« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

キノコの聖地FUJIYAMA万歳

Gh002

キノコハンドブックの決定版「日本のキノコ262」
買っちゃいましたwwww
ついでにコンパスも買っちゃいましたwww
キノコガサにコンパスとは少々大袈裟?いやいやこれ必携のフィールドがあるんです。
それがここ。

Gh005
やはりここしかないっ!

キノコの聖地「富士山」です。

来ましたね~~~実に自宅からたったの1時間ほど。さっさとここへ来ればよかったんやwww
キノコ初心者の私がいきなり聖地というのは、些か贅沢でもあり生意気かもしれませんな。
今日やっとマブナ釣った奴が、翌日銭洲行ってソルティガをガンガン巻くようなものでしょう。
いやさすがにそこまで敷居の高い分野ではありませんが、森の中で方向を見失うとえらい目に遭いますから、最低限の安全装備としてコンパスは必携でしょう。
今回の同行者は亀将軍ぴよぴよさん。そして我々に先行して「グレートきのこる先生」ちよさんがすでに入山しているはずです。

Gh006Gh013

突入地点周辺にはブナ科の広葉樹が広がり、好天のお陰で木漏れ日が美しい森でした。
この登山口でキノコ野郎に最も人気なのは、突き当りの五合目から小富士へのガサです。でもそこは標高2,000mの世界。
2,000mってこの時期晩秋、下手すりゃ初冬のコンディションなのでは?と思い、あえて標高1200m地点を選びました。
最近じゃGoogle MapsあるいはGoogleEarthなんてものがあるおかげで、事前に大まかな突入ポイントを選定出来るのは非常に助かります。もちろん植生や地形(深い谷や露地の有無など)を考慮します。

広大な森を目前にした三人のテンションは、すでにはち切れんばかり(笑)
突入と同時に各自散開し、以降はまったくの個別行動です。

Gh009
ナラタケ(食える)

Gh010
キクラゲ(食える)

Gh008_2
ツチグリ?(食えるが採らない)

いや~さすが富士山ですわ(^^)
食える食えない別にして、次々にいろいろなキノコに出会えます。
ハンドブック片手に調べなら進む道は、キノコ狩りというよりむしろ自然観察会に参加している感覚ですね。




ぐっへっへwwww楽しいwwwwwww



Gh015

おお~テングタケだ!
毒キノコですが、図鑑で見るたび最高にカッコイイと思ってたキノコ。コイツの写真を撮りたかったのです。
本当はもっとカッコイイ「ベニテングタケ」に会いたかったんですがね(笑)

Gh014
やった!イグチ科の良型ゲット!と思いきや、無毒だけど苦くて食えない「ニガイグチモドキ」らしい。

Gh024
かなり深い谷もありました。落ちたら確実に死にます。

広葉樹林は道路から近く、採取プレッシャーもあるのかあまりいい結果は出ませんでした。
本当は食えるキノコもあったかもしれませんが、図鑑とにらめっこするも似たキノコが多くてなかなか特定が難しい。

Gh001_r

Gh016

これはチチタケ(食える)か?と思って分泌液を舐めてみると辛い。どうもカラハツタケ(毒)らしい。
このように毒キノコを回避する経験を積むのもまた楽しかったりするのです。
まぁ今は何を見ても何を採っても楽しくて仕方ない時期ですがねドゥッヘッヘヘwwww

Gh011
アカモミタケ(食える)

途中で会ったおじさんキノカーにアカモミタケを教えてもらいました。(おじさんはアカハツと言ってましたが)
天ぷらにすると美味しいというので、私もいくつか採取。ハツタケ型のキノコは判別が難しくて苦手ですが、おかげさまでこのタイプのキノコを初めて採取しました。
ついでにカラマツ林のある方向を教えてもらい、今回の本命である「ハナイグチ」を探しに向かいます。

Gh012
ゴッドスピードナイスキノカー!助かりました。

Gh017

おじさんキノカーが教えてくれた方向へ進むと、これまた美しいカラマツ林が出現。しっかし歩きやすい林床ですな(^^)
標高のおかげで下草も藪にならない植生のようです。地元で蜘蛛の巣払いながら藪に突入していたアレは何だったのか…
そしてメインターゲットのハナイグチもすぐに見つかりました。

Gh018

Gh022

Gh020

ハナイグチ入れ食いwww

ウブな私には夢のような光景です(笑)
そこには絵に描いたような「キノコ狩り」がありました。
それにこのハナイグチ、軸は太いし密度があって重量感バッチリの素晴らしいキノコです。

Gh001

あぁぁーーーーたたたたのすぅぃぃぃーーーー(;´Д`)

調子に乗って結構採りました。
メールの経過報告によると、どうやらハナイグチ入れ食いポイントに当たったのは私だけのようで高笑い。
それにしてもこの環境…歩きやすいわ探しやすいわで家族連れでもイケますな。
なんというパラダイスなんでしょうwww

Gh007
アミハナイグチ(食える)

ハナイグチが地面から生えているのに対し、このキノコはすべて朽木から生えておりました。
ハナイグチが順調なペースで採れていたので、質感に劣るこのキノコはほとんどスルーです。

Gh021
ウホッ♡ヤマドリタケ系のいいキノコ!!
キノコ「採らないか?」
と思ったらアシベニイグチ(毒)かニセアシベニイグチ(不明)っぽいですね。


Gh019
動物の骨発見。鹿にしては小さいし猪にしては牙がない。
面倒臭いからチュパカブラに一票(笑)


Gh023

だ~~れもいない静か~~で爽やか~~なカラマツ林。木漏れ日の中、倒木に腰掛けてランチタイムです。
否!ガサ野郎にそんな優雅な言葉は必要ありませんでしたな。
腹減ったからそのへんに座って兵糧食いました。←これでいいですか?

最近の定番は、海でも山でもこの組み合わせ。
真ん中は白く飛んでますが牛乳です。他に世界のパン・ヤマザキのランチパックとお茶とカルピスウォーターが写ってませんけどね。
どうもガサに夢中になると、米が喉に通らない体質になってしまいました。
まぁ他人のメシなどどうでもいいですよね。正直すいません。
いいかげんに収穫袋が重くなってしまったので、ここで一旦車に戻ることにしました。

Gh027_2
再びナラタケ発見

車に戻ると傍らにぴよぴよさんの姿。
どうやらカラマツ林に出会えなかったらしく、ハナイグチの収穫は芳しくありません。
そこへ森から獣が飛び出るように現れたちよさん(どっから来たんやwww)も合流。こちらもハナイグチがイマイチだったので、三人で私が入れ食った森へ向かい、最後の仕上げと相成りました。
そう言えば亀将軍はどこへ行った??
まぁ彼のことですから心配無用。きっと一人で脳汁垂らしながらやってるに違いありません。というわけであっさり切り捨てる(笑)

Gh025_2

ぴよぴよさんは外見とは裏腹に、キノコ探して単独で地元の山に突入するやり手で、今日もハンドブック片手に様々なキノコと対話してきたようです。
実は二人で地元の山を探索しようというお誘いを頂いてたんですが、勝手に富士山にすり替えてしまって申し訳ありません(^^;)
でもすり替えて正解だったでしょ?最高に楽しいですよね。ロケーションも抜群だし!

Gh026_2

そして尊敬すべきキノコ先生であるちよさん。この人が蓄積してきた造詣は半端じゃないです。
聞けば富士山に行くと決まった日から、興奮して二日間一睡もできなかったとかマジですかねwww
この日も一人推定1700m地点からガサり始めて、標高差500mを下ってきたとんでもない人です。
これはもう「キノコ先生」を超越して「キノコ変態」の称号を贈るべきでしょうねwwww
兎にも角にも今年の私は「変態先生」が送ってくるキノコ写メに多大な影響を受けてしまいました。
普段茶化してばかりですが、いろいろな意味で私の人生を変えた一人と言えるでしょう。

Gh028_2

そして大団円。

いや~~楽しかった。完全燃焼ですね。
山歩きで膝が笑ったのは久しぶりです。
何も知らない頃、富士山なんて荒れまくりのフィールドだろうと決めつけてましたが、実際に歩いてみてわかりましたよ…

探りきれません。

とてつもなく広大なフィールドですが、出来ることならそのすべてを探索してみたい欲望に駆られます。
いや無理なことはわかってますが、例えば衛星写真を眺めていると、ここには何があるのだろうか、どんな森だろうか、とつい妄想してしまうのです。まぁ実際はさほど代わり映えしないかもしれませんけどね(笑)
過去にバイクツーリングの記事でも書きましたが、まだまだ私の知らない富士山がたくさんあります。
私はこの富士山をしゃぶり尽くしたいwwww

| | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

【GMT】地元で探してみよう!

Gh004

Gh005

Gh007

Gh008

連日のキノコ調査。
今日は地元にあるコナラ中心の広葉樹林(標高やや高め)へ突入してきました。
食えるキノコの収穫はタマゴタケが数本という結果で、斜面を上へ下へと歩きまわった労力にはまったく見合わないものです。
しかし今は毒キノコ含めてキノコを見て回る行為自体が楽しくて仕方ない。
これも駆け出し特有の純粋さでしょう。そのうち飽きてしまうかもしれませんね(笑)
ともかく、地元の山林でもタマゴタケぐらいは採れるということを証明できました。


【本日のキャスト】

Gh011

カワリハツだと思ってキープしたキノコ。ネット画像とにらめっこすると、軸のほのかなピンク色が符合しないという理由で廃棄。
個体差かもしれませんが、カワリハツの味の評価がイマイチだったことで諦めがつきました。

Gh009

これがよくわからん。ベニテングタケのアルビノみたいな危険が危なそうなヤツwww
幼菌がメッチャうまそうな形状。しかし見るからにヤバイ系でしょ。
「こんなのも知らんのか」と詳しい人から馬鹿にされそうwww
だってあ~りん…じゃなくて初心者なんだもん♡

Gh012

出たwwwwドクツルタケwww
これ見つけるたびに頭の中で近藤●彦の歌が止まらなくなるから困る。
「天使のような悪魔の笑顔」まさにコレ。

Gh002

これもアカン奴や…「ハナホウキタケ」
もちろん現場ですぐ名前が出てくるわけじゃないっす。ネットその他で調べてからに決まってます。
そもそも芸能人はもちろん、会社の同僚の名前さえも度忘れするほど老化してますから、一度読んだだけで覚えられるわけがありません。
とにかく現場では「あ~これネットで見たwwとにかくアカン奴やwww」程度で、それ以上の記憶はナシ。
いつかは空で言える身分を夢見ています。

Gh015
Gh019

これも特定の場所で群生してた一見美味そうなキノコ。
帰宅後の調査で「キチチタケ」ではないかという結論に至りました。
「ではないか」という表現は、初心者である私がWeb上で不用意に断定すべきではないと思ったからです。
私もこうやって一つ一つ壁に当たり、そこから知識と経験を増やして、やがてはキノコ博士と呼ばれてみたいです(笑)
しかし物覚えが悪くなった今からでは相当キツイな・・・

Gh013

あとね、こういう個性に欠けるのとか…

Gh014

こういう後ろ髪引かれる美味そうなヤツはホント勘弁して下さいwwww
まだ名前の特定には至っておりませんが、殺人キノコじゃないなら当たる覚悟で食ったろか!という衝動に駆られてしゃーない。

Gh003

今回惜しかったのがコレ。
きのこる先生も写メを見て一生懸命考えてくれました。

アカヤマドリタケだ!→いやアメリカウラベニイロガワリじゃね?→さんざんネット画像とにらめっこ→「ヒイロウラベニイロガワリ」(毒の有無は不明)で結論。

へぇ~「ヒ・イ・ロ・ウ・ラ・ベ・ニ・イ・ロ・ガ・ワ・リ」ね!よ~しわかった!覚えられるかボケ!!
ものすごく食べ応えのありそうなキノコなんですが、念のため廃棄です。これは出来れば食いたかった(^^;)
それにしても「毒の有無は不明」って…誰も食ったことねーのかいwww誰か人柱に・・・
いや、この発言は忘れて下さい。


あ~今回も楽しかった(^^)

何が楽しいって、これが山菜なら一目瞭然でササッと仕事終了でしょ?
ところがキノコは森の中であれこれ参照して悩んだり先達に聞いたり、一筋縄ではいかないところが楽しいのですよ。
それと、どうにかして毒キノコをかわすこのスリルwwwいやまだそれほど冒険してませんが(^^;)
これは是非ともある程度のレベルまで到達してみたいですね。
判別の難しいキノコを見分けるスキルを身に付けてみたいんです。
帰宅してからネットで調べ始めると、それぞれ覚えるべき特徴や見分け方があって、つい閲覧が止まらくなってしまいます。

んん~もっと早く気付くべきでした。
もうすぐ9月もおわりですし、しかもこの寒さですから。あと何回山歩き出来るやら…

| | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

これはいかん!キノコが面白くなってきた(^^;)

前回出会った白いキノコについて調べてみたんですが「ドクツルタケ」(別名:デストロイング・エンジェル)という猛毒キノコでした。
こんなものはキノコガサやる人間にとって大前提の知識なんでしょうが、キノコデビューするならちゃんと勉強せないかんですな。
事例では「もがき苦しむ苦痛→肝臓腎臓を溶かして洗面器2杯の吐血→死」という実に恐ろしい話がありました。
しかもたった一本食っただけですよ。
過去「トリカブト殺人」なんてーのもありましたが、これほど少量で確実に死ねるものが自然界にあることに戦慄を覚えます。

まぁそれはさておき、食用であろうと猛毒であろうとキノコ探しは結構楽しい。
今回は「ナラタケ」と「タマゴタケ」を目標とし、場所もスギだらけの地元を敬遠し、裏山を越えて広葉樹の多い箱根へ行ってきましたが・・・

Gh004

Gh005

Gh006

Gh007

Gh008

Gh009

ま~~~~~ホントいろんなキノコがあるもんですwww
コイツらみんなスルーなんですがね。
いやスルーするしかないでしょう。とにかく現段階では知識不足でわからんのです。
もちろん専門書の携行も考えました。また現場からネット画像を頼りに判断するのもいいでしょう。
しかし出会ったキノコの初期情報は、せいぜい「容姿」と「周囲の植生」ぐらいしかありません。
現場でこの2点から正体を突き止めるのは、思いのほか時間を要しますね。
そこで前夜、ネットから画像を拾ってフォルダにまとめ、自分なりに検索ファイルを作成してきました。
間に合わせなので食用キノコだけに絞り「形フォルダ」→「色フォルダ」→「写真と解説」の3階層ツリーにしてスマホで閲覧。
これならオフラインでも使えてカスタマイズも出来ます。
まだ3階層しかありませんが、これから改良を重ねて充実させていきたいと思います。

Gh003

一番苦悩するのが、上のような茶色いタイプとハツタケ型(傘が猪口型のタイプ)ですね。
上のタイプは本当に美味そうで(笑)このままスルーするのがもったいない衝動に駆られますww
一方ハツタケ型は種類が多く、しかも上の茶色タイプが老菌化するとハツタケ型になるとかもうワケワカンネ状態wwww
さらに可食であっても見分けがつきにくいものや、容姿の個体差まで絡んでくるもんだから始末におえない。
結局はキノコ狩り定番種に落ち着かざるをえないという「多分見逃している感」がかなり悔しいです。
まぁ…しゃーないです。アタリたくないですからね(^^;)
そんなわけで毒キノコ食って新聞に載る人の気持も多少わかる気がします。
あとこれもにわか勉強で知ったことなんですが、一口に毒キノコと言っても下痢や嘔吐で済むものが多く(注:大雑把に言えばです)、冒頭のドクツルタケのように猛毒と呼ばれる「殺人キノコ四天王」みたいな奴らは別にいるんですねぇ。
今まで一括りに毒キノコとしてすべて同列に考えてましたので、これも興味深い話だと思いました。

Gh002

さて自前の検索ファイルと「きのこる先生Cさん」への写メによる判別に頼って進む中、食えるキノコも見つけました。
これは多分ブナハリタケかウスヒラタケ。類似危険種のスギヒラタケではないと思います。
しかし量がイマイチなので華麗にスルーね。(本当はおっかなびっくりのスルーww)

Gh011

うん。これは私でもわかるヒラタケでしょう!臭いを嗅いでもヒラタケでしたがヒラタケですよね?(聞くなよwww)
だがこれも量が少なくスルー。くっついていたのがアスファルトの隅に落ちていた細い木です。残念。

Gh012

これはキノコではありません。
昔得た知識から、てっきりナンバンギセルだ思ってたら「ギンリョウソウ」でした。
暗い林床に生えるちょっと神秘的な植物で、地下で菌類と共生して云々・・・という詳細は面倒なのでやめときます(笑)

Gh010

えっ!?温泉を捨てている!?
鉄泉の匂いがします。触ってみるとやや熱めの絶好な湯加減でした。もったいない!
すぐ上にポンプ小屋があり、これの稼働によるものなのか自力湧出なのかはわかりませんが、多分自力湧出でしょうね。
勝手な推測ですが、ここはかつて別荘予定地か何かだった雰囲気。途中で計画が頓挫したのかもしれません。
クソっ!ここに湯船を設置したいwww

Gh015

ちょっと待て!地面からパンが生えてるんだがwwww

Gh017

Gh013

Gh014

ウソです。
「ノウタケ」という食えるキノコです。
これも予習済みだったのですぐにわかりました。
てゆーかこのわかりやすい容姿で迷う奴はいないでしょうな(笑)
あまり美味くないとのことですが、ものは試しでキープじゃ。笑っちゃうほどパンにそっくりwwwんん~~大味な予感しますが(^^;)
そして今日の本命を完全に諦めかけていた時、ついに見つけたのですwwww

Gh020

Gh021

Gh023

タマゴタケキマシタワ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

もうメッチャ嬉しかったです!小踊りして喜んじゃいましたwwww
写真でしか見たことのないコイツを、自分が当たりをつけたポイントで自力で発見する達成感!イイです!
虫には食われているものの、美しい!実に美しい!これがタマゴタケかぁ~~
いや~こんな気持ちは本当に久しぶりです。ウブってーのはいいもんですね。この初心を忘れちゃいかんのです。
結局収穫はこの5本だけでしたが、まぁキノコ初心者には分相応な結果でしょうな。

Gh028

Gh029

でもいいんです。
たくさん採ってたくさん食いたいではなく、採れることを実証するのが今回の最大の目的。
帰宅後はノウタケをバターソテーしたり、混成でたまごスープ(中華風)にぶっ込んじゃったり(笑)
タマゴタケはシャキシャキとした歯応えが素晴らしいです。
ノウタケはまさしくパンwwwいや麩かもしれません。とにかくキノコらしからぬフワフワした食感。
まぁ味は噂通りこれといって取り柄のないものでしたが、面白い経験をさせてくれました。

う~ん長年敬遠してきたキノコ探しですが、やってみるとかなり面白い!
いざとなれば先達のバックアップも心強いし、かなり影響されております(笑)
キノコガサは単独で一念発起しにくいカテゴリーですから、皆で同時進行すると気持ちが楽になります。
この日も先生含めて3名がそれぞれのフィールドで同時進行。写メが飛び交うキノコガサとなりました。
そのうち樹海に突入したいと思います。わりとマジです(笑)

| | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

キノコなんて~~!

依然としてタコ釣りが面白くて仕方ありません。
先週は1.8kgの自己記録。これがまた根掛かりと勘違いするほどマヌケな釣れ方だったんですが、帰宅後も腕についた吸盤の跡が消えないほどでした。
心構えとしては高級食材補給のための「漁」に近い気もしますが、とにかく手釣りならではの魚信…いやタコ信に取り憑かれております。
まぁ人様の船に乗せてもらっての結果ですから、諸手を上げて自慢できる話じゃないんですがね…

一方山からはガサ仲間Cさんから週末毎のようにキノコの話題が届いており、私もこれに感化される形で山へ行ってきました。
私は基本キノコはやりません。理由は無毒有毒の判別が難しく、熟練したノウハウを要するからです。
しかしナラタケやヒラタケやキクラゲ程度なら何とかなりそうな気がせんでもない。
Cさんに出来て私に出来ないはずがない!とまでは思いませんが、せめて過去に採取経験のあるナラタケぐらいは…

Gh006

Gh008

Gh009

Gh007

Gh013

Gh015

Gh016

注意深く探してみると、ま~~いろんなキノコがあること。
一見して「ナラタケでは?」と思わせるものもありましたが、その都度Cさんに写メしてみると、どれも毒キノコでしたwww
まぁ上の写真でも写メしてないものもあるので、ひょっとしたら食えるものが…いや無いかな。
(後日追記:上の写真は「ヤナギマツタケ」という食えるキノコであることが読者さんの投稿で判明しました)
結局最低目標のナラタケさえも見つからず諦めたわけですが、普段視線を注がない林床の菌類ってーのも、実に多種多様で面白いですな。そういう意味では収穫ありのガサでした。

が!

やはりキノコは敷居が高いです。そしてどこまでも奥深い。ダメだこりゃ~\(^o^)/
「きのこる先生」Cさんのような執着心があれば別ですが、私はそこまでキノコの味わいにこだわりはない。(と今は強がっておこう)
こだわりさえあれば、あらゆるノウハウを蓄積して私も「きのこる先生」になれたはずです。多分。
「好きこそものの上手なれ」と言いますからね。こんなにわかじゃ通用せんのです。ええわかってますよクソー!

Gh011
先生によると「死の天使」と呼ばれる毒キノコなんだそうです。危険が危ない。
DEATH ANGELとはこれまたカッコイイじゃないの。しかしこれメッチャ美味そうなんですが…やっぱ食べちゃダメ?
←らめぇぇぇぇぇぇぇ!!

とは言え、やはりナラタケぐらいはなんとか自力で採ってみたい。
負け惜しみで言わせてもらうと、先生の地元は広葉樹林が多いのに対し、ウチの地元は杉の植林だらけでキノコガサには向いてないようです。
そう言えば地元でもキノコ狩り云々の話題はほとんど聞きませんから、ひょっとするとかなり不毛の地かもしれません。
この日も杉林の合間に点々とある広葉樹林をハシゴする形で探してましたからねぇ。


結論:キノコ狩り、それは幻影。


Gh020

食えるキノコが見つからないその足でマタタビの実を採りに行きました。
初夏に実行したマタタビ捜索ミッションの際、Google Mapsにマーキングしておいたのでポイントまでは完璧です。

Gh021

Gh004

Gh005

いきなり肝心のマタタビの実が見当たらないのに焦りましたが、よく見りゃほとんどが地面に落ちてました。
マタタビの実には虫こぶタイプとノーマルタイプがありますが、虫こぶタイプはどうやら早めに落下する仕様のようです。
これらはどうも落下したてのようで、特に傷んでもなかったのでとりあえず拾い集めてみました。

Gh028
実を割ると中から虫さんチ~ッス!マタタビミタマバエの幼虫なのだそうです。

Gh025


「マタタビミタマバエまたはマタタビアブラムシが寄生して虫こぶになったものは、木天蓼(もくてんりょう)という生薬である。冷え性・神経痛・リューマチなどに効果があるとされる」(Wikipediaより抜粋)

冷え性・神経痛・リュウマチ…私にはまったく無用の効能やん。
まぁそのうちお世話になる日が来るかもしれんが、今は隣のネコをおちょくる目的しか思い当たらん。
実が一番効くらしいので、コイツを乾燥させて隣のネコと遊ぼうと思う。やったるで(笑)
あ、ちなみに私は断然ネコ派です。それと隣の奥さん若くて可愛いんですが、残念なことにネコではありません(意味深)

| | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »