« 寒さと手間の向こうにある至福 | トップページ | ゴロタ浜バトルロワイヤル!? »

2014年1月31日 (金)

ステルスガサ部隊 番号ーーー1!2!(以上)

Gh003_r

ハバノリが切れてしまいましたゆえ、補給に行ってまいりました。
今回は乱獲王亀将軍と二人連れ。
しかし連続して同じネタってーのはモチベーション上がらずイマイチ筆が進みませんわ。
何かいいガサネタありませんかね。しゃーない。今回はさらっと終わらせましょうか。

Gh006_r
Gh001_r

しっかし今年のハバノリは絶好調ですよ。採取がものすげ~楽。
おそらく今週がピークで、以降は葉の先から劣化し始めるでしょう。

Gh007_r

何故か大岩ではなく、こういった小ぶりな石に良い株が着生するんですよね。
なんでだろう?不思議。

Gh011_r

ワカメも小さいながら株数で言えば相当ありますね。いやマジでヤバイほどあります。こちらも豊作の兆しです。
生育状況の良い株をいくらかフライングゲットしてきました。

Gh010_r

今回、亀将軍から手製の腰びくを頂きました。てゆーか自慢気に押し付けてきました(笑)
元の素材は何だと思います?正解は消防ホースの受けカゴです。
しっかりとしたプラ製なので正直なところちょっと重いですね。竹製の編み籠なら最高でしょう。
布袋やコンビニ袋で生きてきた私には、まだまだ違和感アリです(^^;)
とは言え開口部がしっかりしているため、摘んではポイ、摘んではポイとやる作業に向いているようです。
それにしても亀将軍、どこからこんなもの仕入れてくるのやら…

Gh018_r

AWBもいましたがもちろんスルーかましてきました。さすがに存在感あるナイスなプロポーションですよね。
でも小さいんです。このあとひっぺがして沖へ投げちゃいました。「誰にも見つかるなよ!どりゃぁぁぁぁ~~!」
ドアン「あのお兄ちゃんがしたのは正しい事なんだ」

Gh016_r

個人的に食指の動かないナマコ。美味いのはコイツなのか、

Gh017_r

それともコイツなのか。私的にまったくどちらでもいい問題であります。

Gh014_r

磯に降りてから私は左へ、亀将軍は右へ展開しての散兵戦。要するにまったくの別行動。
しかしノリの生育がいいもんで思いの外仕事が早く終わっちゃいました。

Gh015_r

そんなわけで暇つぶしにウニ試食。味はまぁまぁですが身の入り悪いですな。こりゃ歩留まり悪すぎます。
「戯れにウニを砕いて その歩留まりの悪さに飽きて 二度と食わず」(啄木) 

Gh004_r

ワカメは思ったより採ってました。しかしまだ葉の厚さが足りませんね。美味いには美味いんですが。
一方ハバノリは採りも採ったりです。次回あたりはピークを過ぎているでしょうから、今のうち恩恵を享受しておかないと…

Gh001_r_2

Gh002_r

これでジオンはあと十年戦えます。

次回予告:「わかめ好き好きピチピチ」 ついに石立鉄男登場か!?

|

« 寒さと手間の向こうにある至福 | トップページ | ゴロタ浜バトルロワイヤル!? »

その他のガサ活動」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/59060620

この記事へのトラックバック一覧です: ステルスガサ部隊 番号ーーー1!2!(以上):

« 寒さと手間の向こうにある至福 | トップページ | ゴロタ浜バトルロワイヤル!? »