« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年11月

2014年11月22日 (土)

豊かな緑。実体は砂漠。

まとまった雨が降ったので、自宅近所の森を徘徊してみました。

Dsc_0768Dsc_0767

【目標その1 エノキタケの採取】
晩秋からのキノコであるエノキタケを初めて採取しました。
より湿度のある場所が有利と考え、自宅前の小川の上流を探り歩いていたところで発見。
老菌ではありますが、匂いは市販品のエノキタケと同じで、これがなんとも不思議な感動を呼び起こします(笑)
それに柄がやたらと黒い。図鑑で見るものとは比較にならんほどです。
これが図鑑にない地元産の現実であり、こうして個体差・地域差を肌で感じることによってキノコのノウハウを蓄積するしかないと思ってます。

Dsc_0770

同じ木にキクラゲもありました。
何に使おうかと考えながら一応採取。

Dsc_0775

別の木で見たキクラゲの幼菌。
幹の亀裂に沿って整列する姿が可愛らしくて撮影しました。
キクラゲは普通種ですな。まぁちょっと失礼かもしれませんが、言うなればザコキャラです。

Dsc_0774

すっかりヨボヨボで採取対象外ですが、このようなナラタケも数箇所にありました。
これで近所でもナラタケの採取が可能であることを知りました。
ただし不思議と群生しておらず、一箇所でウハウハになれない模様。

午後からの探索でしたが、あっという間に日が傾いて終了。
鬱蒼とした環境なので、15時過ぎるとほとんど見えなくなります。
まぁそれなりの発見はありましたが、エノキタケもほんのワンポイントで全く以て不満。
地元はやたら杉林が多く、その合間にわずかに生える広葉樹を探り歩くスタイルに辟易します。

【目標その2 ヒラタケの採取】
これは今回も達成できませんでした。
ガサ花キノコ部員からヒラタケ採取の報告が毎週のように届く中、ここ西湘地区はまったく振るいません。

一般にどこにでも生えると言われるヒラタケですが、そんなものにさえ出会えない歯がゆさと、暗く無産で過剰な杉林の存在に苛立ってます。
今まで自然が豊かな地元を誇りに思ってきましたが、それは見せかけだけの緑。認識を改めねばなりません。

後味が悪いので、今日はここでおしまい!(笑)

| | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

憧れの…

Dsc_0734

午後からセロ子に跨り、ぶらっと出掛けたキノコガサ(かなりダメ元)
地元の自然公園でとんでもないものを見つけてしまいました。

Pb081154

Pb081156

Pb081153

Pb081149

Pb081151

Pb081152

Pb081155

ナラタケの大群生@クヌギ倒木


はたして世間ではこれが「とんでもないもの」なのかどうか…なんて基準は知ったこっちゃないのです!(笑)
とにかくキノコ一年目の私には、間違いなく「とんでもないもの」なの!(笑)
このナラタケ、キノコの中では全国的に最もポピュラーな種で、一度にたくさん採れてしかも美味だとかなんとか。
ところがいざ探すとなかなか見つからず、ずっと歯痒い思いをしてたんです。
そういう意味でこのキノコは初年度憧れの種であり、さらに地元で採取の達成感というおまけ付きなのです。

しかしまぁ何と素晴らしい光景なんでしょうかね。写真撮りまくっちゃいましたよぉ~(^^)
そりゃ富士山にもチョロチョロとナラタケはありましたが、本当にチョロチョロ。
ここまで教科書通りのナラタケは初めてでございます。最高です。本当にありがとうございます。

Pb081159

Pb081160

里山レベルの標高ですが、すっかり晩秋ムードいっぱいです。
本当の事を言うとヒラタケ狙いで来たわけですが、ヒの字もありませんでした。
と、嘆きながらも顔は笑ってます。
なにしろ右手のコンビニ袋には、束になったナラタケがびっしり入ってますしお寿司ウヒャヒャヒャwwww

Pb081157

いくつか見つけたスッポンタケ。初めて手にしましたが、思ったよりデカイ&重い!
食えるキノコですが、仲間内ではあまり評判がよくないのでスルーしてきました。

Pb081162_2

えっ!?これはまさかのハナイグチ!
富士山のカラマツ林で堪能しまくった亜高山性のキノコですが、まさかこんなところで会えるなんて!?

Pb081163

よく見たらここだけ数本カラマツだった!
本当にたったの数本だってーのに、ちゃんとハナイグチ付きですよwww
こういうのってどうなのかね?
すんごい長距離を胞子が飛んでくるの?
それとも移植時に菌糸も付いて来たの?
とにもかくにもキノコの逞しさを思い知らされました。

Pb081164

さてさてこのナラタケ、どう料理してくれようかのうwwww

Pb081166_3

結局コレかいっ!の炊き込みと味噌汁。悩むもなにもこれが王道でしょう!
いや~絶品でしたよwwwww
ナラタケの軸は消化が悪いらしいのですが、やはり軸のシャキシャキした食感は捨て難いです。
味噌汁は定番中の定番だそうですが、見事にナラタケの出汁が出て最高クラスの味わい。
双方ともこれでもかと言わんばかりのキノコレシオに大満足の晩餐となりました。

ああ…幸せ…

| | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »