« 初めてのタコ釣り | トップページ | 人間やめますか?それともタコやめますか? »

2014年6月22日 (日)

無題(雑談)

昨日もタコ釣り行ってまいりました。
都合により3時半~7時過ぎの釣行となりましたが、目標5尾に対して8尾という結果が出て満足。
テンヤにタコが乗る感覚が解ってくると、この釣りはますます面白くなります。
ただし所詮は人様の船。自力で釣ったわけではありません。
オーナーのタロさんには感謝しつつも(面倒見のいい人で釣り以外にもいろいろ世話になってます)いつかは地元の陸っぱりでタコを釣ってみたいと考えております。
まぁそれ以外にも夏季はウナギや潜りという義務(笑)も課せられていますし、いろいろと忙しくなりそうです。

最近、私がラジオに惹かれているという話はトップページや記事中でご存じの方もいらっしゃると思いますが、そんな私にあろうことか嫁が「ジジ臭いからヤメロ」的な事を言ってきました(笑)
実家の義父が庭いじり中にラジオを流しているため、自分の父親がいるような感覚に陥るとかなんとか…
いやもちろん本気で嫌がってるわけじゃありませんが、わかっとらんのです。
私のお気に入りはポケットラジオですが、あの小さな箱で放送を受信するアナログ感がたまらんのです。
ラジオを分解してみるとわかりますが「こんだけかい!?」と拍子抜けするほど簡素な構造で、そこでラジオ受信機というものの偉大さを再認識されられます。
加えて驚異的な電池の持ちの良さ。なんなんでしょうねコレ…(笑)使っても使ってもまだ使えます。
エネループ運用ですが、電池寿命を迎える前に私にお迎えが来るんじゃないかってほど持ちます。そういった省電力性能も魅力の一つなんですね。
仕掛け作り中に、洗車中に、キャンプに、山歩きに、夜釣りに、料理中に、夕食中に…もう手放せない状態ですが、一体なぜこうなったのか?
一つは、音楽に対して貪欲でなくなったということです。
今の音楽は90年代からさほど進化してませんし、どれも似たり寄ったりの焼き直しにしか聞こえません。おまけに歌詞は抽象的な内容ばかりで、感情移入も出来ないし心に残るものがないのです。
CDが90年代をピークに売れなくなったのも、これに符合するんじゃないでしょうかね。よって昔なら音楽を聞いていた場面が、ラジオに取って代わったという分析です。
もう一つは、TV離れかもしれません。
時間のわりに情報量が希薄で小出し。エンターテイメントを忘れて商業主義に走っているのも斜陽業界の表れで、今時TVにかじりついて試聴している人は知識欲のないお馬鹿さんだと思います。
「ながら」でTVを点けておくぐらいなら、消費電力の少ないラジオのほうがはるかにマシなのです。
とどめとして、やはり否定出来ない「加齢」でしょうね(笑)
歳を取るに従って、落ち着くもの、有意義なもの、妙味や風情などを求めてしまいますから(笑)

まぁオッサンだのオヤジだの言われても結構。とにかく山奥を歩いていてもポケットで鳴り続けるラジオは最強最後の電波メディアだと思ってますが、ここで困ったことが一つ。ラジオというアナログメディアに惚れてしまうと、今度はいろいろな「端末」に手を出してみたくなってしまうことです。
実際ラジオの魅力に気付いて以来、もう6台も買ってしまいました。馬鹿ですねぇ(笑)
ただしうち3台は紛失や水没でロストしておりますが、いずれも1,000~3,000円の安物です。安物故に気軽に使えるし、受信感度も高級機にひけをとらないのが面白いところです。
まぁ結局常時使うのは1台に落ち着いてしまうのですが、いろいろ買い集めてみるのも楽しみ方の一端だと思ってます。

どうですか?ラジオ。
いつか共感する人が増えてくれると信じてます(^^)

|

« 初めてのタコ釣り | トップページ | 人間やめますか?それともタコやめますか? »

随想・チラシの裏」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/59861405

この記事へのトラックバック一覧です: 無題(雑談):

« 初めてのタコ釣り | トップページ | 人間やめますか?それともタコやめますか? »