« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月

2013年4月27日 (土)

年に一度で満足のウドガサ

「亀将軍殿!週末はウドなどご一緒いかがですか?」
こう誘ってみたものの、やけに彼のテンションが低いのです。
聞けば先週末に大量のウドを収穫しており、奥さんに「もうはウンザリ」と言われてしまったようです(笑)
なるほど。「草」ねぇ…確かに草かもww
ならば再び単独ガサでテイクオフするまでよ!死して屍拾う者なし。

P1020053_r

ま、こんな感じによく整備されたフィールドなんですが、ここですんなり採れるほど甘いもんじゃありません。
ウドがある(予定の)場所はここから更に登ったところ。これが結構な距離と高低差なんですわ。
まぁ途中に何かしら発見があれば気も紛れるってもんですが、整備されているだけにつまらない状況が延々と続くわけです。

P1020067_r

眼下に遥か遠く海まで見渡せます。結構登って来ました。
頂上までのロンサムロードは想像以上に長く、退屈しのぎに我が国を取り巻く世界情勢とか女の裸とか考えながら登って来ました。ウソですけど。

P1020056_r

たどり着いたウドフィールドは、まぁこんな感じ。
この時点でかなりの体力を消耗してました(笑)
いや歳のせいもあるんですが、ちょ~~っとルートを間違えて急斜面コースから来てしまったんですよ。
ここ2年ほど来てなかったので、すっかりルートを忘れてたんです。
ともかくご覧のとおり、林縁やイバラの藪を探すタラの芽ガサとは打って変わって非常にオープンなフィールドであります。

ですが序盤はかなり焦りましたね。ウドが見つからんのです。
ここは3年ほど前までは非常に良好なフィールドで、植えたばかりの針葉樹の苗木の間に間にウドが発生してましたが、その苗木も大きく成長してウドに適さない暗い林へ変遷してしまいました。
そのため今では有望と思われるエリアも別の場所(新たな伐採地)となってしまい、正直下調べなしの出たとこ勝負だったのです。

P1020057_r
あれま。こんなところにタラの芽が…

P1020059_r

ウドが見つからないと思ったらタラの芽見つけちゃいました。
思いっきり道の脇なんですが、誰も取ってませんね。
さすがにここまで登ってタラの芽探すヤツはいないようです。ありがたく頂いちゃいましょう。
にしてもそろそろ本命を見つけないとヤバイ。
今年ウドに食いっぱぐれたら、それこそ山菜ガサ師の名折れ。そんな不名誉は絶対に避けたいものです。

P1020063_rP1020064_r

と思ってたらありましたわ!
これでほっと一安心です。いやいや一時はどうなることかと。
とりあえずライバルは誰もいないのでこのフィールドぜーーーんぶ私のもの!(笑)
あとはゆっくりじっくり探させてもらいます。

P1020065_r

いい感じに太さのある株も収穫出来ました。
手掴みガサ王亀将軍と一緒じゃなくてよかった(笑)
探してみれば結構あるもので、そこそこ草刈りされているが故にウドの姿が埋もれず美しい光景でした。
山菜駆け出しの頃は生食にこだわり、白い根元の部分をありがたがってましたが、きんぴらをもって至高とする今はそんなのどうでもよくなりました。
きんぴらでは皮の食感が非常に大事なので、青い茎は硬くない限り大歓迎なのであります。

P1020068_r

本日の収穫です。
途中で袋がパンパンになってしまい、これ以上無益な殺生はせぬとばかりにやめておきました。
あらためて思いますが、コイツはとにかく嵩張るのが難点です。縦方向がデイパックに収まりませんでしたし(笑)
これらのウドをすべてきんぴらにしてみたところ、ジオンはあと10年は戦える状態の量になりました。(そりゃそうだろ)
ただし硬そうな枝や大きな葉は捨てちゃいますけどね。さらに水分が飛べば嵩がかなり減ります。
大抵の獲物は自分で調理しますが、こればかりはきんぴら製造マシン(嫁さん)にまかせるだけの楽なお仕事です。

このフィールドもさらなる奥地は未踏破であり、後々のためにも新規開拓する必要があります。
そういう意味では今後が楽しみなポイントですが、如何せんアクセスの悪さがネックです。
アクセスの悪さ=手付かず とも言えますけどね。

| | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

貧果(´・ω・`)ショボーン → 左うちわ(-。-)y-゜゜゜

毎年のタラの芽ガサの集大成とも言える海抜800mラインへ。

これ以上の標高となると箱根外輪山の尾根道(海抜1000mレベル)に達してしまい、植物相もタラノキと相性の悪いものへと変わってしまいます。
尾根道にもタラノキはいくつかあったという元隊員の証言もありますが、効率を考えると敬遠したほうが無難というわけ。
まぁ最上位にある尾根道は未踏破なので、異世界の見聞という意味でロマンは感じますが、ガサ装備ではなくむしろ登山の装備で計画的に臨む必要が出てきます。
どうせ上がるなら尾根道縦走してみたくなりますからね。帰りは公共交通で戻る覚悟も必要になります。

Imag0122_r

Imag0143_r

海抜800mラインの道は、下に位置する林道よりも眺めの良い場所が多く、さながら天空回廊のようなイメージがあります。
そしてより世俗から隔離された別世界のような気がして妙に心地良いのであります。
旅行は遠ければ遠いほど、人は日常から脱した気分が高まりますよね。要するにその心理です。

Imag0150_r
フキノトウがまだコレですし。さすが800mってとこですな。

今回は前日に亀将軍に誘いをかけ、出発は11時でどうかと打診してみると、
「じゃぁ~オレ先に行ってますわ~」
と大変ご不満の様子(笑)
こりゃかなりのやる気満々です。さすがは私の山菜師匠。
本年度のタラの芽ガサも流しにかかろうとする私に比べ、その意欲に温度差があるようです。
実質単独ガサですがよござんしょ。スタイルはお互いに普段通りです。

Imag0121_r

モチベーションに温度差がある…というのもご覧の通り(と言ってもわかりづらいかww)の惨状に起因します。
ここは3年前まで「タラの芽サンクチュアリ」と名付けていたほどの好ポイントでしたが、最近ではこの通り遷移が進んで灌木が幅を利かせてます。
そして今年はついにほぼ全滅レベルまで達しておりました。
この終末感を予測していたので、私は今年の800mラインにはさほど期待してなかったんです。

13658537008932_r

「旧サンクチュアリ」を諦めて、セロ子でトコトコ進んでいくと亀将軍に遭遇。
この山奥でよく会えたものだと感心しながら収穫を見せてもらうと、すでに十分な量を採取済みでした。
私も「流しにかかる」と言いつつ、こんなのを見せられてはガサ魂がムラムラと沸き上がってまいります(笑)
聞けば8時からガサっており、メインステージは崖上の林縁。
しかし崖上の林縁はイバラ地獄なのであります。

崖上のイバラねぇ…
どうする?
今日は流しに来たんじゃないのか?
いややはり…行くか!


いざ特攻開始であります。

Imag0128_r

イバラ地獄へ身を投じてみれば、やはりあるんですな。
さっきまで「あ~~~~~かったるそう~~~~」と嫌悪していた気分は銀河系の彼方へすっ飛んじゃいました。
マクロ視点よりミクロ視点。やっぱりタラの芽探しは楽しい山のゲームだ~~

Imag0125_rImag0137_rImag0139_r

イバラの道は男道。男の道はイバラ道。
なんたってこのイバラや蔓草どもが絡むわ絡むわ!
歩けば歩くほど体力が奪われていきます。
せめてもうちょっとコンスタントに採取出来れば文句も言いませんが、へとへとになって再び林道へ降りてきたときの収穫袋の中身は、ざっと家族分程度しかありませんでした。

やっぱり・・・タラの芽探しは・・楽しい山の・・・ゲー・・ぐふっ(吐血)

これではあまりにも効率が悪い・・・
どうせ家族分あれば十分だし~?正直タラの芽も食い飽きたしぃ~?
そう語尾上げ口調で自分に言い聞かせて、不完全燃焼でくすぶるガサ魂を抑制しながら林道を引き返し始めると…

Imag0144_r

ありゃ?何だチミは!?
何だチミはってか?そうです私が新しく整備された砂防ダム群です。

見つけちゃいました。
臭い!臭いぞ!これはタラの芽臭プンプンの実に怪しいポイントですよ。

Imag0146_r
BINGOOOOOOOOOOOO!!!やっぱりな!!!!

Imag0145_r

さすがに若くて勢いのある株ばかり。
新たな造成地、杉林の脇、そして日当たりの良さというタラノキが好む条件が揃ってます。
実はこの砂防ダム群が造成されたのはなんとなく知ってたんですが、まさかここまでのフィールドになっているとは思いませんでした。

Imag0149_r

しかもすぐ近くには別の沢筋。こちらは造成が終わったばかりのようで、見るからに前途有望な更地具合です。これは再来年あたりが楽しみですな。
まぁ喜んでばかりはいられません。すでに結構な数の株が採取済みでしたから、ちゃーんとライバルも知っているんです。
それでも見逃したと思われる株や、ライバルが去ったあとに萌芽した株などを脳汁垂れ流しながら集めているうちに袋はパンパン。
これはもうキロ超えしたと判断して下山することにしました。

今日は流すって言ってたのはどの口だ!この口か!

実は水筒の飲料水が輸送中に全部こぼれてしまったもので、現場到着から今まで無給水で頑張ってたんです(^^;)
んなわけでそろそろ活動限界。もうちょっと詳しく調査したかったんですけどね。

Imag0157_rImag0159_r

帰路では久々にいいハリギリを見つけました。
のり面の崖上、タラの芽はすべて採取されているのにこれだけは残っているなんて、やはり知られてない山菜なんです。

Imag0162_r
み・・・水っ・・・・・・!
途中の林道脇で思いっきり飲みました(笑)


Imag0164_r_2

それにしても今回はなんという起死回生なんざましょ。
計量してみればキッチリ1キロありました。
山に入っていきなりガッカリを食らっても、結果的に手ぶらで帰ることってあまりないんですよね。
やっぱサイコーっしょ山は!!!

13658538004663_r
亀将軍はタラの芽確保のあと、山椒の若芽を必死に摘んでいたようです。
佃煮にしたものを試食しましたが、これはなかなかイケます。ご飯が欲しくなりました。

最後にちょっと考察してみたいと思います。

Imag0142_r

上の写真は今回歩いた尾根の部分的な植物相で、一部アカマツ混じりですが広葉樹林となって落ち着いた場所です。

この場所に到達するまでスギまたはヒノキ林が続き、若干日当たりが悪いながらもタラノキがポツポツありました。
ところがこの広葉樹相になったとたんに姿を見なくなります。
林床もイバラやウルシなどの灌木ではなく、下草の少ない非常に歩きやすい状態です。
私の経験ではこのような条件下でタラノキを見つけたことがなく、野性的に「ない」と直感して引き返すほどです。
むしろタラノキと相性抜群なのが針葉樹。
以前にも記しましたが、針葉樹の伐採地にはほぼ必ずタラノキが発生します。それも伐採した丸太が放置されているならなお好条件。

我々西湘ガサガサ隊としては、「針葉樹は花粉症も引き起こし、植物相を単純化する百害あって一利なしの樹木。無駄な針葉樹は即刻伐採し、広葉樹を植樹すべきである」というのがこれまでの持論でした。
しかし、伐採地に出現しては遷移によって淘汰され消えゆくことを繰り返すタラノキを考えると、安易に針葉樹を悪者にするのも考えものだと思えるのです。

伐採→タラ出現→植林→針葉樹の成長や下草刈りで消滅→伐採を繰り返すことによって、絶えず新しいフィールドが生まれる、あるいはリニューアルされるサイクルが成立します。
これが広葉樹林だと、樹木が成長してもそのまま放置される可能性が高いので、リセットされることはほとんどないと思います。
もちろん水資源や野生動物にとっては断然後者。
シカ・サル・イノシシ・場合によってはクマなどが人里に降りてきて危害を加えたり、近年ではヤマビルが生息域を広げているのも、すべて広葉樹林の不足による飢餓が原因とされていますから。

そんなわけで、植物も生物も趣味の対象である我々にとってはちょっとしたジレンマではありますが、やはり針葉樹は針葉樹で必要なのではないかと。
タラノキに必要なのは人の手によるリニューアルであり、これが定期的に繰り返されることによってフィールドが維持されるのだと確信しております。
ま、偉そうに語っても所詮はご都合主義なんですけどね(笑)

| | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

今年も見えない敵と戦う

またもや「春の嵐」ってヤツが来ました。
春一番から数えてもう何度目の強風なんでしょうか。今年は特に多いようだけど、いいかげんにウンザリっすよ…
前回のタラの芽ガサが3月29日(金)。その時点で海抜500mラインの砂防ダムは一週間早いと目星をつけてまいりました。
その一週間後ですが、ご存じの通り土日は大嵐。とてもガサどころじゃありませんでした。
それでも植物の成長が止まるわけじゃなし、嵐が去った日曜の午後から再度砂防ダムへ赴きましたが、結果から言えば見事にやられていました。

P1020050_r
林道はこの通り小川になっていました

それも一本も残さずにですよ。完膚なきまでに蹂躙されてました(笑)
このポイントはかなりの山奥であり、未舗装路が延々と続く道なのであります。
ガレ場混じりで、私でもセロ子がなければ来れないというのに、いったい先行者はどうやってここまで来ているのか不思議。
あれから一週間、週末は大雨大嵐だったし、ここに来るまでタイヤ痕もなし。
平日に来たとしか考えられないんですよね。でもどうやって?まさか徒歩で?

Imag0118_1_r

まぁ帰り道で私好みに伸び気味の株を発見し強奪(笑)して溜飲を下げましたが、正直悔しいですね(笑)
またまたプロファイリングになりますが、ここは工事も終わったし、敵は平日ヒマな定年後のジジイとしか考えられません(笑)
私もあと20年もすればこんな暮らしが出来るのかとワクワクしておりますよチクショー(笑)

まぁとりあえず、タラの芽もこれだけ食えば十分に季節感を満喫したと言えるレベルです。
あとは流しにかかるだけですね。タラの芽に関しては。
次はウドですな!(毎年お決まりのセリフ)

P1020052_r
一瞬「コシアブラ!?」と色めき立ってしまったウルシ(笑)
貧すれば鈍するとはこの事。

P1020051_r
収穫期まで温存していたハリギリが採取されていたのは、軽くショック。
このへんじゃ誰も知らないはずなのに。まさかこのブログのせいだったりして(笑)

Imag0068_r

今回の収穫は天丼でいただきました。
上の画像は「タラの芽うどん」にした時のものですが、これもかなりオススメですよ。
天ぷら以外に適した料理法がないのが欠点ですが、食い飽きたようで食ってみるとやっぱり美味い。
この食材にしかないコクとほろ苦さ。山菜の王の呼び名は伊達じゃありませんね。

| | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »