« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月24日 (日)

そうだ海なし県行こう

今日はチームさいたまの挑発に乗ってハチク採りに行きます。

Bp5240132

都心通過も久しぶり。大橋JCT経由で行く先は未知の世界なので慎重に運転です。
しっかし毎度のことながら首都高の寄れ寄れ詐欺はなんとかならんものかね。
分岐が近づく度に右に寄れ左に寄れと促すけど、結局車線変更しなくても行けたやん!なんてーのばかり。
時たま本当だったりするから油断できませんが、無駄な車線変更は事故の元に決まっとる。
こういうのは車線分岐図を掲げときゃ済む話なのに、どうもアホ公団にはそれがわからんようです。

Bp5240133

そして呆気なく到着。約1時間半か…意外と近いじゃないか。
西湘meets海なし県のセレモニーも特にないまま(笑)おまいらさっさとタケノコ採るぞ的なノリでポイントへ連行されました。
しかもゲストそっちのけでガシガシ採りまくるし!ポイント知らんから完全に乗り遅れるし!
おまいら戦闘モードになるのは解るがちょっと手加減しろwwww

001


Bp5240145

Bp5240146

まぁ小一時間もしないうちにガサ終了。
タケノコ採りなんてこんなもんでしょう。しかもただ見つけて折るだけですからね。
しかしなかなか女性的な風合いの上品なタケノコですね。竹そのものもマダケに似ているのかと思いきや、意外にも細くてむしろササに近い感じでした。

Bp5240135

さて変態どもの試食会です。
さいたま組はちよさんとあんず坊さん、西湘組は私と亀将軍の計4人です。七輪の焼き網を忘れたことには突っ込まないでね。

Bp5240139Bp5240142

ガサ花一の料理人・ちよさんが天ぷらと煮物を作ってくれました。
これは美味でした。特に天ぷらが抜きん出ています。
ハッキリ言ってこれがあれば孟宗もマダケも用無しですね。
アク抜きも必要ないし、あらゆる料理法で楽しめるんじゃないでしょうか。

Bp5240138

Bp5240136

細いものは皮のまま焼いちゃいます。
あんず坊さんが間髪入れず醤油マヨを用意してくれましたが…合いますねww醤油マヨ。
こうしてガサ談義しながらのんびり過ごすのが至福と思ってましたが…今日暑いですww
予報では曇り時々雨でしたが、見事に騙されました。

Bp5240141

鹿角品評会も絶賛開催(笑)
ちょっと撮影の角度が悪くて寸詰まりに見えますが、ちよさんの角(左)は想像以上に太くて立派なものでした。
鹿角も長さや太さ、尖り具合や色の濃淡に個体差があり、なかなか味わい深いものがあります。
今回は単なる自慢大会にとどまらず、手にとって細部まで吟味する有意義なものになりました。

Bp5240149

Bp5240150

〆はさいたま市民のソウルフード、娘娘のスタカレーです。
人気店&駐車場キャパの都合で開店前からスタンバっちゃいました。
もちろん我々は聞きかじりなので、さいたま組にリクエストして案内してもらう形です。
店舗は極めて家庭的ですが、どうもスタカレーより焼きそばのほうが評価が高いようです。スタカレーはスタカレーでぺろっとたいらげちゃいましたが、次回は焼きそば絡みのメニューで頂こうと思います。


今回のさいたま遠征は名目こそハチク狙いでしたが、総括としてさいたま組と思う存分ガサ談義出来たのは非常に有意義でした。まぁ真の目的はコレなんですけどね(^^)
それと意外に近くてお手軽なのがバレちゃいましたね(笑)
なにしろ周囲の環境が我々の地元とかなり違うので、何かと新鮮です。
次の来訪は冬キノコのシーズンと考えております。
お世話になりました(^^)次も期待してますからね。O・MO・TE・NA・SHI♥

| | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

おいしいキノコ・マツオウジ(棒)

Bdsc_1142

Bdsc_1145

鹿角ガサ中に見つけた大型のキノコ。道端の埋れ木から単独で生えてました。
この時期にこの形。まず死ぬようなキノコじゃないだろうし、これは食えるんでないかい?
ということで仲間の助けを得てマツオウジと同定。ホント当ブログのキノコ部員は頼りになります。
若干油っぽい香りですが、ハルシメジの無味無臭と比較していかにもキノコらしいと好感が持てます。

Bdsc_1149

御覧下さいギッシリ高密度の素晴らしい断面です!
マツオウジは人によって中毒するので要注意とのことです。本当は無闇に食べないほうがよろしいかと。
そんなわけで今回は家族に食べさせてません。俺が死んだら棺に鹿角も入れといてくれ。

Bdsc_1151

マツタケのように扱えるということで吸い物にしてみました。これは期待ww

さ~ってまずは汁を一口……  苦っっwwww

なんじゃこりゃ!よし汁捨てよう。汁捨てて新しい汁に替えよう。
急遽汁入れ替えで苦味はかなり解消しましたが、身が…身が松ヤニの風味ですわ。
個体差があって美味いのは美味いらしいんですが、これはちょっとハズレだったようです。
まぁ傘が反り返ってますから、もう老菌に相当するんでしょうね。これもハズレ要素でしょう。
老いてなお堅牢なキノコですが、幼菌ならば癖も少なかったかもしれません。
しかしこのルックスと質感と食い応え…もったいないなぁ。次見つけた時も採っちゃいそうじゃないか。マツオウジという名前もカッコイイし。

Bdsc_1148
野生のシイタケを見かけました。

Bdsc_1147

メインの鹿角ですが、さすがに今回は見つかりませんでした。
しかし途中で1頭と遭遇したことと、写真のような鹿の足跡がたくさんある水場を発見したことで一歩前進です。
と言っても所詮はただの目安。ここで集中的に角を落とすわけじゃないですからね。
途中、畑で作業しているおばちゃんに話を聞くことが出来ましたが、50年ここで仕事しているが農地で鹿の角を見かけたことは一切ないと言ってました。これは今まで気になっていたので、一応の行動指針にはなります。それどころかそもそも鹿の出現はごく最近のことで、数もまだまだ少ないという話でした。丹沢から進出してきたのではないかとおばちゃんは言ってましたが…どうでしょうね。
とにかく歴史は浅く、個体数も少ないようです。まぁ近辺で2本ゲットした実績は内緒にしておきましたが、んなもんありゃしねーよ的なリアクションされて今にも口に出してしまいそうでした(笑)

今更ですが、鹿角ガサは3月あたりに集中してやるのがベストでしょうね。
この時期ともなれば下草が茂って捜索範囲が限定されます。それでも暇さえあればやっちゃうと思いますが、前回のような大型はもう二度とゲット出来ない気がします。早々に幸運をつかんで良かったのか悪かったのか…やや複雑(^^;)

| | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

ディアホーンハンティング

「産みの苦しみ」

Bdsc_1118

連休初日は富士山と決めていました。目当ては鹿角。
去年キノコ狩りの際に何頭か鹿と遭遇したのが気になって、ここなら角を拾えるのではと期待しての突入です。
私もいきなり食えない獲物に熱を上げてますね。一本目を拾ってしまうと次もあるのではと期待するのが人情ってもの。調子に乗っているとも言います(笑)

Bdsc_1119

ところがね…あまりにも広大で的を絞れないんです。もう笑っちゃうくらい。
なにせ似たような景色が延々続くわけですから、去年どのあたりで鹿と遭遇したのかなんてわかるはずないんです。たとえわかったとしても、奴等常に移動してますからね。

歩きながらいろいろ考えます。
今日私が行動できるエリアにどれだけの鹿が生息しているのだろうか。秋に遭遇する群れはせいぜい3~4頭。これを氷山の一角と考えて、私の行動エリアにつき30頭の鹿がいると仮定します。さらに単純に群れの半数を雄鹿とすると、落とす角は30本。それとてこのエリア、この標高に定住しているとは限りません。冬季は積雪もあり、さらに下界へと移動している可能性もあります。角の生え替わりは早春ですから、落とすのは越冬地近辺かもしれないのです。ではどこに落とすのか?餌場で落とすのか、水場で落とすのか、そんなものに法則など一切ないのです。

あ~~~さすがにこれは気が遠くなってきたwww

そして案の定、歩けど歩けど角は見つかりません。
ここで一旦腰掛けて休憩し、鹿の生態について検索してみました。

・昼間は山奥で過ごし、夜に人里近くまで降りてくる。
・森に隣接した開けた場所が好き。
・餌の嗜好性として、アオキをよく食べている。


などなど…そもそも検索など現場でやらず出陣前にやっとけという話ですが(笑)
驚いたのが食樹のアオキです。てっきり落葉低木を主食にしているのかと思ってました。
アオキと言えば杉林の林床に生える常緑低木。それこそどこにでもあります。今まで何を食って越冬しているのか疑問に思ってましたが、これなら食うに困らんわけです。と同時に、またまた気が遠くなっちゃいました。だってこんな環境無限にあるんだもの(^^;)

Bdsc_1126
ちょっと古いけどスラッグ弾の薬莢が落ちていました。鹿やイノシシなどの大物向けの殺傷力のある弾丸です。

あまりの難易度に尻尾を巻いて帰ることにしました。
せっかくだからと5合目の様子を見てきましたが、もはやヤケクソ観光です(^^;)

Bdsc_1129
きれーだなーーー(棒)

Bdsc_1134
久々に食った「汁の黒いうどん」@道の駅。味は推して知るべし。

Bdsc_1133
コシアブラ売ってましたが高いです。お試ししようにもコスパ悪すぎ。



「そして感動の結末へ」


二日目は地元。
実は木曜日の仕事中、恥ずかしながら近所の公園にハチクがあった白昼夢を見てしまいまして…
帰宅してすぐに確認しに行ったら全くの記憶違い(笑)
いやどこかであのタケノコを見たような気がするんですが…どこだっけな?
今日はそれを解明すべく、まずはハチク探し。この前ガサったルートを辿ってハチクの有無を確認します。まぁ間違いだとしてもハチクのポイントを開拓したいと思いました。

しかし結果的に見つかりませんでした!(きっぱり)

やっぱり白昼夢だったのか。春の獲物が多すぎていろいろと混乱しているようです。これもトシかな。

Bp5020113
ハチクが見つからず、海を見ていた午後…

ハチクは見つからず、孟宗にマダケのオンパレードな地元の山。気がつくと鹿が出没しそうな林床を凝視してました。
春の山菜はひと通り済ませたし、どうせ遠出もしないヒマな連休だし、ロマンを追い求めるのも自由です。

・・・やるか

Boi000001
【資料画像】とある資料館にあった剥製。そしてたまらず角をナデナデナデナデする怪しいオジサン。

Bp5020123_2

Bp5020116

何しろいつどこに落ちているかわからない。裏を返せば可能性は無限にあるというのがまたもどかしい。
林床ってのは枝が無数に落ちているのが当たり前ですが、この中から枝そっくりな鹿角を見分けるというのは至難の業だと思います。
まさに藁山から針を探す思いですが、藁山から針を探すほうがはるかに簡単だと私は断言します(笑)
藪こぎして水場を確認したり、場所を変えるのに急斜面を登ったり…キーワードである「森に隣接した開けた場所」と「夜間に人里近く」に注目して探索を続けましたが見つかりません。
しかし不思議と富士山よりは見つかりそうな気がするのです。
富士山ほど広大でないため、ポイントの絞り込み…例えば鹿が嫌いそうな藪は除外したり、地形の起伏による行動範囲の絞り込みなどがわかりやすく感じます(あくまで勘)そして何よりも前回の実績が期待感を煽るのです。

Bbp5020124

最後に残しておいた地元の裏山へ移動。
残しておいた理由は前回の実績ポイントだからです。他にも「ここでダメなら帰ろう(泣)家も近いし…」という悲しい意味合いも含んでます。
記事にはしませんでしたが、実は後日2回ほど「もう片方の角」に期待して歩きまわったんです。結果見つからず。これも「もう片方の角」はどこかに落ちているのに発見できないもどかしさがあります。この山のどこかに必ずあるはずなんですが…
そして杉林が途絶えて野原に出る際に差しかかった14時44分…ついに見つけました!!

Bp5020117

ついに!ついにです!!
キーワードに符合した場所です。
大部分が落ち葉に隠れ、露出していたのは根元の一部のみ。この状態をよくぞ見抜いたと自分を褒めてやりたいです!


Bp5020121_2

そりゃもう全力でアヘ顔ですからwwww
前回は偶然。たまたま。山の神様がくれたんです。でも今回は違いますよ!
「探して見つけた」んです!能動的な成果なんです!
こんなに嬉しいことはありません!ありませんよ!


ああ俺のGW、早くも完全燃焼・・・


Bp5020125

Bp5020128

しかもデカイですwww重いですwww
当然「もう片方」も執拗に、しつよ~~~~に探しましたが、残念ながら発見に至らず。まぁそう甘かーねーわな。

Bp5020129

全長(弧の長さ)65cm 実長69cm 大満足

右は前回神様からもらったヤツ。神様にゃ失礼ですが、私はこんな小さな角で(;´Д`)ハァハァしてたのかwwww
まぁ私にとってお宝なのは間違いありませんけど。

Bp5020130
こうすると落とした奴の差がよくわかります。デカイ!

今、本当に余韻がヤバイです。帰宅してからもデレッデレ。
二日間の山歩きが報われて本当によかった。

しかしこれほど難易度の高いガサってあるんでしょうか。
ポイントもパターンも無限。近隣で鹿出没の話もあまり聞かないので、生息数も決して多くはないと思います。
でも・・・どこかにある。毎年落とす。これが真理。
それが人知れず風化埋没しているんです。これも山のロマンの一つでしょうかね。
欲張ってこれ以上の深追いというのもアレですが、暇な日は再び林床を歩いてみたいと思います。でもこれから下草が成長する場所は捜索対象から外れるんですよね。
角の汚れ具合からして、まだ寒い頃に落ちたものと推測できます。
来年はきっちり早春から始めないと。

しかし…まさかここが動物の角拾って(;´Д`)ハァハァするブログになるとはねぇ…(笑)

| | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »