« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月28日 (日)

地元にヤマドリタケモドキはあるのか

土日は夏キノコ求めてさまよってきました。主に里山レベルのクヌギ・コナラ林です。
…とまぁ何となくさり気なさを気取っていますが、しっかり的は絞ってたりします(笑)

P6270297_2
P6270299_2

ニセアシベニイグチ?
イグチ類はこれが一番多く、若干ウンザリ(笑)

P6270308
P6270311

次いで多数派だったのがベニタケ類。
可食菌もありますが中空軸で脆いものが多く、ドクベニタケなどのリスクもあるので完全スルーしてます。
個人的には本当につまんないキノコである(軸がスカスカだけにね)

P6270303
P6270304

キタマゴタケ。初めてお目にかかりましたが、こいつぁー美しいキノコでした。
猛毒のタマゴタケモドキと誤認しないかヒヤヒヤしましたが、傘の条線が決め手となりました。
この死線をかいくぐるスリル…これもキノコガサの醍醐味であります(ちょっと大袈裟)

P6280321

いかにも立派で美味そうなキノコですが、まぁテングタケの類でしょうな。
なんとなくもったいないです(笑)

P6280339

あまりに可愛いのでついカメラに収めたテングタケの幼菌。
テングタケもたくさん見ましたが、雨が降ったせいか総じてイボの残留率が低かったです。
ひょっとしたら前のキノコもイボが流失したテングタケだったかもしれませんな。

P6280337
P6280338

非常にガッシリとしたタマゴタケ。
タマゴタケは晩夏のキノコと思ってましたが、もう発生するんですね。しかも大型が多かったです。
中空軸で壊れやすくスカスカな印象のタマゴタケですが、ここまで重量感があると嬉しいもんです。

P6280325

…で、今回の大本命がコレ。ヤマドリタケモドキ。
キノコの面白さに気付くのが遅れ、去年バッチリ収穫期を逃したキノコです。つまり未経験。
そもそも地元にこれが発生するのかもわからず探しに来たんですが、とりあえず確認できてホッとしました。
しかしやっと見つけたものの、あまりに老菌すぎて泣けますww
え~いもっと新しいものはないのか!

P6280329

ま、まぁさっきより新しいけど…やっぱ老菌wwwしかもデカイ!

P6280332

こっこれはどうよ!?これキープでいいんじゃね?(一般的には手遅れです)
よし貧すれば鈍するだ。ええいキープキープ!こうなりゃ傘だけでも食ってやる。

P6280335
P6280336

やった!
ようやく合格ラインとも言える若い菌を発見して大喜びwww
とにかく虫の侵食が早いキノコらしい(完全聞きかじり)
しかしこれなら大丈夫でしょ!

P6280340

帰宅して割ってみれば愕然…

もう虫に侵食されとるではないかーい!

ちなみに強引にキープした成菌は、軸はもちろん傘まで虫が入っていて廃棄ww
今日は散々歩いて、ヤマドリタケモドキは実質この一本だけでした。薄い!薄いです!
ヤマドリタケモドキはヨーロッパでは高級食材なんです!(聞きかじり)
あわよくばイタリアンを中心に、様々な料理で美味しくいただこうと皮算用してたのが虚しいです!

…で、半ばヤケになってこの一本のセーフゾーンを必殺マヨ焼きにしてみたんですが、これが何とも深い味わい。これは美味いキノコです!
それに同時上映のタマゴタケも美味いじゃないか。
てゆーかね、これハルシメジの味のなさからのギャップがかなりありますねwwwアレは感激したわりに今思えばザコだったなwww

兎にも角にも、この味は次へのやる気を十分に奮い立たせてくれます。
探索はさらに続く…(予定)

| | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

家に入るまでがキャンプです

セロ子と行くキャンツー。

定期的に発症する地球とくっつきたい病を治癒するため、本栖湖でのんびりしてきました。

Ap6130195
三国峠の絶景(正面は山中湖)

Ap6130208

本栖湖と~ちゃ~く!
もちろん実際は食料調達やら何やらの紆余曲折ありますが。

Ap6130209

去年通りかかった時に気になったこの観光協会直営のキャンプ場。
静かな林間のフリーサイトで車両乗入れ可。そして何故か直火OKというフリーダムっぷり。
でも直火は手垢つきまくり感が増大するから禁止したほうがいいんでない?
林間サイトなので富士山の眺望は諦めます。どうせこの時期は雲がかかって期待できませんし。ちなみに料金は一泊1500円です。

Ap6130201

Ap6130203

マナー知らずのDQNが来そうもない森の脇の奥地に設営完了。今日は土曜日なのでその点も十分に警戒してます。
今回は家族用に買ったアメニティドームSの試し張り(練習)も兼ねてるので、つい二泊にしちゃったwwだって一度設営したら撤収面倒臭そうなんだもん。

Ap6130214

気合入れて臨んだのに設営は意外と簡単。林間サイトなので風の心配もなく、余分な引き綱は張りませんでした。
さすがに2+1名のテントとなればソロで超~快適。
嫁ちゃんと次男坊の三人で寝るつもりで買ったテントですが、ん~三人はちょい狭いかな?嫁の苦情来るかこりゃwww

Ap6130213

バンガローの棟数も充実してました。なお内部のクオリティは知らん。
てか今時バンガローってほとんど需要ない気が…
もちろん人それぞれの楽しみ方があるので否定する気はないですが、どうも林間学校とか昭和のイメージなんですよね。
この日は1棟だけ利用客が確認出来ました。

Ap6130206

Ap6130204

そそくさと設営地に隣接する森へ突入。まぁ位置的に青木ヶ原樹海の末端みたいなもんです。
ひょっとしたら夏キノコでも…と期待しましたが何もなし。
アカマツ主体の混生林ですが、この辺りは総じてこんな植生ばかりで、この時期期待できるキノコはなさそう。ただひたすらハルゼミがギャーギャー鳴いてます。
やっぱキノコは秋なのかね…キノコで暇をつぶそうという野望が早くも潰えたww

Ap6130210

Ap6130211

キャンプ場脇の道路沿いにタラノキ多数ありました。
新芽を摘んで天ぷらにしたろかと考えましたが、粉と油を買いに戻るには遠すぎるので断念。いやマジで結構走るんですよ(笑)
周辺の散策はこれくらいにして、そろそろ夕飯の準備しなきゃ。

Ap6130215

あろうことか肝心の米を忘れてしまい、往路のコンビニで無駄に豪華な米を買う羽目に…
調理器具も食材も最小限を強いられるキャンツーにおいて、炊飯は調理のクライマックスなのである!(笑)
まぁ大型バイクでたくさん積める人はいろいろ楽んで下さい。
大型も憧れるには憧れるけど、使い道ないんですよね私の場合…

Ap6130218

よし!米は上手く炊けた!しかもまったくの目分量。てゆーかおかずはまたコレかいwww
だってコレ美味いんですもんwww
米は若干多めに炊いて残し、翌朝焼き鮭ぶち込んで鮭雑炊にしたる。

Ap6130222

夜が更けてゆく・・・・
一人離れて奥に陣取ったはいいが、夜になると雰囲気は一変し、周囲が真っ暗闇になってもーたwww
背後に迫る森からの圧迫感でイマイチ落ち着かない。
昼間、アル●ァードとトライクで乗り付けて大音量でクラブ系ミュージックを流していたステレオタイプなDQN一行の、奇声とも怒号ともとれぬ騒ぎ声が遠くから聞こえてくる。
皮肉なことにそれが唯一の人の気配となり、不思議な安堵感をもたらす。
小さなラジオだけが相棒の夜。
DQN達の大声は22時を過ぎても止むことはなかった。なおその後は寝ちゃったから知らん。

Ap6140225

翌日は周囲の探検と温泉で終始。
牧歌的な風景の朝霧高原からぐるっと回り込み、樹海の中を走り抜けるコースはなかなか良かったです。

Ap6140232
途中、大室山の展望スポットにて。

Ap6140229

Ap6140235

樹海は文字通り樹の海。どこまで突入するかによるけど、これじゃ死体もなかなか見つからんわけだ。
たまに考えるけど、もし山の中で死体見つけたらどうなるだろう。これはトラウマ必至だろうなと。
確認した時点で即座に通報し、遠巻きに待機するのか(発見者として立ち会わないといけませんからね)
あるいは千載一遇の体験とばかりにじっくり観察するのか…どっちもイヤだなぁww
少なくとも地元の山で遭遇するのは勘弁かなww
上の写真、左奥に見えるのが本栖湖です。

Ap6140243

Ap6140244

ひやかしで樹海に突入してみました。キノコがないのがわかっているからひやかしです。
溶岩むき出しの大地に絡みつくような木々の根。針葉樹主体だし、これはシーズンになっても出るキノコも限られそうな印象です。

Ap6140247

温泉で垢を落としたあと、今度はもう一段上の鳴沢林道を探検してみました。

Ap6140248

アカマツの切り株にあった老菌。マツオウジかな?
マツオウジしにては傘の反りが足らないか・・・とにかく初めてキノコらしいキノコを見た。

Ap6140249

その反対側に何やら石碑がある。
欠損や風化で私には解読しきれませんでしたが、どうも登山道開通に関する碑らしい。かなり古いもの。
さらに奥へ行くと…

Ap6140253

Ap6140250

開けた土地、そしておびただしい鹿のウ●コ…

臭い!臭いぞ!

いやウ●コが臭いのではなく鹿の気配が濃いという意味。
しばし鹿角探しモードへ突入!

Ap6140255

ほらほら鹿道もバッチリある。わかります?でも角は見つからないんだなコレが(笑)

Ap6140256

鹿の骨もあった。やっぱここは奴らの溜まり場なんですよ!
まぁ去年のキノコガサでも同様でしたが、全身の遺骸を見つけても何故か角だけはないという不思議法則。
骨とは異質だから風化してしまうのだろうか。それとも他の野獣がガジガジしちゃうのだろうか。

Ap6140254

結局見つからなかったわけですが、いやいやキノコがスカだったもんで結構時間費やして熱中しちゃったwww先へ進まなきゃ。

Ap6140261

気がつけば標高1600mぐらい。しかも本栖湖方面に降りる道はすべて閉鎖されており、やむなく来た道を引き返すことに。
この道は不思議とワクワクする。盛夏になったら鑑札買ってガサりたくなった。

Ap6140262

なんとか戻ってきた。さて今晩寝たらもう帰っちゃうからね!
最初の写真と風景が違う?いい質問ですね。実は引っ越ししたんですwww
フライとインナーまとめて掴みーので移動しーの楽勝ですよ。さすがは小型テント。
いやいや森の近くは虫が多くてね、クモやらアリやらやたら入ってくるんですよ。ホントですよ?
けっ、決して暗くて怖いからじゃないんだからねっ!勘違いしないでねっ!

Ap6140265

とにかく昨日から肉が食いたくて食いたくて…焼き肉(゚д゚)ウマー!
今回はろくに山歩きもしてないし絶対太るねwww

Ap6140269

Ap6140270

アレ?ww昨日と違ってなんか落ち着くwww
ちなみに今日の利用者は、日曜の夜につきこのクソ広い場内でたったの4人。
それでも不思議に落ち着く。あの妙な圧迫感は何だったのか。とりあえず引っ越してよかったwww

Ap6150274

さぁ~て爽やかな朝が来たんで帰ります。

普段宵っぱりな私でも、キャンプでは早寝早起き。昨日も今日も5時起床です。
今回テストとはいえ、このテントは大きく重く、か弱い250ccのセロ子に背負わすにはちとキツイという結論。まぁそれでも我慢して背負ってくれば贅沢な時間が過ごせるのは間違いないんですが、嵩張る分積載の制約が増加して、目指すところのコンパクトキャンプからどんどんかけ離れてしまいますね。車を使いましょう車を。
また食材はスーパーよりコンビニのほうがパッケージングに優れていると実感。要は小分け包装やレトルトの充実で、ソロのキャンツーには使い勝手がすこぶるいいのです。
最後にもう一つ。よほど大きな目的がない限り、ソロキャンで二泊はお腹いっぱいwwww

まぁ今回もいろいろと勉強になりましたわ(^^)






「カーチャンただいま~!」
「・・・・・・・・・」
「ただいま~!」
「・・・・・・・・・」
・・・・・アレ?


Ap6150286

家の鍵持って出るの忘れたから家に入れないwwww
平日なので誰も家にいましぇん。家族の誰かが帰るまで庭で昼飯。
皮肉にも残り物のカップ麺や惣菜、お茶まであるしお湯も沸かせると来たもんだwww


キャンプは家に入るまでがキャンプです。

| | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »