私は一尾のみ。あ~そういえばちよさんはサバの切り身でセイゴを釣るというアクロバットを見せてくれましたな(笑)
亀将軍は4尾ほどでしたかね?実はしっかりカウントしてませんでした(笑)
なんせ隣で「食った!」とか言うたびに「アーアー聞こえなーい」だったもので…
とにかく「手掴み最強釣り最弱伝説」を克服した今回の亀将軍様。
明日東海地震起こさないで下さい(笑)おめでとうございますコノヤローです(^ω^)

さて陸に戻ってからは潮干狩りの準備です。
今回の目玉は、なんと東京湾某所で「HMGR」が採れるのでええい採っちゃおう!というものです。
まぁ普通潮干狩りとなれば熊手片手にわいわいキャッキャと童心に帰るものと相場が決まっておりますが、京浜ガサガサ隊が用意してくれたものを見て驚愕しました。

Imag0085_r

なーーーんじゃこりゃ!
こんなジョレンのボスキャラみたいなものが存在するんですかっ!
オールステンレス製の特注品で完全にプロ仕様。しかも重い!10kg近くはあるんじゃなかろうか。
あとで調べたらジョレンではなく「マキ」と呼ぶそうです。これをタロさん丸に積み込んでポイントに向かいます。
そう。今回初めて経験するんですが、ボートからアプローチする潮干狩りなんです。

Imag0086_r
どよよ~ん

まもなく昼だというのに相変わらず風が強く寒いままです。
ポイントの画像は控えようと思いましたが、すでにWeb上で晒されまくっているようなので無加工で掲載することにしました。
ま、こんな感じで飛行機がブンブン飛んでいる真横なんですけど。
さて「HMGR」とは何なのか?それは近年非常に希少価値が上昇したあの貝のこと。
ポイント画像は掲載しますが、検索対策として貝の名称は伏字にしときますね。
それにしても潮干狩りポイントへボートで横着け(横も縦もない)とは、これまた妙な特権意識があるものです。
アンカーを下ろしてボートを固定すると、いよいよ海へのエントリーが始まります。

Imag0088_r
どよよ~ん

ガサ魂のビッグバンが始まりました。
京浜ガサガサ隊の手慣れた面々はそそくさと海へ降り立ち、例のジョレンのボスキャラを振り回します。
見た目と裏腹に遠浅なんですねここは。もういてもたってもいられない錯乱状態にも思えますが(笑)いやいやわかります!わかりますよ~

Imag0091_r
どよよ~ん

これがジョレンのボスキャラ「マキ」の使用方法です。
横からの図を撮影しとけば良かったんですが、このように馬車馬状態で使用します。
とにかく途上国で農機具を水牛に引かせているアレだと思ってくれたらOK。
引きながらシェイクして砂を振い落とすのがコツで、私も最初は戸惑いましたが徐々に要領を得ることが出来ました。
一般的に東京湾の潮干狩りではジョレンのサイズに制限がありますが、ここは漁業権がないため合法なんだそうです。
歴史を紐解けば空港建設時に漁業補償が支払われて解決済みなんだとか。

Imag0089_r

そしてお目当ての獲物がコレ。「HMGR」です。本物です。モノホンです。
私も幼少の頃から潮干狩りは何度か経験していますが、実際にHMGRを採取したのはこれが初めて。
なかなかの迫力ですが、去年に比べて数も型も落ちているそうです。にしても重量感がありますね。

Imag0092_r
ソコリの12時半を迎える頃には、タロさん丸もご覧の通り完全に着底します。
こんな芸当もいろいろと融通が利く小型船ならではだと思います。


このガサの短所はズバリ「腰に来る」ということ。
まぁ最初はガサ魂爆発で夢中なんですが、徐々に腰が痛くなるほど疲れて、しまいにゃジョレン(マキ)を持ち上げることさえ満足に出来なくなります。マジです。
最もハードに感じたのは引き終わって砂を振るい落とす作業でした。
それでも2回に一度はHMGRが入るペースで進み、これがテンション持続の要因となります。
ま、冷静に考えりゃ効率悪いんですが、相手が相手ですから夢中にもなるってものです。
そして働けば働いた分見返りがあるのも間違いありません。なんせ潮干狩りマニアの亀将軍も夢中になってましたからね。
またこの寒さから逃れるには働いて体を温めるしかないという奴隷状態にあり、ボートに戻って休憩したままのほうがよほどヤバイ状態に追い込まれます(笑)
さあカップラーメン食ったらマキ引っ張る仕事に戻るんだ!
これ絶対明日は腰がヤバイ…

Imag0093_r
「俺、この仕事が終わったら家族でHMGRの吸い物飲むんだ…」(腰死亡フラグ)

最終的な戦果はご覧の通り。もう腰が痛くてマキを持ち上げられないとこまでやりました(^^;)
たまにホンビノス混じりで我ながら本当によく働いたと思いますよ(笑)

Imag0096_r
一方亀将軍は…

Imag0095_r
同じ労働ではるかに良型とはこれ如何に!?YOUはSHOCK!!!(俺の心 折れてくる)

本職の手掴み系ガサで再び亀将軍が光輝きました。今日はさながら亀将軍DAYと言ったところです。
自称潮干狩りマスター…いやいやさすがです。夢は尺マテ貝だと豪語してましたし…(どんなんやねん)
そんな達人も帰路の時点で腰痛を訴えてましたから、今回はハードでした。いやもちろん私もです。
ちよさんが事前に「当日夜の営みは諦めて」と言ってた意味がよくわかりましたよ(^^;)
もちろん翌日は二人揃って腰がグッキグキでした。
しかしそんなことを差し引いても、今回は私のガサ歴に残る素晴らしい経験となりました。
なんたって天然物にはめったにお目にかかれないHMGRですからね!
ちなみにここを見て「俺もHMGR採りたい!」と思った方…無駄です。もういません(笑)

|

« 林縁を彷徨う蒼い弾丸 | トップページ | 今年も見えない敵と戦う »

魚類」カテゴリの記事

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/57070848

この記事へのトラックバック一覧です: 【どよよ~ん】寒くて死ぬぅぅぅーーーー【終日】:

« 林縁を彷徨う蒼い弾丸 | トップページ | 今年も見えない敵と戦う »