« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

プチガサ活動あれこれ

ここ数日間の小ネタをザッピングでお送りします。


【クワガタ捕り】
Gh005

Gh007_2
Gh006

地元では温暖化の影響か、ヒラタクワガタの個体数が増加しているようです。
ヒラタもカッコイイですよね。正直私もヒラタ欲しいといえば欲しい。
しかし地元では完全に平野部のガサとなり、日中などそれこそ死んでしまいます(^^;)
それになんたってロケーションが良くない。
んなわけでついミヤマ捕りに、文字通り深山へ突入するのが毎年恒例となってます。
この日はまずまずの個体2匹キープし、木を蹴りまくった足が痛くなったところで打ち止め。
標高があるので外界よりマシなんですが、この日はかなりの猛暑でした。
でもまぁロケーションは最高ですよ。涼しげな鳥の鳴き声も聞こえて、山の雰囲気も捨て難し!



【ウナギ】
Gh001

帰宅してからは、冷凍保存しておいたウナギに着手。
よくよく見りゃデカイです。指三本サイズですね。まぁあとの2本はたいしたことありません。
ところでガサ仲間のCさんも地元のウナギが好調のようで、よく満足気に鰻丼画像を送ってきます。

20140726_154043

写メから転載。こんなんとか。
ウナギ名人のCさんは玄人はだしの料理人で、毎度手の込んだ調理を披露してくれますが、ことウナギとなると、不思議とドブ川で釣ってきたように見えて羨ましくないんです。
何でだろう?と思ってたら、どの画像も皮を上にした盛り付けであることにはたと気付きました(笑)
海なし県じゃこれが普通なのだろうか?んなわけないっす(笑)
これは本人も今になって気付いたという、ちょっとした笑い話です(^^)

Gh002

そしてこれはわが家のウナギ。いや~久々でした。
子供たちも天然うなぎ価値を理解しつつあるようで、これは食わせる側としてもやりがいがあるってもんです。
とりあえず、ウナギ釣りもこれで一段落した感がありますね。
今後はどうしようかな。とりあえず太いドバが採れるうちは通っておくべきか…
いろいろ辛いことも多いから考えちゃいますね。

Gh003



【アクアリウム】
Bgh002

次男坊カニ男が水の生き物に興味を持ち始め、ずっとプラケース+エアレーションで頑張ってきたのですが、見かねた私が45cmオールガラス水槽とLED照明をポチりました。
オブジェこそ子供水槽の典型ですが、水槽は立ち上げが肝心。元アクアリストとしてほっとくわけにはいきません。
アクアリウムからは足を洗うって決めたのに…

Bgh001

Bgh003

生体は、夜ガサで捕獲してきたオイカワ、シマドジョウ、ウキゴリの各稚魚と、ミナミヌマエビ。
水草は超低難易度のアナカリス(オオカナダモ)。しかも私がウナギ釣りでラインに引っかかったのを持ち帰ったものです(笑)
いざ立ち上げてみると、子供仕様とはいえアクアリスト魂が沸き上がってきて、気が付けば子供そっちのけで正規採用すべき水草を物色してたりと、ちょっとヤベー自分がいます。
オールガラス水槽とLED照明は本当に洗練された印象で、なおさら弄らずにはいられなくなります。
LED照明は光量不足が指摘されており、水草育成に最適ではないようですが、そのうちアナカリスなど取っ払ってミクロソリウム類やアヌビアス類など、比較的低難易度の草でアレンジしていこうと思います。
てゆーかこれ次男坊の水槽なんですがねwww
ダメだ…我慢できない(^^;)



【ゲンゴロウ】
Bgh004

夜ガサついでに休耕田を照らすと、ハイイロゲンゴロウを見つけました。
昔は学校のプールなんかにもいたもんですが、今はどこへ行ったやら。
もっともシーズンオフ時の学校のプールに侵入する手段もないので、確認のしようがありません。
今回久しぶりにお目にかかれたので、嬉しくてつい掲載。

Bgh005

カッコイイ…
本当に灰色のゲンゴロウです。当たり前ですが。
見つけたのが休耕田だから、やはり農薬に弱いのかもしれません。
ちなみにこれが人生初の捕獲だったりして…笑われちゃいますかね?
意外と住環境的に都会育ちだった側面もあるのですよ。あくまでも住環境的に…ですけどね。

では今回はこのへんで。
明日はヤマトヌマエビ狙いで夜ガサ行ってきます(^^)

| | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

なんだか釣れる気がするの。

Gh001

新しいポイントへ移動してからというもの、なんとなくですがウナギ釣り、ひいてはこの川に対する印象が好転しとります。いや喜ばしいことだ(^^)
ここは今のところウナギエンカウント率100%(いつ崩壊するかは知らんw)
そしてウグイ少なめナマズ多め。
まぁ餌をチマチマ掠め取っていくウグイに比べりゃ、外道とはいえガツ~ンと食ってグイグイ引くナマズのほうがマシです。上げるまではドキドキしてそれなりに楽しめますからね。
今日は50cm・210gが1本のみ。本来なら50はリリースサイズですが、プロポーションが良いので食うことにしました。
ほんと、ウナギの顔を見ると見ないとでは後味も大違いですわ。
あとは70UPが釣れてくれりゃ言う事なしです。

釣り座付近ではテナガエビもなんとか入手可能。そうとわかりゃ3本竿でやらない手はないと、今日はテナガ餌の竿を一本追加してみました。
しかしこれにナマズが来ちゃうんですわ。なもんで結構忙しい釣りになってしまいました。
今までナマズはミミズでしか釣ったことなかったもんで、アタリが出たら勝手にウナギ確定してぬか喜びしてました(笑)
冷静に考えると…やっぱナマズはエビ食いますよね。うん。
でもナマズが多いところはウナギも多いに違いないと信じてますよぼかー。

21時過ぎに納竿。
急に風が吹き出して雨の予感。雷雨が怖くてさっさと撤収しました。

| | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

やっどウダギがづれだんですっ!(涙)

ドバミミズを針に刺す時、たまに「プシューーーッ!!」って体液を噴出しますよね?
アレがもし口に入ったらどうなると思います?
どうなると思います!?
いや別に入ってませんけどね。

あれから二連敗(勝ち点0)のち50cm(リリースなので勝ち点1)
そして四戦目にしてようやく釣れました。

Gh006

時間は19:45。目測60cm。合格です。
前回からポイントを変えたら好感触だったのよ♡
で、今日目論見通り釣れたと。

これでようやく蒲焼きぱーちーを開催できる!

思えばここまで長かったな…うん
・゚・(ノД`)・゚・。

な~んつって。
あと一本さえ釣れればOK!というテンパイ&リーチの状態で、実は比較的気楽な道のりでした。
最初にデカイの釣っておくと楽だねぇぇぇーーー
まぁウナギの一本ぐらいいつかは釣れますからね。いつかはね。
しかし問題はこのあとだよ。
また肘鉄食らうの覚悟で通うのだろうか?
連日釣れずに萎縮しては、たまに釣れて気分加速の繰り返しに決まってるんだ。だまされないぞ!
もうね、今後はこういう流れを「スイングバイ釣行」と呼ぶことにしよう。うん。

Gh003
しばしカニ男のオモチャとなるの図

Gh004

さて帰宅して計測すると、63cm・310gでした。わ~い(^^)
…てちょと待てーーーーーーいっ!!
310gってどーゆーこっちゃオイ!?軽すぎないか?
確か以前釣った64cmは440gあったぞ!?ああ~コイツ痩せてるんだ…
よく見りゃ頭でっかちだし精子みたいなフォルムじゃないですかい。
60オーバーならどれ釣ってもおんなじやおんなじや思てぇ~!・゚・(ノД`)・゚・。(野々村)

ま、まぁいいさ…釣れないよりマシだ(震え声)しかしこの後味の悪さ…

「あなたにはわからんでしょうねっ!」


Gh005
どう見ても精子です。本当にありがとうございました。

| | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

念願のキロ超え

念願のキロオーバー釣りましたっっwwwww

…じゃなくて釣らせてもらいましたっっwwwww

Gh010 Gh013

タロさんのマリーナ仲間のご好意により、東京湾口まで同船させていただきました。
さすがは潮通しの良い海域でして、水は澄んでるし時折くっついてくる海藻(多分カジメかアラメ)もキレイ。
心なしかタコも内湾のものと比較して斑模様が綺麗に見えます。

この日は大型中心に船中11尾という結果で、中には推定2.5kgの大物も(!)
私の釣果は1,685g 1,350g 520g 470gの4尾。
実に総重量4kg…ということは平均1kg(笑)という初めての経験を味あわせてもらいました。
いや~念願のキロ超えにより、タコ釣りも一区切りついてめでたしめでたしですわ。
まぁ竿頭の人は5尾で、平均重量も完全に上回ってましたけどね(^^;)

Dsc_0513
Dsc_0512

今回はテンヤ…つーかオモリを改良。
私の地元ではテンヤオモリってなかなか売ってないんですよ。
これまで仕方なく小田原オモリを使ってたんですが、海底での姿勢に不安あり。
売ってないものは自作するしかないってことで、鉛を溶かしてオリジナルの型(耐火セメント製)に流し込んで量産。
小突きのアクションでも姿勢が安定するテンヤに生まれ変わりました。
だから釣れたってわけでもありませんけどね。小田原オモリ(あるいはそれに準ずる何か)でも遜色なく釣れるように思えます。

あ、そう言えば初釣行で奇天烈なテンヤを使って同船者に大差をつけられた亀将軍が気になります。
今回はリベンジと相成ったかな?呼んでみましょう。お~~いかめしょうぐ~ん!

Gh017
あっ・・・・・(察し)

Gh018
ちょっとwwwおどけてる場合じゃないでしょwww

手掴み王死亡。同船者5人中、唯一のBOSE…だと!?

これはかける言葉もありません…が、こちらも次第に慣れてきたような(笑)
本人は至って健気ですが、そりゃ内心悔しいに決まってます。
結果が出て天狗になっているわけじゃありませんが、私なりに分析するとまずテンヤが大きすぎます。
初回の奇天烈テンヤよりはマシですが、まだまだ大きいと思います。
次に一人だけ竿釣りという点。これが非常に大きな失策かもしれません。
手釣りでキロ超え釣った感触だと、正直竿でキロは上がらないと思います。
タコ釣りは半根がかりの感触が肝なんですが、竿ではこれを感じることが出来ないはず。
おそらくタコが乗っても、ただの根掛かりと思ってしまうんじゃないでしょうかね。
そして大ダコを海底から引き剥がそうにも、直接的なパワーが伝達せず勝負が遅れる…

もちろん進言はしました(テンヤも私のを一つ差し上げました)が、どうも手釣りに馴染めないとのことでした。
慣れりゃ大したことないですよ。次回は二人揃って笑いながら帰りましょうぞ!

Gh005
でけーわwwww

Gh003
ご近所のガキ…いや御曹司の皆様も興味津々

| | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

ランボー怒りの…記事パクられたった件wwww

あと一尾釣れば余裕を持って蒲焼きGO!
というわけでウナギ第二戦頑張ってきましたが、釣れたのは尺マブナ・ナマズ・スッポン・チビゴイだけ。
Gh001 Gh002
子供の頃ついぞ釣ることが出来なかった尺マブナが、今頃になって外道で釣れるのは皮肉というかシャクなもんですわ。尺だけに。なんつって。
通常21時に納竿するところをヤケになって22時前まで粘るも、延長Vゴールどころか外道のアタリさえも遠のくばかりでした。
やはり険しい地元のウナギ道。ウナギの道は一人旅、女の道は帰り道。そして虚しくウグイに餌をやるだけの簡単なお仕事です。
ごんぶと&ぷりぷり精鋭ドバ小隊30名が犬死にですよ犬死に。
少佐ーー!シャア少佐ーーー!!
ドバだって無尽蔵に採れ続けるわけじゃないんだぞ(^^;)あ~あもったいない。

さて、ちょっと今回はランボー怒りの雑談。
今日「ウナギ釣り ビーフジャーキー」で検索していたら、とんでもないサイト(ブログ?)を発見。

↓↓もうね、バッチリ晒しちゃるけんね。ほ~れ↓↓

「野良猫のつぶやき」
http://noraneko.jp.net/archives/1714


というサイトですわ。
そこでウナギ釣りのノウハウを紹介しているんですが、これが私が駄ブログ開設間もない頃に執筆した超大作記事(笑)にそっくり!
画像なんてモロコピー&反転までしやがってwwwったくふざけんなっつーのwwwww

パクられ元記事(左上にもリンクありますが)
http://nature-explorer.way-nifty.com/blog/eelfishingsystem.html

よかったら別タブで開けて比較してみてください。
さてさてよく見ればこのサイト(ブログ)、あらゆる他サイトや他ブログからコピペしまくり千代でした。
怪しいと思われるくだりをコピーしてGoogle先生に聞いてみると、丸々どこかしらのサイトがヒットします。
なな、なんなんすかコレ!?いわゆるアフィブログなんでしょうかね…?
それにしても手の込んだ事しますね。ご丁寧にも微妙な修正したり加筆したりで、これかなりの労力を要しますよ?
管理人オリジナルと思われる箇所から結構な文才の持ち主と察しますが、これなら自分で記事書き上げたほうがよほど楽だと思うんですよね。正直ワケワカラン。

一時は抗議も考えましたが、あらゆるサイトや画像をコピペするキ●ガイぶりに感心してしまい、しばらく放置することにしました。(・∀・)ニヤニヤ…
とにかく商業目的である可能性が非常に高いです。

気をつけなはれやっ!

(誰か面白いコメント書き込んでくれませんかねwwww)

余談ですが、ウナギ釣りにおけるビーフジャーキーの効力はさほどないようですね。
これは某鉄●DASHで放映された置き仕掛けに由来するものですが、現時点ではネット検索でも実績報告がほとんどありません。
エサ持ち&外道対策という点で、確かに置き仕掛けには最適かもしれませんけどね。

| | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

白星スタート

気が付けばもう7月半ばじゃないすか(^^;)
月初まで異様に涼しかったので、今年の夏は突然やってきた印象ですね。
もっともまだ梅雨明けしてませんが、ここへ来て急に夏らしくなってきました。

実は6月中より、海無し県埼玉からウナギ好調の知らせがガラケーの不鮮明な画像とともに舞い込んでおり、私も気になっていたもののなかなか腰が重くて…
どうも夏の雰囲気(暑くなったりセミが鳴いたり)に飲まれてから始める癖が付いてしまったようで、世間から見ればスロースターターもいいとこです。
ま、何はともあれカニ男連れて初戦行きまーーす!

Gh006

我が地元はここ数年、とにかく釣果が伸びず印象悪いのです。
もう少しだけ思い通りに釣れればいいんですがね、とにかく河川の規模がかの海無し県とは比較にならんほど小さい。
しかもポイントのほとんどが大したストラクチャーもない浅瀬で「ウナギどこに隠れてんのさ?」と言いたくなるほど。
まぁ最近ウナギの動画で知ったんですが、奴ら砂に潜るみたいですねwww
これは目から鱗でしたよ。てゆーか基本事項だろがっww
地元河川ではその手の奴が多いのかなと…だといいけどね。

Gh007
竿は出してみたものの、やはり釣れる気がしない。
時間は刻々と過ぎて行き、時折掛かるのは例のごとくナマジィとウグイ。
私も期待過剰は禁物なので、さほど大きなアタリでない限りカニ男に任せます。
事前に「ウナギが掛かった時の抜き上げ→草むらへのランディング」はレクチャーしておきましたから、今のカニ男のレベルであれば無事にこなしてくれると信じてました。
もっともカニ男はナマジィだろうが何だろうが、純粋に魚とのファイトを楽しんでおります。
私にとっては「子供が喜びゃそれでいいか」という逃げ道…いや負け惜しみになりますがね(笑)

Gh016
Gh013
すわ珍事か!?…と思ったら鼻カン付きのおとりアユが仕掛けごと釣れただけ(笑)
コイツは次回エサにするから
キープだ!

「今日はもうダメだな」
とすっかり諦めた20時50分、最下流の竿が大きくアタリます。
大きなアタリなので一応私が対処しますが、エライ引きますわコレwww
うん。やたら引くし重い。この時間帯ならどう考えてもコイでしょwwwコイだわwwwwったくふざけんなwwww
という感じでヘラヘラしながらオトーチャン不真面目にファイト。
ヘッドライトの明かりに浮かび上がったのはまさかの…!

Gh011 Gh012
ウナギだぁぁぁーーーー!!!

ちょwwwwwwwwwwこれデカくね!?キロあんじゃね!?

いや~~~わしゃてっきりコイかと思って…だって鬼のように引くんだもんwwwww
なんちゅーいいかげんなファイトしてもーたんやwwwいやマジ危なかったでwwww

Gh004
Gh018

帰ってから測ってみりゃ75cm・820g。

どこがキロやねんwwww

まぁデカイにゃデカイよ。それにこの長さでこの重量ならたいしたものです。

↓ちなみにこれ一昨年釣った75cm
P1010431

これで610g…だと!?

同じ長さでもこんなに差があるなんて…
よくわかりませんな。やはりウナギは長さではなく重さか。

今回のは掛かりどころが悪かったらしく、流し台撮影会のあと弱ってしまい即冷凍。
通常なら生け簀で活かしておきますが、ウナギの泥抜きは肝目当てじゃない限り無意味ですからね。(汚い川は知らんw)
冷凍庫に放り込んだ瞬間、肩の荷がスッと下りて楽になりましたね。
だって蓄養中に生死を気遣わずに済むし、身痩せも気にせずいつでも調理できるし、この開放感ったらないですよ。なぜ今までこれに気付かなかったのかと(笑)
とは言え、毎日生け簀のウナギをニヤニヤしながら眺めるのも捨て難いのです。
獲物は食材でありトロフィーでもありますからね(笑)

| | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

人間やめますか?それともタコやめますか?

Gh001

これは二回目釣行時の釣果(8尾)
さほど代わり映えしないのでブログ記事には上げませんでしたが、初回釣行から寝ても覚めてもタコしか頭にありません。かなりヤバイ状態です。

好ポイントに差しかかった時、海底から伝わる期待感…
タコが乗った時のぐにゃっとした独特な感触…
引き上げ時の重量感に伴う確信…
時合に船中がタコ祭りとなる高揚感…
そして何より自作のテンヤで釣れた満足感…
コレですかね。

さらに潜りや夜磯での希少感が追い打ちをかけ、もっとたくさん、さらなる良型を!という気持ちで浮足立つ週末。
いやぁ~まさかタコ釣りがこんなに面白いとはね…
事情あって行けなかった先週末なんかね、そりゃもう危うく気がおかしくなるところでしたよ(笑)

Gh002

さて待望の今週末ですが、キス釣り記事でも登場した「専務」さんと同船し午前4時出船。
あいにくの雨ですが、それなりの装備で行けばなんてことないです。つーか早くタコ釣りたい。釣らせろ下さい。
寒冷地仕様のタロさんは雨の中でもTシャツ短パンにビーサンという信じられないいでたち。
本人曰く暑がりなんだそうですが…まぁ私も暑がりなので気持ちはわかります。しかし雨風の中でコレですから。まぁすっかりお馴染みになっちゃいましたけどね(笑)

Gh003
雨なんて大したことないと思ってたら、風波ともキツくて本命ポイントでの釣りは一切出来ず。
仕方なく風裏のポイントでテンヤを動かしてみましたが、こちらも渋かったですね。
それでも7時頃に専務さんが良型を上げてほっと一安心。続けて私が良型&まずまずの型を上げましたがそれっきりでした。
船中3尾。まぁ今回は中間報告的にさらっと上げるだけの記事にしておきます。

Gh004
良型と言ってもようやく500g超えのレベルで、時期柄こんなもの(新子が湧いてからこのサイズに成長する頃)だそうです。
とは言え私、前回の釣行では今までにないズッシリとした重量感のビッグワン(と思われる)をバラしてます。
こうしてタコ釣りに通うのはその面白さもさることながら、早くキロクラスを手にして区切りをつけたいという気持ちが強くなったからであります。

この日は昼前に帰港して、仮眠を挟んで午後に再び出船するダブルヘッダーを敢行しましたが、午前中に入れなかった一級ポイントに入れたにもかかわらずノータコに終わりました。
いや~結構期待したんですがねぇ~(^^;)
実績では日の出前後が最も釣れる時間帯なんですが、一般に昼間でも夜でも釣れると聞きますし、正直タコはよくわかりませんわ。
なもんで午後からの釣行は調査目的みたいなもんですから。ええ。(負け惜しみ)

というわけで今回の釣果は2尾。
そうそう、今回からタロさん号には魚探が装備されました。
もちろん魚影ならぬタコ影までは見えませんが、横目で見てると水深や根の有無がわかって面白いです。

| | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »