« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

山がダメなら海のおかず

キノコが穫れない…

実は晩秋のキノコ「ムキタケ」を求めて2回ほど富士たんアタックしたんですが、雨不足のカラッカラなせいかスカ食らってます。
ムキタケは肉厚で鍋物にすると美味しいキノコ。今年も食いたかったんですが、もう悪あがきはやめたほうがいいかもしれんね。
てなわけで今回はタロさん号に乗ります。

Pa280969

Pb010997

ターゲットはアジ・サバということで、言われるままに人生初のタックルを用意しました。

コレまったく勝手がわからん。

店員イチオシのアヤシゲな企画モノっぽい船竿(1,980円ww)と、おそらく適切と思われるテンビン、ビシ、オモリ、クッションゴム、ウィリー仕掛けを購入。
約4,600円という近年稀に見る散財っぷりで(どんだけ貧しいねん)給料日まで緊縮財政を強いられることになってしまった。

Pa310971

Pa310974

朝イチは復調しつつあるカサゴ。タロさん号初搭乗のあんず坊さんもご満悦です。
彼は初めてのオフショアということで船酔いが懸念されましたが、蓋を開けてみりゃNO REVERSEで元気いっぱい。チッ… (コラwww)
盛大な口花火の撒き餌を期待してたんですが、短時間で見事2尾上げてました。

Pa310976
亀将軍も1尾

Pa310977
私は2尾。その他ヘタクソな方々は釣れませんでした…釣れませんでした…釣れませんでした…(イエモン風に)

Pa310994

そして何故か今回女っ気あり(笑)
妙に人懐っこくて陽気なナベちゃんどぇーーすヨロピコ。あんたトイレ大丈夫なのかww
どうでもいいがゴム手袋で釣りする奴初めて見たわ。

Pa310979

カサゴのアタリが遠のいたところで、さっさと本命のアジ・サバへシフト。
さっそくナベちゃんの竿に来てます。やるじゃないナベちゃん!いやたくさんいるだけです。

Pa310982_2

出だしはアジばかり。20cmぐらいですが場所によっては40cmの巨アジが出るそうです。
しかし今日は風が強く、残念ながら巨アジポイントには入れないのです。

Pa310983
ミヨシで食材確保に勤しむちよぽん。この人は獲物の美味い食い方をよく知ってます。

しかしビシタックルのなんと重いことよwww
タロさん指定オモリは30号で、釣具屋店員は50号でもいいと言う。
間を取って40号にしたけど巻き上げ重いわ重いわwwwリールがDC7じゃ無理もないか。
電動リールの意義を身をもって知りました。ナベちゃん電動で本当によかったねウン(^^;)
だからと言って電動なんて買わんからな。買わんぞ。

Pa310987
亀将軍に合格サバが来ます。しかしこのあとは誰もこのサイズ釣れません。

Pa310984
気が付けば周囲は風裏目当ての船団となってました。

Pa310988

トリプルで掛けてます。サバはもうずっとこのサイズ。
マサバですが脂が乗ってない大きさで、釣れるのはいいけど処理に困るなぁ。
…な~んてこの時は思ってました。ところが帰宅して捌いてみると小サバのくせに脂乗ってるじゃありませんの!

Pa310996

言うなれば中トロです。久しぶりのサバ刺し身は最高でした。
これまた処理に困りそうだったアジも、唐揚げにすることで楽々。バッチリおかずです。もちろんカサゴの煮付けは言わずもがな。

終始曇天だし風は強めだし雰囲気はイマイチの一日でしたが、やはりアジ・サバはなんだかんだ言っても優秀ですな。
サバで誰か当たれば盛り上がったのに全員無事。兄貴サス(アニサキス)も無事。ああ面白くない(コラコラ)
(一方ベニテン食った私に怖いものはなかった…)

美味いからまた来週補給に行きます!

| | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

カニオフ

去年に続きカニオフやってきましたので、備忘録的にサラッと記しておきます。
参加者はタロさん、ちよさん、亀将軍、そして次男坊カニ男と私。
その他心当たりある方にも声掛けしましたが、みなさん結構忙しいようで…
まぁ気軽に来られるロケーションでもなし、来ても特別なイベントがあるわけでもなし、来たら逆に「よく来たなこの変態め」と褒めてあげたいような場所ですしお寿司。
各々本命ノコガザ副産物ズガニの期待で、カゴプレイと夜の河原歩きに興じてました。

Pa170964_2

仕掛けてしまえば待つだけの簡単なお仕事ですから、タロさんが無償提供してくれた肉など焼いてダベります。
もちろん話題はガサ関連。そしてここに書けないような裏話や個人的秘話も多数。
いやそんなことより肉マジで(゚д゚)ウマーですwww
(酒飲まないから)ご飯が進む進む!本当にごちそうさまでしたm(_ _)m

Adsc_1574_2

残念ながらノコガザは一切掛からず、副産物のズガニもそれほど多くは掛かりませんでした。
まぁ私の経験則に過ぎませんが、ノコガザは時期が少し早いかもしれません。そしてズガニは少し遅いかも。

Adsc_1579

Adsc_1581_1

二日間泥抜きを済ませてから食いましたが、本当に美味いカニであると改めて思い知らされます。
ノコガザの3倍、イシガニの10倍は美味いと思いますよ。

まぁざっとこんな感じの二日間。また来年もやりたいですね(^^)
実際は金曜の夜から現地入りしてますので、この他にもいろいろな出来事がありましたがポイント保護のため明記は控えます。
今後の予定としてはもう1~2回だけキノコ探して、あとは釣りにシフトしようかと考えております。

| | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

逃してはならぬキノコ

もうずっと針葉樹林だったのを、ここらで広葉樹林へシフトしようと思わせてくれたのが昨日のヌメリスギタケモドキ。
このキノコは絶対に機を逸するわけにはいかない。理由はつるんつるんのぷるんぷるんで本当に美味しいから。
というわけで今回はヌメリスギタケモドキにロックオーーン!のんびり出勤の10時スタート。

Pa040935_r

ウラジロモミ混合林では懐かしのアカモミタケ。
食欲をそそるオレンジ色だがシカト。だってコイツ食感悪いんだもん。
いろいろな木を見てきたつもりですが、他の木に出てるのを一切見ません。
どうやらウラジロモミにしか出ない一途な奴のようです。
去年わりと夢中になって採ってたのは内緒ww

Pa040927_r

判別出来るようになったのが地味に嬉しいクリタケ再び。
味は本当にたいしたことないですww
まぁ全体的にキノコ少ないです。林床にはほとんどなく、枯れ木に出る腐生菌も途中まではクリタケぐらい。
ヌメリスギタケモドキあるんかいなと不安になりました。

Pa040928_rPa040930_r

…と思ってたら第一ヌメリスギタケモドキ発見でホッとしました。この木一本だけで十分な収穫だ!
ところがどっこい虫食いが多くて…例のハサミムシに半分近くやられてました。

Pa040931_rPa040932_r

第二ヌメリスギタケモドキ発見。
虫食い率は同様。なんか今年のヌメリスギタケモドキは小ぶりです。
まぁ食べやすいかもしれませんけど。

Pa040936_r
Pa040939_r

Pa040937_r

第三、第四とシロを見つけては採取。
あまり連続して出会うことはないので、それなりに歩きまわる必要がありますが、遠くにオレンジ色が見えるたび心が躍ります。
ハサミを使って採取するので、帰宅後の処理は格段に楽なはずです。

Pa040941_rPa040946_r

このキノコが美しく見えるのは、価値を理解しているからこそです。
去年のガサでは毒キノコと誤認されて打ち捨てられているのを見ました。
怪しげな色も鱗片も、知らない人には確かに毒々しく見えるでしょうね。

Pa040944_r

ノーマルナラタケの美しい群生もありました。もちろんこれはキープ。
14時の時点でほぼ満足。キノコに費やした時間はたったの4時間ほどですが、昨日の疲れが抜けずスタミナ切れ寸前という情けなさww
とにかく目的が達成できてよかった…

Pa040934_r

途中タヌキと遭遇したらこの巣穴へ逃げ込みました。
私Sなので煙玉花火でもあれば投げ込んでみたかったwww
いや冗談です。それにしても住み心地のよさそうな巣穴だこと。

Pa040950_r

「鹿道」がついているのがおわかりいただけるだろうか?
ここはかなり鹿が多いようです。

Pa040949_r

…と思ったら角つきの頭骨を発見!

鹿の骨は随所で見ますが、角つきは本当に珍しいんじゃないでしょうか。私も初めてです。
これ、持って帰ったら間違いなくカーチャンにも角生えるなwwww

Dsc_1564
結局持ち帰ったわけだが…



怒られましたwwww


まぁ…迷いはないです。鹿角に魅了された者として至極正しい行動をとったまでです。
そんなことより見て下さいよこの男のロマン。洗浄してみりゃ結構カッコイイじゃないの!
ギャートルズの死神がこんなのに乗ってましたよね?何となく魔除けとして機能しそうな気がします。

でもね、これ妙に小さいの。
角からして満4歳の雄鹿のはずなんですが、もしかして富士山の鹿は小型なんでしょうかね?
晩秋になるとあちこちの樹皮が食われてるので、それほどまでに餌が乏しいのかもしれませんね。

Adsc_1565

いやいや動物の話に逸れて失礼。キープしたヌメリスギタケモドキは1.7kgにもなりました。
差し当たって使わない分は、さっと茹でて冷凍保存します。
ちなみに左のナラタケは炊き込み用に加熱処理したあと冷凍保存。

Adsc_1566_3

当日はキノコおろしうどんで頂きましたが、やはりこのキノコは美味です。
おそらく冷凍保存した分も、あっという間に消費しちゃうと思います。

| | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

たけ子の夢も終焉か

松たけ子さぁーーん!!まだ居ますかぁーー!?


先週ポイントを変えて開拓したら、別動隊はたけ子ゲットで私は花形キノコなしwww
「もう上は時期遅いのにアホやのうm9(^Д^)プギャー」と高をくくっていたのにクッソなんじゃそりゃ!まだおったんかい!
さすがに今週は遅いだろう。しかしダメ元で探したら居ましたよたけ子さん。

Pa030907_r
ただしこんなおばあちゃんだったのさ。

Pa030908_r
デカッwwww

Pa030910_r
あっ!こんなところに隠れてる!

Pa030911_r
おばあちゃん・・・( ノД`)

こんな感じで老菌が3本ほど。しかもぐる~~っと探し回った挙句、もうダメだと諦めて車に戻るほんの手前で立て続けに発見とかねwww
しかしこのおばあちゃんたちいい匂いするんだなこれが(当たり前)
例によって貧すれば鈍する。なんとか利用できないかとキープしてしまいました。これぞ2年目の青臭さか。
兎にも角にもこの標高は打ち止めだ~ね。
おそらく今年は豊作。来年はこうはいかんと覚悟しなきゃ。

Pa030913_r

さて定位置でのたけ子探しは11時に切り上げてしまったので、標高を下げたアカマツ林で年頃のたけ子ちゃんを探してみました。が、ここにも居ません。
まぁそんな簡単に見つかるなら世話ないです。以下雑キノコの紹介で今回は終わろう。

Pa030912_r
どこにでも現れるストーカーキノコ、タマゴタケ。スルー。

Pa030914_r
上では見かけなかったニシキタケ。ベニタケ系のキノコは食感が悪そう(いや実際悪い)なのでスルー。

Pa030915_r
ここまでずっと無視どころか写真も撮らなかったチャナメツムタケ。あまりの貧果にようやく手を出す。

Pa030920_r
ここにも生えてたオニナラタケ。広葉樹よりも針葉樹を好むのは本当ですね。

Pa030919_r

Pa030917_r

そしてようやく見破ることが出来たクリタケさほど美味くないそうですが私的にかなり嬉しいww
キノコは時期や環境によって表情を変えるので、いくら図鑑とにらめっこしてもダメ。
ましてやクリタケは猛毒ニガクリタケその他不食菌と似ているため、今まで採取に自信がなかったのです。
この幼菌にしても最初はシロナメツムタケか何かと勘違いするところでした。
百聞は一見にしかず。シーイングイズビリービング。これだからキノコはやめられない。

Pa030921_r_2

その他、林道を挟んで反対側のミズナラに出ていたスギタケ。人によっては毒らしいけど初物なんで食いますよ。
なぁにベニテング食った私にしてみりゃチョロイもんです。

Pa030922_r

その木の反対側にヌメリスギタケモドキがチョロチョロ。
これは雑キノコとは呼びたくない優良食菌。

Pa030923_r

これらを一緒くたにキノコ汁で食いました。たまにはこういう野趣あふれるやり方もいいやね。
際立って美味いのは、やはりヌメリスギタケモドキ。
さほど出汁は出ませんが、ゼラチン質の傘の食感が大変評価に値します。

Pa030924_r
たけ子さんは傘の部分だけ利用しましたが、思いの外水気が出て失敗の炊き上がりww

| | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »