« 家に入るまでがキャンプです | トップページ | 続・地元にヤマドリタケモドキはあるのか »

2015年6月28日 (日)

地元にヤマドリタケモドキはあるのか

土日は夏キノコ求めてさまよってきました。主に里山レベルのクヌギ・コナラ林です。
…とまぁ何となくさり気なさを気取っていますが、しっかり的は絞ってたりします(笑)

P6270297_2
P6270299_2

ニセアシベニイグチ?
イグチ類はこれが一番多く、若干ウンザリ(笑)

P6270308
P6270311

次いで多数派だったのがベニタケ類。
可食菌もありますが中空軸で脆いものが多く、ドクベニタケなどのリスクもあるので完全スルーしてます。
個人的には本当につまんないキノコである(軸がスカスカだけにね)

P6270303
P6270304

キタマゴタケ。初めてお目にかかりましたが、こいつぁー美しいキノコでした。
猛毒のタマゴタケモドキと誤認しないかヒヤヒヤしましたが、傘の条線が決め手となりました。
この死線をかいくぐるスリル…これもキノコガサの醍醐味であります(ちょっと大袈裟)

P6280321

いかにも立派で美味そうなキノコですが、まぁテングタケの類でしょうな。
なんとなくもったいないです(笑)

P6280339

あまりに可愛いのでついカメラに収めたテングタケの幼菌。
テングタケもたくさん見ましたが、雨が降ったせいか総じてイボの残留率が低かったです。
ひょっとしたら前のキノコもイボが流失したテングタケだったかもしれませんな。

P6280337
P6280338

非常にガッシリとしたタマゴタケ。
タマゴタケは晩夏のキノコと思ってましたが、もう発生するんですね。しかも大型が多かったです。
中空軸で壊れやすくスカスカな印象のタマゴタケですが、ここまで重量感があると嬉しいもんです。

P6280325

…で、今回の大本命がコレ。ヤマドリタケモドキ。
キノコの面白さに気付くのが遅れ、去年バッチリ収穫期を逃したキノコです。つまり未経験。
そもそも地元にこれが発生するのかもわからず探しに来たんですが、とりあえず確認できてホッとしました。
しかしやっと見つけたものの、あまりに老菌すぎて泣けますww
え~いもっと新しいものはないのか!

P6280329

ま、まぁさっきより新しいけど…やっぱ老菌wwwしかもデカイ!

P6280332

こっこれはどうよ!?これキープでいいんじゃね?(一般的には手遅れです)
よし貧すれば鈍するだ。ええいキープキープ!こうなりゃ傘だけでも食ってやる。

P6280335
P6280336

やった!
ようやく合格ラインとも言える若い菌を発見して大喜びwww
とにかく虫の侵食が早いキノコらしい(完全聞きかじり)
しかしこれなら大丈夫でしょ!

P6280340

帰宅して割ってみれば愕然…

もう虫に侵食されとるではないかーい!

ちなみに強引にキープした成菌は、軸はもちろん傘まで虫が入っていて廃棄ww
今日は散々歩いて、ヤマドリタケモドキは実質この一本だけでした。薄い!薄いです!
ヤマドリタケモドキはヨーロッパでは高級食材なんです!(聞きかじり)
あわよくばイタリアンを中心に、様々な料理で美味しくいただこうと皮算用してたのが虚しいです!

…で、半ばヤケになってこの一本のセーフゾーンを必殺マヨ焼きにしてみたんですが、これが何とも深い味わい。これは美味いキノコです!
それに同時上映のタマゴタケも美味いじゃないか。
てゆーかね、これハルシメジの味のなさからのギャップがかなりありますねwwwアレは感激したわりに今思えばザコだったなwww

兎にも角にも、この味は次へのやる気を十分に奮い立たせてくれます。
探索はさらに続く…(予定)

|

« 家に入るまでがキャンプです | トップページ | 続・地元にヤマドリタケモドキはあるのか »

キノコ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522256/61809716

この記事へのトラックバック一覧です: 地元にヤマドリタケモドキはあるのか:

« 家に入るまでがキャンプです | トップページ | 続・地元にヤマドリタケモドキはあるのか »